ホーム>>コミュニティ>>セガ竹崎のセガスタ!日誌
セガ竹崎のセガスタ!日誌
現在のセガ竹崎(5分に1回更新)

「セガスタ日誌」は、セガ社員・竹崎が最新のSEGAゲーム情報から身のまわりで起こったゲームに関係ない出来事までバラエティ豊かな内容を日記風にお送りするコーナーです。


[takezaki.net]
竹崎のコラムや自作短編小説はこちらに掲載!

[ドリームキャストダイレクト]
セガ関連商品のお買い物はこちらでどうぞ!




2001/11/01(木)
特製BOXをつくるぞ!
D-DIRECTのリニューアルも一段落したので、最近またいろいろと考える日々が続いている。ECシステムに根本的に必要なものは何かとか、D-DIRECTに欠けているものは何かとか、めちゃめちゃ増えてきた取り扱い商品を効率良く正確に管理するにはどうすれば良いのか……などなど、D-DIRECTスタッフは相変わらず膨大な課題の海に溺れそうです。

……いや、ホントは全然おぼれてません(笑)。立ち止まったら成長は終わるから、とにかく前に進み続けるだけなんです。D-DIRECTをご利用いただいているみなさんに、もっと楽しい・もっと役立つお店にしたいな〜って、それだけなんですけどね。

そうそう、おかげさまで「ビデオ・ゲーム・ミュージック」がそこそこの販売数いきまして、これで正々堂々と「セガ・ゲーム・ミュージック」3部作の販売に手を染められそうです(笑)。すでに発売されているCDなんですが、3枚をセットにできる特製BOXをD-DIRECT独自で作って「セガ・トリロジー・ボックス」にするという、先週もちょっと書いた企画なんですけど、まずは特製BOXのデザイン作業に入りたいと思います!

今日のD-DIRECTは、DC版「Rez」を振動アリで楽しみたい方のために「ぷるぷるぱっく」をお安く提供するほか、「ストリートファイター スウェット&Tシャツ」「ビジュアルメモリ USブルー/USレッド」「メモリーズオフOVA DVD版」」「サクラ大戦3 カレンダー 2002」「パワーパフ ガールズ コレクションエッグ」などを取り扱い開始しました!


2001/11/02(金)
電ノコ持って大暴れ
今日もここに書けるような仕事のネタがなかったので、ムダ話でごめんね。

前にも書いたように最近ホラー映画のDVDが結構出てるんだけど、また新たに「キャリー」「悪魔の棲む家」「悪魔のいけにえ2」なんてのが(今回はちょっとメジャー系)発売された。

中でも一番すごいのは「悪魔のいけにえ2」かな? 完成度がどうのこうのっていうのではなくて、暴れっぷリがスゴイというか、壊れっぷリがスゴイというか(笑)。デニス・ホッパー、最高です!

明日は「ソード・フィッシュ」観にいこ。


2001/11/03(土)
ゆけゆけタイガー
最近、友人が漫画の全巻を読んだりしている話を聞いて、自分も久々に懐かしい漫画でも読んでみるかと本屋に行って、文庫版の「タイガーマスク」を発見! ソッコー全巻を買う。

で、読み始めたのですが、(ちょっと時代が時代だけに表現がナニだったりすることもあるんだけど)やはり「タイガーマスク」はええ話やなぁ〜と(笑)。

しばらくは「タイガーマスク」を読みふけりそうです。


2001/11/04(日)
三都物語
明日の京都・大阪出張にそなえて、今日関西入りして、神戸の実家に顔を出す。10月に70歳になった父の誕生日を遅れ馳せながら祝って両親と食事。両親が歳をとるのを見るとせつなくなったりするが、自分も37歳になってるんだから、それは仕方がないことなのだなぁ……とかしみじみ思う。「異人たちとの夏」の想い。


2001/11/05(月)
どこまでも陽気なタクシー運転手
打ち合わせがあって、生まれて初めて京都の任天堂に行きました。それはいいんだけど、その道中のタクシー運転手のお話。

