「常陸国の天平文化を探る」   寺と神社
常陸国分寺跡 2000/10/01 2010/06/06 茨城県石岡市府中5丁目1番
中門跡

金堂跡

講堂跡

伽藍の東側に「ガラミドウ」というところがあり7重の塔があったらしい。
現在は真義真言宗。浄瑠璃山国分寺・・・となっている。
山門

本堂



弘法大師像





薬師如来堂



都都一坊扇歌堂









僧寺は金光明四天王護国之寺ともいう。
最勝王経を調誦して国土安泰、万民息災を祈願した。
勅願所として一国の財力を竭して造営された護国救世の大道場。 
国指定文化財史跡 1921年10月指定
1952年特別史跡 
発掘;昭和1981・1982年 史跡指定面積;24,823u(国指定)
宗派;新義真言宗 本尊;薬師如来 
寺料;稲束6万束、定住僧30名、封戸50戸、寺域60町歩。
規模;南北231メートル,東西273メートル。
中門から金堂に回廊が付き,金堂の北側に講堂,その間の東に経蔵,
西に鐘楼。回廊の東に七重塔が建っていた。
1977年現国分寺書院建設時に、現本堂と書院の中間に版築基壇のある事がわかり、鐘楼跡と推定。
千手院の門の周りを修復中。全体的に国分寺跡のところは不明。
741年;聖武天皇の勅願により、鎮災致福を祈願して諸国に、国分寺創設の詔
全国66ヶ所の一つとして設立された寺院。礎石が残されている。
1426年;大掾(だいじょう)氏が国府跡へ府中城を築いて本拠とした。
当時、太田に佐竹氏、水戸に江戸氏、石岡に大掾氏と群雄が割拠していた。
1586年;佐竹氏と大掾氏との戦いで兵火を蒙る。 1570年;現在の中門跡に仁王門起工。
1574;完成。1751〜63年;修理。 1602年;東照宮直判の寺領30石、
627年領主皆川山城入道より寺領10石加増された記録がある。1693年;本堂が再建される。
1822年;天災により焼失、末寺千寺院を移して本堂とした。
1908年;楼門・仁王門は、大火により焼失。わずか礎石と敷石を残すのみ。
1910年;大火で焼失し、現在の本堂は1910年筑波四面薬師の一つであった山中薬師を移したもの。
大正中期;千手院を廃して国分寺に合併し客殿・庫裏を建立する。
1981・1982年; 石岡市教育委員会の創建時伽藍確認調査が行われる。
国分寺・国分尼寺(こくぶんじ・こくぶんにじ) 
写真は上総国分僧寺伽藍復元模型
741年の聖武天皇の詔により全国的に建立された官寺。
僧寺を「金光明四天王護国之寺」、尼寺を「法華滅罪之寺」。
寺院には、20人の僧と10人の尼が常住。仏教の中心的な存在として鎮護国家を祈念。
国分寺・尼寺は、奈良・平安時代を通じて整備された。
律令制度の崩壊する10〜11世紀に、存在意義を失って衰退。

伽藍地 塔・金堂・講堂・僧坊などを含む範囲  
附属院地
 政所院・修理院・薗院などの寺院運営上の施設
寺院地 伽藍地と附属院地を含めた区画  
寺地 国分寺に関連した竪穴住居・掘立柱建物・生産関連工房などの施設。
律令制(りつりょうせい) 中国を中心とする東アジア諸国で行われた国家統治制度
律は刑罰法、令は行政法。
日本では、唐の律令にならった大宝律令(701年)の制定。
天皇中心の中央集権的国家が確立。
国・郡・里(くに・ぐん・り) 
律令制における地方行政区画の単位。50戸からなる里にはじまる。
複数の里からなる郡、さらに複数の郡からなる国からなる。
それぞれ里長、郡司、国司といった役人が政治を行った。
伽藍配置(がらんはいち) 
塔・金堂・講堂・門・回廊・鐘楼・経堂・食堂・僧房など寺院を構成する主要な建物の配置。
礎石建物(そせきたてもの) 
一般の人々が住んだ竪穴住居や掘立柱建物とあわせて古代を代表する建築。
地面よりも土を高く盛った基壇という土の壇を築き、その上に礎石をすえ、柱を立てた。
屋根には瓦を葺(ふ)くのが一般的。
基壇の上を切石やタンとよばれるレンガで覆って床とした。
掘立柱建物(ほったてばしらたてもの) 
礎石建物と違って基壇をもたないのが一般的。
柱は、電柱を立てる時のように穴を掘って立てすえ、土を埋めて固定。
屋根には瓦を葺くこともあったが、檜皮や板、茅など軽い材料を使うことが多い。
床は地面そのままの土間であったり、一段高い床をはることもあった。
土師器(はじき) 弥生土器の系統をひく古墳時代から平安時代までの赤褐色の素焼きの土器。
奈良・平安時代は、ろくろを使う例が多くなるなど製作技術に大きな変化がみられ、中世のかわらけに移行。
須恵器(すえき) 
古墳時代の中頃から平安時代にみられる青灰色の焼物。土器と違いろくろを使う。
窯を用いることで高温で焼くことが可能となる。
瓦(かわら) 
粘土を成形して焼いたもので、建物の屋根を葺く材。紀元前3世紀頃、中国に始まったものが最古
日本では仏教の伝来とともに6世紀末頃から始まる。
飛鳥時代から鎌倉時代の瓦屋根は、丸瓦と平瓦を基本。
交互に重ねながら屋根を葺き上げていくが(本瓦葺き)、
軒(のき)には文様のある軒丸瓦や軒平瓦、大棟(おおむね)には鴟尾(しが)や鬼瓦を用いるなど
1つの建物には様々な種類の瓦がありました。
古代における瓦葺きの建物は、寺院や役所など限られた場所にみられることが多い。
宗教的・政治的な象徴であった。


  「常陸国の天平文化を探る」   寺と神社