水戸八景
■東海12景
1.船場稲荷神社 老杉が社殿をつつむ 稲荷社杉風(いなりしゃさんぷう) 老杉の立木は、こんもりと社殿を囲み、梢は風を鳴らしている。深々とした静寂感があたりを包み、神の啓示を待つかのようである。
2.富士神社  静かなところ  冨士社晩霞(ふじしゃばんか)   薄紫の霞が、森巌の境内に漂い流れてくる夕べ。人声稀に、想いは悠久の神の代に遡る。
3.石神城跡  石神城春草(いしがみじょうしゅんそう) 古城、何かを語る。栄枯の夢を偲びつつ、歩を移せば、禅寺長松院と、内宿溜が静穏な気配を漂わせている。
4.願船寺  晩鐘がひびく  願船寺晩鐘(がんせんじばんしょう)  晩鐘は韻々として野面を渡り、遥か阿武隈の山波に消えて行く。ひねもす働ける者の安らぎよ、つつましき祈りよ。
5.久慈川  久慈川河口緑波(くじがわかこうりょくは) 久慈の清流は、母なる大海に抱かれ、打ち寄せる波は、豊岡の松原の緑に映える。遠く潮騒が太古の響きを伝えてくれる。

6.白方溜  蛍がよみがえりつつある  白方溜螢影(しらかたためけいえい) 植田宮の鳥居の倒影、夏の宵の蛍の明滅。たたずめば涼気が肌をうち、さざ波立って、再び水鏡の静けさを返える。
7.阿漕ケ浦 阿漕ヶ浦夜桜(あこぎがうらやおう) 闇の深さに匂いたつ、爛漫たる夜桜。万灯の輝きに、微風の花びらを水面に散らすころ、宴いよいよたけなわとなる。
8.細浦 江戸時代は満々たる水を湛えた湖だった 田んぼが広がる 細浦青畝(ほそうらせいほ) 広闊たる稲田の上を鳥影が掠める。宗祗の詠めし天神山をわきに見て、野坂をたどれば、名も知らぬ小さき草の花々。

9.村松晴嵐 白い砂と松 海まで少し歩く 水戸八景 村松晴嵐  村松晴嵐(むらまつせいらん) 朝陽は山気を立ち昇らせ、遥かに白砂青松を見晴かす。背に虚空蔵尊、大神宮の床しい御堂。
10.如意輪寺  如意輪寺秋月(にょいりんじしゅうげつ) 月影はさやかに、大イチョウの梢にかかり、照沼の野は、ふりそそぐ月光に冴え返る。阿武隈は遠く、黒き眠りのなかにある。
11.真崎浦 江戸時代は満々たる水を湛えた湖だったといわれている。真崎浦夕照(まさきうらせきしょう) 落陽の厳かさよ、壮大な朱金色の華やぎよ。巨大な日輪は、いまその終りの姿を西丘の森のかげにし沈めようとしている。

12.住吉神社  住吉社寒霜(すみよししゃかんそう) 清浄な参道にふりしいた白い朝霜のきびしさ。凛乎とした冬の表情。やがて開くヤブツバキが、森かげに可憐なつぼみを膨らませる。

   水戸八景