掛川城 三日月堀 本丸  天守閣 天守 腰曲輪  腰曲輪 茶室  御殿 美術館  大手門 
掛川城 2003/09  別名 雲霧城  静岡県掛川市  平山城 築城主 朝比奈泰熈  
主な城主 朝比奈、山内、松平、青山、北条、井伊、小笠原、太田氏など11家26代の譜代大名
1993年に日本初の本格木造天守閣として復元。
掛川駅

掛川城はJR掛川駅から 約400mまっすぐ進むと掛川城となる。通りのショーウィンドウにあった城の焼き物

逆川にかかる橋

逆川

城の縄張り

掛川城公園の石碑

城の外観イメージ。手前左 二の丸。 右 三の丸、 御殿がある  奥左 本丸  右 天守台
左の水は現在の逆川

歴史
1505年
朝比奈泰煕が今川義忠の命により天王山に掛川古城を築く。
1513年
朝比奈泰煕 泰能2代により現在の地に掛川城が建築される。
1522年
城中天守丸に霧吹井戸を掘る。
1568年
今川氏真は武田氏に駿河を追われ掛川城に立て籠もる。徳川家康掛川城を包囲。
1569年
徳川家康により開城。家康は重臣石川家成を城代とする。武田防御の拠点とする。
1590年
近江長浜から山内一豊が入城。掛川城を近世城郭として整備するため大規模な修築。
1596年
天守閣完成。大規模な城郭修築 城下町の整備をすすめる。
1600年
関が原の戦いに 城主山内一豊は西上する徳川軍に城を開放
1601年
関が原の戦いの功により山内一豊 土佐高知に移る。松平定勝 掛川城に移る。
1617年
安藤直次 掛川城に移る
1619年
松平定綱 掛川城に移る
1623年
中野重吉 掛川城を預かる
1625年
朝倉宣正 掛川城を預かる
1633年
青山幸成 掛川城に入る
1635年
松平忠重 掛川城主となる
1639年
本多忠義 掛川城主となる
1644年
松平忠春 掛川城に移る
1648年
北条氏重 掛川城主となる
1659年
井伊直好 掛川城主となる
1706年
松平忠喬 掛川城に移る
1711年
小笠原長煕 掛川城主となる
1746年
太田資俊 掛川城主となる
1854年
大地震により天守閣など大半が損壊
1861年
御殿再建
1869年
廃城となる
1980年
御殿 国の重要文化財に指定される
1990年から1993年
当時の様子そのままに日本初の本格木造により天守閣が市民寄付により復元され、
1993年
天守閣は、木造により再建。
1995年
大手門復元。
平成に入ってからひとりの婦人が「お城の復元に」と大金を寄付。掛川城天守閣を木造で再現することになる。
市民からの寄付など、市民の力で天守閣を復元した。日本で初めて木造で天守閣を再建。


   掛川城  三日月堀 本丸  天守閣 天守 腰曲輪  腰曲輪 茶室   御殿 美術館  大手門