片山広明のページ

 

 秋尾敏と同郷のテナーサックス奏者、片山広明を紹介します。


その本質

 ジャズという周縁の文化にも中心はある。しかし、そのジャズにもちゃんと周縁はある。
 片山広明は、いつもその周縁にいる。
 たとえRCサクセションのバックをやろうと、テレビに出演しようと、片山はいつも周縁児である。
 かの「生活向上委員会」においてさえ、彼は中心ではなかった。
 JAZZが周縁の文化だというのなら、片山広明こそがJAZZなのではないか。
 彼をJAZZの正統とは誰もが思わないだろうが、そのゆえに彼はJAZZの正統なのである。


その魅力

 なんといっても音ですよ、音。一度ライブで聞いてみてください。こざかしいテクニックやらアドリブ理論やらを一発で吹き飛ばしてくれます。


その生い立ちと経歴

 昭和26年3月、千葉県浦安市に生まれ、8才で野田市に移住。母は三味線をよくした。
 野田市立中央小学校から第一中学校へ。中学でブラスバンドに入り、兄の後を継いでアルトサックスを吹き始める。
 埼玉県立春日部高等学校でも吹奏楽を続け、県のコンクールで特別賞を得る。むろんビブラートの利いたクラシックの音である。
 彼がJAZZらしき音楽を初めて人前で演奏したのは、高校三年の文化祭だったはずである。
 体育館の合奏で「テイクファイブ」のソロをとった。また教室で吹奏楽部のピックアップメンバーとコンボで演奏をした。「朝日のようにさわやかに」だった。
 昭和44年、國學院大学入学と同時JAZZ研究会へ入会。その頃、地元野田市で活躍していたロックバンド 「デモンズ」のメンバーと共演、ヤマハのライトミュージックコンテストにも出場し、千葉県大会で審査員だった北村英治氏に絶賛されて特別賞を獲得。
 その後、大学の先輩の卒業記念セッションで沖至氏に出会い、認められてコンボに加入。新宿ピットイン、タロー、渋谷オスカーなど、あちこちのJAZZ喫茶に出演し、ニューJAZZ系の新人として注目される。
 やがて 藤川義明、翠川敬基の「N.M.E」(ニュー・ミュージック・アンサンブル)、原田依幸、梅津和時らの「生活向上委員会オーケストラ」、自己の8重奏団「タコス」、「豊住芳三郎4」、「原田依幸3」などで活躍。
 80年代には「D.U.B」、90年代には「de-ga-show」を中心に活動し、98年3月「Co2」を結成。 


ディスコグラフィー

1973  「インスピレーション&パワー14 FREE JAZZ FESTIVAL 1」ナウミュージックアンサンブル TRIO PA3006-7
1979  「生活向上委員会大管弦楽団 This is music is this!?」  UNION GU-2004
1979.4 「THE MASTERPIECE」 豊住芳三郎ユニット ALMレコード/コジマ録音
1980.9 「生活向上委員会大管弦楽団 DANCE DANCE DANCE」    UNION GU-2004
1980  「PREASE」 RC SUCCESSION  KITTY RECORDS
1981.8 「Deluxe AT SAGAE」どくとる梅津バンド  (株)フジレコーディング 
1982  「DANGER」ドクトル梅津バンド+清志郎 東芝EMI EASTWORLD WTP72404
1982.8 「THE DAY of R&B」 (The SAM & DAVE REVUE RC SUCCESSION CHUCK BERRY ) LONDON L28N-1005
1983  「DYNAMITE」どくとる梅津バンド  LONDON L28N-1011
1983   「EQUATOR」 KATAYAMA HIROAKI SOLO SAXOPHONES  MUSIC BOX
1984  「live at moers」
     「IQ84」 D.U,B+浅田彰(カセットブック)
     「DO-Guwow!」
1984.11 「Feel So Bad」 RC SUCCESSION TOSIBA-EMI WTP90306
1985  「ソーン」第1回東京ニュージャズフェスティバル
1985  「DANGERU」 ドクトル梅津バンド+清志郎
1986   「D」 D.U,B  OMAGATOKI
1987.8 「DREI SHERRY」  片山広明 早川岳晴 角田健 NO TRUNKS
1992.5 「そーかなあ」 片山広明 OMAGATOKI SC7106 
1994.3 「de-ga-show」  CMCZ-1008
1994.8 「大仕事アンコール'94LIVE」 梅津和時 片山広明 他 Disc Union AX-002
1995.2 「de-ga-show/続」 CMCZ-1011
1996.10「THE MIX DYNAMITE YU 游」 板橋文夫 OMAGATOKI OMCZ-1010
1996.11 「HOSPITAL Kiyoshiro meets de-ga-show」 片山広明 忌野清志郎  SWIM-C002
1998.3. 「インスタント・グルーブ」 片山広明 ナーティア W-101
1998.5 「CO2 ZERO」 片山広明 林栄一 加藤崇之 早川岳晴 Natya W-102
1999  「fiktion」 片山広明 石渡明廣 不破大輔 豊住芳三郎
1999.11 「Ninety-Nine」  片山広明 早川岳晴 角田健 1987 「DREI SHERRY」のCD化
2000  「CO2 tokai」  片山広明 林栄一 崇之 早川岳晴 吉垣安洋 


最近の動向
  大人気のホームページ「趣味の排便」 http://www003.upp.so-net.ne.jp/korochan/

ホームページに戻る      JAZZが好きに戻る