袋田の滝  ふくろだのたき  2002/05/01 茨城県久慈郡大子町袋田
「袋田の滝」は、茨城県の再北端に位置する大子町、「袋田温泉」の東約1.2kmにある。奥久慈と呼ばれるこの地方、県内随一の「奥久慈温泉郷」。清流「久慈川」、県内最高峰「八溝山」など、自然に恵まれている。「猪なべ」の看板などもでてくる。  久慈川の支流・滝川の上流にある、高さ120m、幅73mの大きさで、4段に分かれて落下する滝。



■日本三大名瀑   紀伊の那智の滝(直瀑133メートル)、日光の華厳の滝(直瀑97メートル)とともに「日本3大名瀑」の一つ。  ■四度の滝   滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度の滝」とも呼ばれる。西行法師がこの地を訪れた際 「この滝は四季に一度ずつ来なければ真の風趣は味わえない」と絶賛したとも伝えられる。