京都に行く前に任天堂には旧社屋と新社屋があることを聞いていた僕は、京都駅でタクシーに乗った際、「最近できた十条駅の近くの任天堂の新社屋はわかりますか?」と確認した。すると、大阪出身の陽気な運転手が「わかりますわ。まかしといて!」と答えるので「じゃ、そこまでお願いします」と。

タクシーが走り出して、おしゃべり好きの運転手は「大阪で運転手しとった自分がなんで今、京都で運転手をしとるのか?」大阪弁でぺちゃくちゃ話して、とりあえず京都の道に詳しいわけでもない僕は、それを聞きながら黙って車に乗っていた。

やがて、任天堂の建物に到着し、「ここですわ!」と言われて車を降りた僕は、そこに建っている建物が決して新築には見えないことに違和感を感じながらも守衛室に行き、「この部署にアポイントがあるのですが……」と話したところ、「すんませんが、その部署は新社屋の方にありますのや。ここは旧社屋で……」ガガーン!! やっぱり運転手、間違ってるやん!(ショック!)

すでに約束の時間まで10分を残す状態で守衛さんの「新社屋までは20分ちょっとかかります」という言葉を背中に受けながら呆然と任天堂旧社屋を出る僕……。すると、そこには今乗ってきたタクシーが!

すかさずそのタクシーを止めて「運転手さん、ここ新社屋と違いますよ!」と乗りこむと、「ほんまでっか? 他に任天堂なんてあれへんはずやけどなぁ」と、運転手。そこで、守衛さんからもらった地図を渡し、「ここが新社屋です。急いで向かってください!」と言うと、「ほな、むかいますわ。わしもお客さんの様子見てて、なんか間違うてはるんとちゃうかなぁ思って、ちょっと待ってたんですわ。ええ勘しとりますやろ」と嬉しそうに笑う。

「ふざけんな」と心の中で思いながらも、はじめて任天堂にお邪魔するのにすでに遅刻しかけている僕は我慢して黙っていた。すると、運転手がトドメのひとこと。「お客さん、ええ勉強になりましたなぁ〜」

とりあえず急いでいたのでゴネることも怒ることもしなかったが、怒りを通り越して唖然とするタクシー運転手であった。おかげさまで、任天堂には遅刻しました。30分以上余裕をみてたのに〜(泣)。


2001/11/06(火)
とんぼがえり
というわけで昨日の京都・大阪出張から一夜明け、今朝一番、飛行機で東京に帰ってきました。羽田空港から会社が近いのは、こういった時には便利です(普段は、都心が遠くて不便ですが・笑)。

今日はちょっと変わった仕事で、他社サイトの運用をどうするかとかお互いに協力してできることはないか……なんてお話をする機会もあったりして、普段の自分の守備範囲外のことを考える時間を持てて面白かったりもしたのですが、あまりいろんなことにクビを突っ込みすぎて何もできなくなるのは嫌だから、こういったテーマにはどんな風に取り組めばいいのだろう〜ってちと悩みました。

そうそう、今日は久々に岡村さん(元上司)にも会ったのだ! 元気そうでしたよ(笑)。


2001/11/07(水)
インスタントスープの朝
最近、体重は変わらないのだが、なんとなく太ったような気がするので、久々にダイエットを強化することにした。とは言っても普段からいろいろ気をつけてはいるので、より食事の量を減らして、運動する……しかない。

そんな関係で朝食はスープのみ! スーパーで色とりどりのカップスープ類を買ってきて並べて、毎日1袋ずつ飲んでいる(最近のカップスープの充実ぶりはスゴイ!)。本当は夕食を減らすのがダイエット的には正しいのだろうけど、会食や打ちメシで食べないわけにはいかないので、仕方がなく朝食を減らすのだ。

運動は、毎朝走るか……と思ったものの、睡眠不足の朝はつらく、そして寒い。それに打ち勝てない僕は、昔、セガのイベントのMCをやっていただいていた和田さんからプレゼントしてもらった「ミニステッパー」(=足ふみペダルみたいなヤツ)を毎日30分踏むことにするのであった。

これでちょっとは効果出るかな?

