街角彫刻めぐり 2000/08/09  東海村公民館   茨城県那珂郡東海村船場768   
さわやかな風に誘われて散策する街角に、くつろぐ時を過ごす公園に、楽しさがはずむコミュニティセンターに、東海村のそこここには、心なごませるアート作品が、数多く設置されています。それらの彫刻や絵画には芸術的評価の高いものも多く、心豊かな空間をつくりだしています。「この村大好き郷土再発見講座-街角彫刻めぐり」で彫刻のはなしを聞いてきましたので紹介します。
■主催者挨拶   東海村ではJCO事故で沈みがちな空気があります。公民館では、村を元気づけようと考えています。今日、公民館で村を元気づける為に「この村大好き郷土再発見講座-街角彫刻めぐり」を企画しました。このような時、村を好きになることが大事と考えています。東海村で実施している彫刻展は、茨城近代美術館館長の加藤貞雄先生に審査してもらいました。そのような縁で今日は加藤貞雄先生にお話をしていただきます。
■加藤先生のお話  東海村では、木内克(きのうち よし)大賞彫刻展を3回実施しています。わたしは、1995年に茨城近代美術館にきました。木内克大賞彫刻展では、2回審査を担当しています。彫刻のコンクールは、日本では、結構行われています。神戸市、宇部市等市、県レベルのものがあります。村で全国的なレベルのものを実施しているところは東海村以外ないと思います。これは、誇って良いことだと思います。木内克生誕100年を記念して実施されています。レベルの高いコンクールになっています。具象的作品が多いようです。人体を写実的に扱っている作品は有りません。

