タマオシコガネ

エジプト 1983オートボルタ 1981ベナン 2000フランス 1956
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
ヒジリタマオシコガネ(右下)
Scarabaeus typhon
(コガネムシ科)
ニジェール 2000エジプト 1992カンボジア 2000
オオタマオシコガネの一種
Scarabaeus aeratus
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネの一種
Scarabaeus aegyptlorum
(コガネムシ科)
南西アフリカ 1987フィンランド 1995カンボジア 1998
ニテンスミドリタマオシコガネ
Garreta nitens
(コガネムシ科)
タマオシコガネの一種
Geotrupes stercorarius
(コガネムシ科)
タマオシコガネの一種
Geotrupes geotrupes
(コガネムシ科)
ニカラグア 1988ウルグアイ 2013
ダイコクコガネの一種
Sulcophanaeus chryseicollis
(コガネムシ科)
ミドリニジダイコクコガネ
Sulcophanaeus menelas
(コガネムシ科)
モンセラト 1994アメリカ合衆国 1999ニカラグア 2003キューバ 1988
ニジダイコクコガネの一種
Phanaeus mexicanus
(コガネムシ科)
ダイコクコガネの一種
Phanaeus vindex
(コガネムシ科)
ニジダイコクコガネの一種
Phanaeus demon
(コガネムシ科)
ニジダイコクコガネの一種
Phanaeus leander
(コガネムシ科)
ニカラグア 2003スリナム 1993スリナム 1993ホンジュラス 2003
ニジダイコクコガネの一種
Phanaeus pyrois
(コガネムシ科)
ニジダイコクコガネの一種
Phanaeus festivus
(コガネムシ科)
ムラサキオオダイコクコガネ
Phanaeus lancifer
(コガネムシ)
ニジダイコクコガネの一種
Phanaeus eximius
(コガネムシ科)


古代ギリシャ 535BC 銀赤道ギニアのアンノボン島 2013 白銅ニュージーランド領クック諸島 2017 銀クリミア共和国 2014 銅
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
英領マン島 2008 銀+紅玉髄ソマリア 2008 白銅クック諸島 2013 金箔銅カナダ 2019 銀
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
フィジー 2010 金フィジー 2012 銀ソロモン諸島 2014 銀ソロモン諸島 2019 黒ニッケル+金
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
ニュージーランド領ニウエ
2016 銀+琥珀2017 金箔銀+トルコ石2019 銀+オニキス2019 黒ルテニウム銀+ルビー2020 銀+サファイア
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)

オオタマオシコガネ
Scarabaeus sacer
(コガネムシ科)
(甲虫目)
ヒジリタマオシコガネ
Scarabaeus typhon
(コガネムシ科)
(甲虫目)
ヒジリタマオシコガネ
Scarabaeus typhon
(コガネムシ科)
(甲虫目)
タマオシコガネの一種
???
(コガネムシ科)
(甲虫目)


古代エジプトにおいて、糞の玉を転がすタマオシコガネ虫は、太陽を運ぶ神の化身と考えられていました。そこでこの虫の姿を石などに彫ってお守りとする信仰が生まれたのです。一八世紀の大博物学者リンネはこの故事に因んで、糞球を転がす代表的な糞虫の一種をスカラバイウス・サケル、つまり「神聖なる甲虫」と名づけました。フランスではそれをフランス語化してスカラベ・サクレと呼んでいます。その糞を転がす姿にファーブルは深い関心を持ち、徹底した観察と創意工夫に富んだ実験によってその生態を明らかにしました。ファーブルがあれほど豊かな『昆虫記』という大著を著すことができたのは、“神の化身”スカラべに導かれた故と考えることもできるでしょう。

NEXT 切手へ ホームページへ