秋 尾   敏

 
 

 昭和25年4月、埼玉県北葛飾郡吉川町(現吉川市)の中川のほとりに生まれました。
 現在は、千葉県野田市に住んでいます。

 昭和48年に埼玉大学を卒業。卒論は、萩原朔太郎を軸とした近代詩の韻律論でした。
 中学生のころから詩を書いていましたが、詩集にまとめたのは、昭和52年の「新倫理」が最初です。
 昭和56年からは「散華鳥」同人となり、そこで詩の仲間を得ました。
 また平成7年より8年まで、寺門仁氏の詩誌「へにあすま」に同人として参加しました。
 昭和47年、俳誌「軸(主宰河合凱夫)」に「リズム考」を連載し、俳句評論を志しました。
 平成3年「子規の近代−俳句の成立をめぐって−」によって第11回現代俳句協会評論賞を受賞。
 平成4年からは「軸」の同人となりました。
 平成11年8月、父である軸主宰河合凱夫の急逝に伴い、主宰となりました。
 平成12年、何を思ってか、28年勤めた職を辞し、文筆に専念。
 平成16年8月、自宅に俳句図書館鳴弦文庫を開館。http://www.haikulibrary.info/
 平成18年、筑波大学大学院を修了。博士(情報学)。
 平成20年、東京ポエトリー・フェスティバル協議会事務局長として、東京ポエトリー・フェスティバル2008を開催。http://www.tokyopoetry.net/
 平成21年、現代俳句協会理事、全国俳誌協会会長。
 平成23年、千葉県俳句作家協会理事長、千葉県現代俳句協会副会長。

 俳紀行 『地球の季節』(平成7年、私家版)。
 句 集 『私の行方』(平成12年, 沖積舎)、『納まらぬ』(平成17年, 本阿弥書店)、『アラカルト』(平成20年、本阿弥書店)、『悪の種』(平成24年、本阿弥書店)
 評 論 『子規の近代』(平成11年、新曜社)
      『虚子と「ホトトギス」』(平成18年、本阿弥書店)
 


 大学時代は吹奏楽部とジャズ研究会に席を置き、会長を務めたこともあります。
 さまざまなジャンルの音楽を愛し、今もジャズと称する雑音を発し、家族を困らせています。
 雑音発生装置
    Al Sax F−SERMER Mark6 (60年代最後の製品。コンディションは最高。マウスピースはメイヤーのM6、M5、セルマー)
    Sp  Sax F−SERMER Mark6 (マウスピースはメイヤーとバンドレン)
    Flute   Muramatu


 オーディオ (昔は自作派でしたが・・・)

 System1
  CD player  DENON DCD SA11
  Turntable  Micro DDL120
  Tornarm  Audiocraft AC3000MC
  Sound cartridge SHURE V15VxMR
  Amplifier  Macintosh MA6800
  Speaker  Audio Physic AVANTI

  蓄音機   ビクトロラVV8-30・クレデンザ

 System2
  CD Player Vimak DT800
  DA Converter APRIL MUSIC stello DA100 Signature
  Turntable Luxman PD121
  Tonearm  FR64S
  Sound cartridge Ortofon SPU Classic GM E MkII
  Preamp MacIntosh C22 (オリジナル)
  Mainanp MacIntosh 275 (レプリカ)
  SP JBL4343 JBL C56 MAGNEPAN MG1C
  


ホームページに戻る