仕事の方は今日もドタバタの大忙しでした。でも、内容は書けません(笑)。


2001/11/08(木)
お手伝い募集(笑)
今日も来客>会議>来客>取材対応で落ち着かない1日だった。でも、最後の取材が19時半ごろ終わって、そのまま取材してくれたライター&編集者の方と食事をしていろいろな話ができたのは、取材とは違った意味で楽しかった(笑)。

そうそう、セガ社内に残っている家庭用ゲーム機&対応ソフトのデータをとりあえずまとめた「セガシステム手帳用リフィル」の第1稿ができてきたのだが、多数の修正点が早くも発見され、てんやわんや。自力だけではどうにもならないので、こういった資料的データに詳しい方にお力を借りるしかあるまい……みたいな状態(苦笑)。

ちなみに、いろいろな意見はあると思いますが、今回は主なセガ家庭用向けハードの一覧とセガが過去に発売した家庭用ゲームソフトにしぼったリスト化を行っています。それと、会社沿革かな。すべてで20P、ガッチリ埋めましょう。

それにしてもこういった深い仕事は片手間じゃ絶対無理だな〜。誰か部長の仕事を代りにやってくれれば……(<冗談ですよ、冗談!)。


2001/11/11(日)
鳥を見た!
遅ればせながら、見ましたよ、全編CGの「FF」映画。

もうあまたの人が感想とか話してるので、いまさらなんですが、あくまで映画好きな個人の感想を言わせてもらえるなら、とにかく途中でへたって眠りそうになったり退屈してきたりするのを我慢して我慢して見続けるという……ヘトヘトに疲れた映画でした。最後までちゃんと見て、終わってグッタリしたよ〜。

「CGであそこまで作ったのはスゴイ!」とか、執念を感じるところや良いところもいろいろありますが、あくまでも「映画を作る」ってことで作ったわけだから、「映画」として成立しているか否かが問題なわけですよね。

そういった意味では、脚本・演出・撮影・キャストのすべてに問題あり。SFXだけちょっと新しかったけど、「ID4」や「アルマゲドン」といった最近の特撮映画には劣るよね……という感じで、「映画」としては厳しかったなぁ。

でも、CGの限界をまざまざと感じた作品だった。同じCGでも人を回避して「トイ・ストーリー」とか「バグズ・ライフ」みたいに作ると面白いのにね〜。……あ、やっぱ、脚本・演出の問題かッ!?(笑)


2001/11/12(月)
そば精製マシーン話&お願い
セガ本社から道路を挟んだ向かい側、この前まで(レンタヒーローのファンにはおなじみの)中華料理・北京があった場所に今朝6時に開店した「十割そば・どん八」に久保店長&キング今井と行ってきた(笑)。

北京の跡地だけにどんな店ができるのか楽しみにしていたのだが、基本は「立ち食いそば」。ただし、店の奥側には(北京時代には座敷だったところが)テーブル席もある。メニューは、そば・うどん一式に丼物と、そのセット商品。

一見空いてそうだったので入ってみたら、食券を買った後に券と食べ物を交換するカウンターのところが長蛇の列になっており、食券販売機前と座席にはほとんど客がいないのに、立ち食いカウンターのところに食べ物を受け取れない人が溜まっているという不思議な混み方をしていた(苦笑)。

つまり、食券を受け取って、内容を確認して、作って、渡す……ところが全然遅くて、ボトルネックはここ。僕らも食券買った後、10分以上待たされてげんなりしてしまった(立ち食いだけに、席に座って待つわけじゃないから待たされるのは辛いよね)。

味も値段も普通で、作業効率の悪さだけが印象に残る「どん八」だったが、厨房にある「そば精製マシーン(?)」だけは「おおっ!」と思った。注文したら、目の前で機械から、むにゅむにゅ〜っとそばが出てきて、そのまま鍋に入るのですよ(笑)。いまやこんなの珍しくないのかもしれないけど、僕は初めて見たので驚きました。