東海村のコンクールに対して作家も意欲的な姿勢を持っているようです。宇部市は、毎日新聞社。神戸市は、朝日新聞社。箱根彫刻の森。現代具象彫刻展。長野市などで彫刻のコンクールが実施されています。どうして彫刻コンクールがあるのか。宇部市の場合は、5回審査しました。実力のある招待10人と公募10人で行っています。宇部市では市議会の議員さんも熱心に取り組んでいます。作品は、宇部市内に多く設置されています。長くやっていると街の中が彫刻だけになってしまいます。宇部市の人口は、11万人くらいです。宇部市は、炭坑の街で、気の荒い人もおられ風紀は必ずしも良くなく荒れていました。そこで、風紀を少しでも良くしようと花壇の整理を婦人が中心となり始まりました。緑化推進委員会が彫刻を街に置くことを提案しました。炭坑の街ですからコークスを船で運んでいました。コークスを運んだ船の帰りに彫刻を積んで帰ってくるといったこともありました。精神に障害のある方に彫刻の設置を手伝いしてもらっています。宇部市コンクールは、力のある彫刻家にチャレンジする場所を与えています。街の景観に寄与しています。コンクールを始めた当時は、公立の美術館はほとんどありませんでした。公立の美術館も増えだし、コンクールの賞を与えそれを買い取るといったことをしていました。ただ、当時は大賞の金額が少なく、大賞をとっても、作家にとってはお金の持ち出しになっていました。作家の負担が大きかったわけです。現在は少し買い取ることには彫刻が大きくかさばるため設置の問題があるようです。美術館でも実物を引き取る場所が無くなってきています。作品の嫁入り先がないわけです。彫刻にとっては、不都合な時代になってきているわけです。作品が、街の景観に会わない場合もあります。延々と何十回も続けているとそのような事態になります。むかしは、井戸端会議があり、神社があり、地蔵さんがありそのような場所が話し合いの場となっていた。最近は少なくなった。そのような場所に彫刻を置いたらどうかとも考えています。東海村で行われているアートロード展は村民から「街角を飾ろう」と話が持ち上がり実施されていると聞いています。木内克大賞彫刻展も村で全国公募の大コンクールとなった理由は、ひとつには木内克という名前を使っていること。さらに、大賞金額の額が良いということだと思います。金額を弾んだことが良かった。日本の中堅以上の人が作品を出品しています。
木内克についてはなします。木内 克の経歴    木内さんは京都の教会にマリアさまとこどものキリストの母子像を作っています。わたしは、ある日、木内さんから「作品が出来たから見にきませんか」といわれ、木内さんのアトリエに見にいきました。粘土の原型が出来ていました。ブロンズは職人さんがやるから「粘土の原型が出来、私の仕事は終わりだ」といってられました。日展などでは、石膏にブロンズの色をつけているものも有ります。2メートル30センチくらいの母子像でした。
脚立を使って造られていました。当時、70才を超えられており脚立の上り下りが大変のようでした。笠松運動公園のモニュメントは、依頼主のほうで電動リフトをアトリエのほうに提供され大変喜んでおられました。木内さんは、「書にたとえれば、ロウ形の彫刻は、草書体です。テラコッタできちっとやることも大事で、テラコッタは書で言えば楷書体です。」といってられました。木内さんは、名前の割に無冠でした。国家的な賞から縁が遠かった。木内さんは賞を貰いにいかなかったからです。
賞欲しさに頭を下げることをしなかった人です。「頭を下げて芸術が良くなるのであれば頭を下げるが、頭を下げることで芸術は良くならない。」と言ってられました。
作品の多くは裸婦です。長い間モデルを務めた松平須美子さんという人がおられました。木内さんは、この人がいないと仕事になりませんでした。
制作のときモデルを見ないで造っているのですが、この人がいないと作れなかった。物を見てそれを写すのではなく安心料として必要だったのだと思います。
松平須美子さんは、プロのモデルではなく木内さんの作品に惚れてモデルを志願してきた人です。横山大観、中村彝?、木内克を茨城における三大作家だと思います。木内さんは、奥さんと一緒にフランスに渡り、テラコッタの勉強をされた。彫刻は、絵画と比べると割をだいぶ食っていると思います。彫刻だけで食べて行ける人はいない??大きな会社の社長室でも絵画は立派に飾ってありますが、彫刻は陰に隠れていることが多いようです。木内さんは「彫刻は売るための作品をやらなくて済んで立派な作品を作ることができた。」いっておられました。平櫛田中さんは、岡倉天心に指導を受けたことがあります。岡倉天心も「売れるものを作ってはいけない」と平櫛さんに教えたということです。売る、売れないにこだわらず芸術に没頭し良い作品をつくれるわけです。
■次に、東海村村内の作品について説明します。  木内克大賞彫刻展は第2回から作品を見せていただきました。一次審査は、写真で選んで○○を作ってもらいました。その後模型を作って作品を選んで作ってもらいました。石、金属、土、ポリエステル。形態も抽象、半具象といろいろです。真っ正直な写実はありません。現代美術は多様性に富んでいます。一次審査後の作品の制作期間は、第1回と第3回は5ケ月です。第2回は、11ケ月ありました。これは作家の人には大変喜ばれました。第2回のときはふたりで審査しました。ひとりで7票づつ持ちました。ふたりとも良かったというものが5点ありました。第3回は4人で審査をしました。終始一貫して4人で歩き、ある程度意見をまとめ再度みました。話し合いで意見が上手くまとまりました。審査をして印象に残った作品を紹介します。
■1「旅人(夏)」真鍮 池田宗弘(東京都) 設置場所/ふれあいの森公園  第2回木内克大賞野外彫刻展大賞 池田さんは1939年生まれ。毎回注目される作品を出品されています。宇部市でも賞を受賞されています。ドンキホーテをテーマと下作品を一貫して作られています。小さい金属片をくっつけて形づくりの手法で作られています。人物に物語を感じる作品だと思います。
  
■2「詩人-詩想の時」コールテン鋼 綿引道郎(東京都) 設置場所/ふれあいの森公園  第2回木内克大賞野外彫刻展茨城新聞社賞 コールテン鋼は鉄の板を焼いて作っていきます。綿引さんは、1942年生まれ 詩人をモチーフにしてやってきている人。ボリューム感よりはすっきりとした感じ。木が高く大きな空間を作品から感じることが出来ます。
  
■3「残像U」セラミックス 竹屋 修(福岡県) 設置場所/阿漕ケ浦公園  第2回木内克大賞野外彫刻展茨城近代美術館賞 大きなものは幾つかに分けて焼いて作り後で一緒にします。

■4「緑の風」ブロンズ 濱野邦昭(山口県) 設置場所/舟石川コミュニティセンター  第2回木内克大賞東海村芸術振興賞 茫洋とした膨らみがあります。極端にデェフォルトした人体が印象的です。
  
■5「人というもの」石 鈴木典生(茨城県) 設置場所/白方コミュニティセンター  第3回木内克大賞野外彫刻展大賞 石のボリュームと存在感 石の丸彫りで大きな石から削り取って作ったもの。

