母成峠 ぼなりとうげ 福島県耶麻群猪苗代町  
母成峠から会津に向かってのながめ。5月初め。天候は悪かった。峠の店で食べた天ぷらそばが美味しかった。

戊辰戦争東軍の東部国境守備および西軍進路要図。
戊辰戦役母成峠建設記念誌を参考。

古戦場記念碑碑文

 決戦日 1868  慶応四戊辰年8月21日(太陽暦10月6日)  正面 戊辰戦役 母成峠古戦場 松平保定書
 東軍 大鳥圭介 田中源之進 丹羽 丹波 土方歳三 以下八百名  西軍 板垣退助 伊地知正治 谷干城 川村純義 以下三千名
裏側 昭和57年10月6日 母成両碑建設実行委員会建之
古戦場記念碑附属碑碑文

古戦場記念碑附属碑碑文 正面  母成峠の戦いは、慶応四年(1868)8月21日圧倒的な兵力を集中して一挙に会津国境を突破しようとする西軍と、天嶮に拠って、あくまでもこれを阻出しようとする東軍との間に戦われた。戊辰戦役中、最も注目される戦いであった。西軍総数三千、これに対する東軍僅かに八百。戦いは、前日の山入の戦いを皮切りに、濃霧の中終日行なわれた。東軍は、終に衆寡敵せず、北方高森方面 西方猪苗代方面に敗退した。ここに、百十余年前に思いをいだし、この戦いに散った東西両軍の兵士百余名の霊を弔う。この戦跡を永く後世に伝えるために、この碑を建設する昭和57年10月6日 母成両碑建設実行委員会