東海テラパーク  日本原子力発電株式会社の展示館
テラパーク入り口

原子力シアター  原子炉建屋模型に映像が合体した大型マジックビジョンシアター。コミュニケーションホール  3面マルチの大画面シアター。アトムガーデン  子供が遊べる池、滝迷路ジャングルなど。サイエンスプレイランド  地球の自転を確認できるフーコーの振り子、
地球誕生からの46億年が一望できるパノラマ地球カレンダーなど。原子力展示ホール 原子力発電の歴史、最新の安全管理、未来の原子炉などの紹介。
原子力発電所   手前が日本最初、1978年運転開始の東海第二発電所。沸騰水型・出力110万キロワット。奥側が日本最初 1966年運転開始の商業用原子力発電所である東海発電所。炭酸ガス冷却型・出力16万6千キロワット。

送電線と屋内開閉所 発
電された電気は、27万5千ボルトの電圧で、1本の太さ81センチメートルの送電線。東京方面の消費地に送電されます。 鉄塔下の建物は、送電線で送る電気の「入り切」をおこなう屋内開閉所。
 
低圧タービンローター 東海発電所で、1966年7月から1993年2月までの約27年間使用されたもの。累積運転時間は183,230時間

サッチャー首相ご視察記念樹 東海発電所は、わが国初、昭和41年運転開始の商業用原子力発電所。イギリスから導入したもの。1982年、イギリスのサッチャー首相がご来日の折、この東海発電所を視察された。