■6「雲のかかる街」ブロンズ 土井宏二(神奈川県) 設置場所/舟石川コミュニティセンター  第3回木内克大賞野外彫刻展茨城新聞社賞

■7「舟を造る人々」リバーテン鋼  青野 正(徳島県) 設置場所/阿漕ケ浦公園  第3回木内克大賞野外彫刻展茨城近代美術館賞

■8「Flower」石 高岡典男(東京都) 設置場所/舟石川コミュニティセンター  第3回木内克大賞東海村芸術振興賞

東海村の木内克大賞では、一度賞をとった作家が再度チャレンジしてきます。これは、彫刻の世界では認められているということです。JCO事故では色々イメージダウンがありましたが、東海村は日本の彫刻会にとって大きな場を提供してくれています。東海村は誇りに思って良いことです。以上で終了・・・拍手
■9「夏の夜空」ブロンズ 嶋崎達哉(岐阜県) 設置場所/新庁舎  第1回木内克大賞野外彫刻展大賞

■10 時のモニュメント  設置場所/ふれあいの森公園

■11「行列」ブロンズコールテン鋼 三木俊治(東京都) 設置場所/ふれあいの森公園  ふれあいロード彫刻展大賞

■12「トロイメライ」ブロンズ  梅原正夫(千葉県) 設置場所/ふれあいの森公園

■13「文月の女」ブロンズ 山崎 猛(茨城県) 設置場所/図書館

■14「WIND-風、方向、呼吸」ブロンズ 津野充聡(兵庫県) 設置場所/ふれあいの森公園  ふれあいロード彫刻展ふれあい彫刻賞

■15「初恋」ブロンズ 田辺宏子(茨城県) 設置場所/図書館

■16「ふれあい」ブロンズ 山崎 猛(茨城県) 設置場所/文化センター  東海村発足30周年記念

■17「エーゲ海に捧ぐ」ブロンズ 木内 克(茨城県)設置場所/東海駅  東海村発足40周年記念
  
■18「なかよし」ブロンズ 山崎 猛(茨城県) 設置場所/東海駅  東海橋上駅オープン記念

■19「鳥の城(A)」ブロンズ 山崎 猛(茨城県) 設置場所/山崎家前

■20「あけぼの」ブロンズ 山崎 猛(茨城県) 設置場所/常陽銀行二軒茶屋店出張所前

■21壁画「東海村海浜風景」 森 惣介(東京都)設置場所/東海駅

■22「きょうだい」ブロンズ 小鹿尚久(茨城県) 設置場所/河野酒店前

■23「風船と少女」石 高嶋文彦(東京都) 設置場所/河野酒店前

■24「羽化〜誕生」ブロンズ 有賀敬子(東京都)設置場所/日本原子力発電(株)

■25「楕円(とぎれた会話)」御影石 萩野弘一(新潟県) 設置場所/白方公園  第1回木内克大賞展茨城近代美術館賞

■26「火を守る女神-神戸からの祈り-」ブロンズ・石 津野充聡(兵庫県) 設置場所/須和間霊園  第1回木内克大賞展茨城近代美術館賞

■27「なかよし」ブロンズ 山崎 猛(茨城県) 設置場所/照沼小学校

■28「まどろむ」ブロンズ 山崎 岬(東京都) 設置場所/阿漕ケ浦公園

■29「天を乞う者」鉄  戸谷信也(愛知県)設置場所/阿漕ケ浦公園  第1回木内克大賞東海村芸術振興賞

■30「希望の像」ブロンズ 山崎 猛(茨城県) 設置場所/石神小学校

■31「希望」ブロンズ  設置場所/東海中学校

■32「飛翔」ブロンズ  山崎 猛(茨城県)設置場所/東海高等学校

■33「山」ブロンズ  蒲 浩明(台湾) 設置場所/中丸コミュニティセンター  第1回木内克大賞野外彫刻展入賞

■34「エネルギー・太陽からも」ソーラーモニュメント  伊藤隆道(東京都)設置場所/新庁舎

■35「空間のメヴィウス」黒御影石  牛尾啓三(兵庫県)設置場所/ふれあいの森公園  ふれあいロード彫刻展特別賞

■36「電車ごっこ」御影石 萩野弘一(新潟県)設置場所/文化センター

■37「風の家族」アルミ合金 松本光司(愛知県)設置場所/文化センター

■38「はらから」ブロンズ  山崎 猛(茨城県)設置場所/河野酒店前

■39「円盤上の人物」ブロンズ  倉澤 実(栃木県)設置場所/村松コミュニティセンター  第1回木内克大賞野外彫刻展茨城新聞社賞

■設置場所/常陽銀行二軒茶屋店出張所前