平 塚 城 址

北区西ヶ原、平塚神社境内他 




 平塚城は戦国時代の豪族豊島氏によって、平塚神社の境内や隣接する農業総合研究所のある辺

りの崖の上に築かれた城でした。しかし練馬の石神井城に続いて太田道潅に攻められて落城し、

鎌倉時代以来続いた豊島氏最後の城となりました。城の東北側は隅田川沿いの低地を見下ろす崖

で、西北は低地から切れ込んだ谷で現在は滝野川公園のテニスコートなどになっています。さら

に南東側は、この辺りで唯一の崖の上下を結ぶ道が切り通しになっています。また社殿背後の林

が2mほど高くなっていて、平塚の地名の元にもなった甲冑塚(非公開)があります。



   城址に鎮座する

     平塚神社の境内


 参道入口の本郷通りとの角に

城址の説明板が立っています。

また南側の城官寺付近も城地と

する説があり、そちらは二の丸

になるのかも知れません。






甲 冑 塚


 源義家の甲冑を埋めて築いた

とされる塚で、これを城址の遺

構と見る説もあるようですが、

断崖上に土塁を築く必要がある

のかは少々疑問で、伝承の通り

鎮守の為の塚だったのではない

かと思います。






   上中里駅前より

     崖上への坂道


 正面の森が平塚神社で左手の

奥に城官寺があります。推測で

すが、この切り通しの道は本丸

と二の丸とを区切る空堀跡とも

考えられます。




北側の谷より

   城址のある

     丘を臨む




    アクセスガイド


  平塚城址・・・京浜東北線 上中里駅より坂を上がって徒歩約50m






 一つ上 ”都内の古城址について

 表 紙 ”小さな旅と四季の風景 ”へ