花の部屋
茨城県植物園   2002/05/02他   茨城県那珂市戸4589
那珂郡 那珂町にあります。 常磐自動車道の那珂ICから、15分くらいでつきます。植物園の周辺には、県民の森、鳥獣センター、森のカルチャーセンター、きのこ博士館などの施設があります。自然観察できます。広さは、合わせると約81haといわれます。
●茨城県植物園   12.0ha  Ibaraki prefectural botanical garden,植物の知識が学べる憩いの場として昭和56年に開園。園内には、約600種、約5万本の植物があるそうです。入り口を入り階段を上ると、目の前には噴水が吹き出す大きな花壇が見えます。 園内は花木園、野草園、バラ園、熱帯植物館などに分かれています。気軽に休める広々とした芝生広場もあります。

●熱帯植物館 (2,694u) 植物園の中に、東南アジアの熱帯雨林の生態を展示してある熱帯植物館があります。東南アジアの熱帯・亜熱帯に生息する植物、約240種、約23,000本が集められているそうです。館内は、畑地、沼地、ジャングル、丘陵地ゾーンに区分されている。バナナ、パパイアなどの果樹、カジュマル、アコウなどの熱帯樹木が見られます。展望室からの眺望や、映像室での熱帯雨林の画像もあります。温室の一番高いところまでエレベータで上れます  (ビルの3階分ほどあります)

●ぼたん園  植物園内








 







 


つつじとフジ
 



 


●県民の森 64.7ha アカマツ等の自然林からなり、「自然」に親しみ、休養しながら植物や鳥獣について学べる。緑を通して心のふれあいを広めるため、明治100年(昭和43年)を記念して造られた自然観察施設。植物や野鳥の種類も豊富で、コナラ、カシ類、シュンラン、ヤマユリなど約360種類の樹木や山野草が自生する。キジ、コジュケイなど約70種の野鳥がいるそうです。
鳥獣センター  3.3ha 野生の鳥や動物がいます。さまざまな野鳥のほか、キンケイ、ギンケイなどの観賞用鳥獣も飼育されています。傷ついたり弱ったりしている野鳥を保護し、手当をする救護きん舎を設け、回復後は自然に返しています。
●森のカルチャーセンター  県民の森内   0.2ha 平成2年に開館。自然とのふれあいや木の良さの普及啓発と木造建築物の普及促進を図るための木のカルチャーセンター  建物のフォルムは「森の中で羽を休めている鳥」をイメージして設計され、すべて県内の木材を使用して造られている。森林、林業、野生鳥獣、木製玩具など、木材に関するさまざまな展示コーナーを設けられています。木製玩具で遊べます

カルチャーセンター展望室からみる外の様子
 
カルチャーセンター外の様子

カルチャーセンター近くの子供の森 近くに45mほどの長いすべり台もあります。
 
●きのこ博士館  0.7ha 平成10年に開館した博物館です。きのこや山菜、わさび・うるし・桐などの茨城の特用林産物の種類・生態を紹介。特用林産物と人の暮らしとのかかわりや特用林産物を生み出す森林の役割も紹介されています。幻想的な雰囲気が楽しめる館内には8つの展示室があり、映像、グラフィックスや模型なども展示している。休憩コーナーを設置したエントランスホールには、特用林産物の実物も展示しています。

花の部屋