以上、(一応最速を目指して昼休みに書いている)「そば八」レポートでした(笑)。なんのこっちゃ……。

●ご協力のお願い●
今、さまざまな方の力を借りながら「セガシステム手帳」のリフィルを作っているのですが、「セガ家庭用ゲームソフト一覧」の中で、マーク3の「ロレッタの肖像」と「スポーツパッドサッカー(スポーツパッド)」の発売日がわからず困っています(苦笑)。どなたか正確なデータをご存知の方がおられましたら、竹崎までご一報ください……。会社にデータがなくてちょっと情けないんだけど……。


2001/11/13(火)
ありがとう&中間報告です!
昨日、ここで「発売日がわかんないので助けて〜」って書いたら、何人かの方から情報が寄せられました。本当にありがとうございます!

ゴールドカートリッジ「ロレッタの肖像」は、1987年2月18日発売。この頃は、発売日が明確かつきっちりその日にソフトが店頭に並んだわけではなく、これより数日前に手に入れていた人もいたとかいないとか(笑)。

あと、ゴールドカートリッジ「スポーツパッドサッカー」は、「セガJOYJOY情報 No.22(1988年8月配布)」ってのに載っているらしく(みたことないよ〜…笑)、1988年10月発売らしい……。が、しかし、当時からセガで働いている人によると、その頃のパンフレットやチラシ、広告などに書かれた発売日は"いいかげんだったような気がする"という話もあり(苦笑)、もう少し情報を集めてみます。

みなさんのご協力の他に、セガOBの力も借りて、現在も全力でデータの精査中。ご協力いただいた方には、海より深く感謝しています!

さて、そんなこんなでラストスパートの「セガ・システム手帳」特製リフィルですが、内容は、こんな感じで仕上がりつつあります。

・SEGA(ロゴ)
・社是/経営理念
・会社沿革
・セガの代表的な家庭用ゲームハードの発売日、主なスペックと特徴の紹介
・セガ家庭用ゲームソフト一覧(SC/SGシリーズ共用カートリッジ、SCおよびSK用ソフト、マイカード、マイカードマーク掘▲粥璽襯疋ートリッジ、メガドライブ、メガCD、スーパー32X、ゲームギア、セガサターン、ドリームキャスト、他社プラットフォーム向けのSEGAブランドソフトの発売日・タイトル・ジャンル一覧。自分のコレクション状態をチェックできるチェックボックス付き…笑)

で、これを全部入れて、スペースが残るようなら、社歌「若い力」の歌詞も……。入るといいなぁ〜。

なんかマニアックな内容ですけど(苦笑)、これがリフィル20ページにギッシリ入って、いつでもどこでもセガの家庭用ゲームの歴史が手に取るようにわかる資料になればと……。だから、できるだけデータを集めたいんですよね(笑)。

「セガ・システム手帳」はD-DIRECTで、2001/12/13まで予約受付中です!


2001/11/14(水)
数字
今日もデスクワークたくさんな日だった。明日ももっとデスクワークの予定(笑)。

明日といえば、DC「パワースマッシュ2」の発売日でもある。ヒットメーカーが贈る、最強クオリティのテニスゲームなので、ぜひ遊んでください!

「パワースマッシュ2」もそうなんだけど、最近はDCソフトの受注状況もなかなか厳しいです。お店に買いに行って、売ってなかったとか売りきれたとか、そういうことないですか? ただ、お店からの注文が少なくても、買いたいお客様が多ければリピート注文とかしっかり入るはずなんだけど、それもなかなか伸びなかったりして。で、最終的に「ファミ通」等に載ってるような販売数字になる……。だからといって、D-DIRECTでたくさん売れるわけでもなく、これは「このソフトが欲しい人は、純粋にこの人数しかいませんよ」ってことなのかなぁ?

