偕楽園  六名木  .好文亭   表門  千波湖畔
偕楽園 かいらくえん  2001/03/24他  茨城県水戸市見川1-1251
1
2.7ヘクタールの広さがあり、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園の一つ。

千波湖、桜川など周囲の自然環境を巧みに取り入れ、園内中央に梅林を、高台に好文亭を配している。表門付近の西北部には老杉や竹林。周辺の湖水と田園風景を取り入れ自然との調和を図り、四季の風情や明暗に富んでいる。千波湖から偕楽園をのみる

千波湖の桜

偕楽園は 梅の公園として名高い。1833年徳川斉昭(なりあき)が藩内を視察した。南に千波湖が見え、紫峰筑波山や大洗方面が遠望できる現在の地に遊園を作ることを決めた。自ら造園計画を練って創設したといわれる。1841年から造園工事が開始され,1842年7月1日に完成。同園本園、桜山および丸山が開園した。偕楽園の名称は、中国る「孟子」の「古の人は民と偕(とも)に楽しむ、故に能(よ)く楽しむなり」という一節からとった。同園は家臣や領民が自由に遊び、休息するための施設で、人としての健全育成に必要な心身の保養地とされた。梅まつり期間には土・日曜を中心に偕楽園臨時駅が開設される。下り方面の列車のみ停まる。偕楽園は入場無料。偕楽園にある常盤神社の境内ではたくさんの屋台が並んでいる。水戸納豆から梅まで、水戸の特産品が目立つ。梅まつり期間は屋台が多く出る。 偕楽園ミニ知識(園内パンフレットより) 徳川斉昭の梅林計画-食用梅としての偕楽園の梅。 斉昭は偕楽園の創設に先がけ、1833年にその母体となったといわれる梅林計画を立てている。翌年、七面山と呼ばれる台地の一角を切り開き、飢饉と軍用の非常食とするため、梅の木を植えさせたといわれる。やがて1841年4月、偕楽園の造園や好文亭などの建築工事が始まり、1841年7月に完成、開園となった。 御所梅

土地は国有地  偕楽園の土地そのものは国有地で広さ約11ヘクタール。これに近年、南西の崖下約1.7ヘクタール(県有地)を公園化し、従来の偕楽園に加えた。さらに、千波湖の西側地域を中心に県が大規模な都市公園を造成している。現在偕楽園と合わせて約46.8ヘクタールの広さを持つまでに整備されている。
余暇,休養の場として  1839年斉昭は、偕楽園創設の趣旨を「偕楽園記」の碑に、民と偕(とも)に楽しむための施設造りの構想示している。偕楽園開園の前年には藩校・弘道館を開いており、偕楽園に弘道館の付属施設的性格をもたせたとみられている。文武修業の場である弘道館に対し、偕楽園は修業の休養の場とされ、水戸藩文教政策の一環をなすものといわれている。  好文亭 

千波湖の景観を借景

偕楽園は当初から前面の千波湖一帯の景観をそのまま取り入れた借景造園法で造られている。千波湖は現在、埋め立てなどにより面積が33.2ヘクタール、周囲3.1kmで、水深{ま60cmから1.6m程度。湖と呼ぷには小さく、池か沼といった感じになったが、一帯の風光を水戸藩歴代藩主や文人が愛した。詩文などに千波湖や仙湖と書いたこともあって、湖と呼ぶことが定着している。春には湖岸にぐるりと植えられた桜が美しく咲きそろい、市民の憩いの場となっている。

  偕楽園  六名木  .好文亭   表門  千波湖畔