花の部屋
水戸市植物公園
植物公園は、テラスガーデン・鑑賞大温室・ロックガーデン・芝生園・湿生花園などから構成された洋風の庭園です。
鑑賞大温室と熱帯果樹温室では、熱帯から亜熱帯までの植物を見ることができます。面積  80,000m2
水面を多くとり入れ、水の流れを作り出すなど、自然美と人工美が調和しています。
湿生花園には木道があり、周辺の自然との調和が配慮されています。野草も多くあります。
鑑賞大温室の暖房には、隣接している清掃工場の余熱を利用しているとのことです。(バンフレットを参考に作成)



テラスガーデン 1,500m2 テラスガーデンにバラが少し咲いていました。
植物園全体では、バラは少ないようです。








 


鑑賞大温室 1,561m2 温室の中には花がいっぱい咲いていました。
湿気が多く、暖かいことは植物にとって楽園なのかもしれません。
熱帯地方の花の色は本当に鮮やかだと思います。
 







サボテンの花が咲いていました。多くのサボテンが元気な姿を見せてくれています。



熱帯果樹温室 342m2  芝生園 8,700m2
湿生花園 
2,000m2  池には魚がいるみたいです。時々水面にはねていました。
中沼 

湿生花園

植物館近くの池

水面 7,000m2
小池 

中沼

草花 
146,000本 薬草がいろいろ植えてありました。薬草の名前が書いてありました。
薬草園

鑑賞大温室の外にある花
 
樹木 28,000本   温室 15,000本  植物館 798m2

花の部屋