テレビ水戸黄門、毎回ワンパターンのハイライトシーン。毎回、同じ物を見てしまう。「しょうがありませんな。助さん、格さん こらしめてやりなさい。」
黄門様ご一行と悪代官組との乱闘シーン。 強すぎる、助さん、格さん、飛び猿、お銀。しばらくすると、黄門様の「助さん、格さんもういいでしょう」
助さん「静まれ!」格さん「静まれ!しずまれ!シズマレーー!」一瞬間があく。何故か、ここで黄門様と助さん、格さんは上座になる。
悪代官等は、下座になっている。格さんが、ふところから印篭(いんろう)をとりだし「この紋所が 目に入らぬか!!
こちらに おわすお方を どなたと心得る!恐れ多くも、先の副将軍 水戸 光圀公であらせられるぞ。」助さん「一同、ご老公の御前である!頭が高い!控えおろーう。」
「アッ、その紋所は!!ハハー」「エー、ハハー」「ヘヘー」「△▽■???」となり、全員黄門様にひれ伏す。
そして黄門様のお話があり、悪代官はめでたく退治される。・・・毎回おなじみのパターン。明治の講釈師玉田玉知という方が、助さん、格さんを連れて諸国漫遊する水戸黄門に仕立てたといわれています。 しかし、実際には黄門様は諸国漫遊の旅はしておられないようです。