小豆島映画村 しょうどしまえいがむら  2003/10/18  香川県小豆郡小豆島町田浦甲931  「昭和3年4月4日、農山漁村の名が全部 あてはまるような瀬戸内海べりの一寒村へ、若い女の先生が赴任してきた」 で始まる壷井栄氏 小説「二十四の瞳」 田中さんの大石先生の映画は、何度見てもよい。何度見ても涙なくみることはできない。小豆島から帰宅してみたビデオでも やはり泣かされた。映画村と海を見て、さらに岬から町まで歩いた。映画の「二十四の瞳」を身近に感じることになった。高松港から草壁港へ 高松よりフェリーで小豆島にいく。 美しい海 波のない穏かな海

フェリーの上のデッキのイスに座って1時間 とても気持ちがよかった。小豆島の生徒が乗り合わせた 映画の子どもが話している話し方と同じだった。変に感動をおぼえた。
 
フェリーを降りて どのように映画村にいくのか? ちょっと困った。 バス停を草壁港の近くに見つける。時刻を調べるとちょっと待てばありそうだったので待つ。バスのお客さんは「おばあちゃん」が多かった。バスの乗り降りのステップが低くなっていることに感心。小豆島草壁フェリー乗場近く 

バスにて草壁港より映画村に向かう。バスは途中坂手港の車庫経由で映画村に行く。(パンフレットより)

草壁港近く

映画村到着 入場券を買って入場 映画村入場券

(説明板より)

映画村の様子  ちょっとむかしにタイムスリップ

苗羽尋常高等小学校田浦分校

学校前の海

苗羽尋常高等小学校田浦分校の入口

教室  映画の機材もあり

校庭  ボンネットバスもおいてあった。

男先生の家

分教場前の海

左は漁師の家 映画では学校の門にはいるところは坂道になっているのだが・・ どこで撮影したのだろうか?

「せんせ、あそぼ!」 昼休み、12人の子どもたちが職員室の大石先生を大声で呼んでいます。まもなく先生が青空の校庭に急いでやって来ました。「なにして遊ぶ?」 「カゴメカゴメ!」 「通りゃんせ!」みんな楽しそうに、まずジャンケンからはじめます・・・・・。「壷井栄文学館」が映画村内にある。本などの販売がされている。壷井さんは小豆島出身

バスの出発までかなり待つことになるため 映画を思い出し 二十四の瞳映画村から草壁港まで歩いてみる。二十四の瞳映画村村から数分歩くと 1902年に建てられた「岬の分教場」がある。観光用売店を改修中で 工事用の車が校庭にとめてあり 昔の面影は感じることができず残念だった。数日後、新聞で観光用売店の改修が終了したことを報じていた。 映画村から草壁港へ行く途中の海

映画村から草壁港へ行く途中の海。数キロを歩いたが途中ほとんどすれちがうものがなかった。

映画のシーンで子どもが歩いていた場面に似た所はちょっとわからなかった。

町近くに停泊していた船。 高速フェリー?

波のない海。大石先生が小船で町から分教場へいけることに納得できる。

醤油記念館

きれいな絵が通りに飾ってある。

ちょっとむかしの面影

通りの様子

草壁港から高松港へ

草壁港 フェリー乗場

高速艇

高松港

映画村 (パンフレットより)