四国の思いで  寺と神社  
高知城  こうちじょう  2003/10/13  高知県高知市丸の内  平山城。 天守は大高坂山(標高44m)にある。南北朝時代 大高坂城 大高坂松王丸 
1588年 長宗我部元親 築城。 1601年 土佐に入国した山内一豊 大高坂山に築城をはじめる。 山内一豊 土佐24万石。1603年 本丸、二の丸が完成。 1616年 三の丸が完成。 1727年 焼失。 1753年 天守閣他再建。

高知駅より歩いて、帯屋町筋より高知城に到着。

追手門側から左回りで城のまわりを歩く。

山内一豊像

西の丸

旧 丸の内。江戸時代「御城内」とよばれていた内堀の内側の地域。水堀。左は県庁。

追手門 高知城の正門  
追手門から東にのびる道路で、1690年から続く、日曜日には日曜市がおこなわれる。

追手門裏

センダン。土佐では道路に旅人のためにセンダンを植えていた。
周囲 5.4m 高さ 25m 樹齢 約250年。
 
杉の段へ行く石段からみる。 追手門と板垣退助銅像(背中) 板垣退助 倒幕運動、戊辰戦役に参加。1881年演説時刺され死亡。「板垣死すとも自由は死せず」

追手門から杉の段へ行く石段

杉の段にある 山内一豊の妻 千代夫人と馬の像

杉の段から見る天守

鉄門跡

三の丸 南北85m 東西54m 大書院があった

詰門 本丸と二の丸を結ぶ渡り廊下。本丸を警護する侍が詰めていた。北の間・中の間・南の間の部屋に分かれ、平侍の溜まりの間、中老・家老の溜まりの間として使われた。

詰門から本丸へつづく石段 旧家具櫓跡

天守閣と本丸正殿入口

天守閣と本丸正殿入口

手前は二の丸と本丸を結ぶ廊下

廊下門と多聞櫓

天守閣入口

天守からの景観
         本丸         二の丸                       三の丸             杉の段

本丸正殿内部



本丸内から見た黒鉄門。柱、門扉に多くの鉄板が使用されている。

二の丸から本丸をみる

二の丸跡

梅の段

杉の段

杉の段 そそりたつ石垣

高知城の図(パンフレットより)


    四国の思いで  寺と神社