妙国寺 みょうこくじ   福島県会津若松市一箕町八幡字墓料78番地
日蓮宗。宝光山妙国寺。妙国寺は白虎隊の仮埋葬の地。滝沢本陣前を会津若松駅方面へ直進、案内板を右折200mくらいのところにある。
案内板近くの桜。

妙国寺入り口。
 
白虎隊の霊を奉る石碑。

賊軍扱いの会津藩士の遺体は、会津藩が降伏したあとも、野にさらされたまま放置された。
飯盛山近くの農民が、自刃した白虎隊士の死体をひそかに妙国寺に運んだといわれる。
翌春 生き残りの藩士たちの請願がかない、白虎隊の遺体だけは埋葬が許された。
白虎隊仮埋葬の地だった妙国寺は、藩主・松平容保公の降伏後の謹慎の寺でもあった。容保公は1ケ月後、江戸に送還された。