助川海防城
水戸藩主徳川斉昭は、海防の重要性を強調。 異国船の無断侵入に備えた。
1836年 家老山野辺義観を海防総司に任命。 太平洋を一望できる高台に城を築き居住させた。
一大名の城と異なり、海防を目的とする城だった。 表門 三の丸 二の丸 本丸があった。 本丸には櫓があった。
1864年 水戸藩内乱の時に焼失 (説明看板より)
余湖くんのホームページ  助川海防城跡保全会ホームページ