彦根城  埋木舎  天秤櫓 太鼓門櫓  天守閣 楽々園  大手門  マップ
彦根城  2003/10 滋賀県彦根市 別名 金亀城  築城1603年  初城主 井伊直勝  平山城 
面積 約1000m×約700m 彦根山標高163m 天守閣は国宝 主な曲輪を山の尾根に沿って直線上に配置する連郭式  
内濠から中濠までほぼ完全な形で残っている  内濠は石垣と土塁 中濠は石垣 外濠は土塁
城と街並みのバランスが良くなされている  保存が大切に成されている印象が強い
JR彦根駅前の井伊直政像

井伊直政は徳川3将の筆頭である。  他の2人(本多忠勝 榊原康政)が三河譜代なのに対し、井伊家はもと今川家の家臣
直政の代に初めて徳川家に仕えた、新参譜代  甲州計略に功をたて、武田氏の旧家臣の多くを寄子とした。
武田の赤備で知られた山県昌景の配下を吸収し、そのまま「井伊の赤備」と称した。
赤備とは鎧から兜まで赤一色を使ったまことに派手やかな戦闘集団のことをいう。(隆慶一郎 影武者徳川家康より抜粋)
仏胴具足 井伊直政所用

「駅前お城通り」を少し歩くと城が見えてくる

いろは松
初め47株あったので「いろは松」といわれた  土佐松は根が地上に出ないため土佐より移し植えた松

中濠

護国神社

護国神社をみてお城に向かうと佐和口多聞櫓と中濠があらわれる  白い塀に圧倒される


   彦根城  埋木舎  天秤櫓 太鼓門櫓  天守閣 楽々園  大手門  マップ