受注数とかいろいろな数字を見て、いろいろなことを考えこんでしまう最近なのであった。同タイトルが2機種で出る「Rez」の結果はどうでるのだろう……。


2001/11/15(木)
トラックレコード
会社で勤めていると、賞与査定とか昇給査定とかいうのがありまして、自分の成果と反省を振り返るのはもちろん、自分の部下の成果や能力に対する評価もしなければならなかったりします。

そんなとき、なるべく公平に正しい評価をするためには、各人が自分なりの目標をどこに置いて仕事に取り組んでいるかを把握し、その上で自分で自分の仕事の成果をどう見ているかを知り、自分の弱点を理解しているか&それをどのようにして克服しようとしているかを知っておく必要があると思うんですよね。

でも、じゃあ部長という立場で部の全体を見ている場合、ひとりひとりの細かな努力や実績まですべてが完全に見えているかというと必ずしもそうではないと思い、なんとなく「最近話をしてないな〜」なんて感じる場合は、メシとか一緒に行っていろいろと話をしようと心がけています。

ま、仕事で目立つヤツってのは、そうしなくても自然と目に入ってくるもんだという説もありますが、そのへんはまぁ……(笑)。

さて、こういった機会に自分の身を振り返ってみると、2001年という年はいろんな意味で実に衝撃的で激動の1年だったなぁ〜って思うんですが、仕事の範囲というかレベルというか、そういった面でも自分の成長が試される年でした。

生まれて初めて「部長」なんて職をやらせてもらって、「どうしたら部のまとまりができるんだろう?」とか「どうすれば会社のトップが考えていることにみんなを共感させられるのだろう?」とか「どうすれば部下の問題点を直せるのだろう?」とか「仕事に取り組む"場"としての部を、どうやってもっと仕事がしやすい雰囲気にすれば良いのだろう?」とかホントにいろいろ悩んで試行錯誤した1年。

セガ公式サイトとD-DIRECTのリニューアルを実施するとか、D-DIRECTの売上&利益目標を達成するとか、商品広報・ホームページ・ECサイトが連携してセガの情報発信を一本化するとか、カスタマーゲートウェイ部が発足した際のひととおりの目標は確実に実現してきていると思うのですが、管理職として自分の部とか会社全体とかの"仕事に取り組みやすい良い雰囲気作り"を率先して行うという意味では、まだまだ力が足りないかな〜とか考えて、これからも先は長いなと思うのでした(笑)。

ま、トラックレコード出しながらやるしかないっすね。


2001/11/16(金)
お叱りをいただきました
先日DCソフトがなかなか売れないって話を書いたら、ソッコーで「CMなどで宣伝しないソフトが売れるわけないだろ!」というお叱りのメールをいただきました……。「『Rez』もPS2版しか宣伝してないくせに!」とか、「ガンダムのDC版を発売中止にしたくせに!」(<してないって…)というメールまで来て、あんな話書かなきゃ良かったな〜なんて……思ってません(笑)。

まず、「宣伝しないから」って話で言うと、それは確かにそのとおりだ。でも、宣伝しない採算分岐点ってのと、宣伝費をかけた場合の採算分岐点ってのは当然のごとく全然ちがう。宣伝費を3億円かけるとしたら、それによって3億円余分に稼ぐだけの売上が必要になるわけで、それだけの可能性と市場とお客様があるのかって話になるわけだ。「やってみなきゃわかんない」と、そりゃその通りだけど、じゃあ、セガがDCソフトに関して多額の宣伝費をかけてこなかったかというと決してそういうことはなく、かけるソフトにはちゃんと宣伝費もかけてきている。こういった話をすると、必ず次に言われるのが「お金をかけても売れないのは、宣伝が下手だからだ」ってセリフなんだけど、「CMなしでソフトが売れない」って意見とは本質的に違うので、このへんで話を進めよう。

僕が言いたかったのは、例えば「セガガガ」とか「ヴァンパイア・クロニクル」みたいな事例のことで、これらはD-DIRECT専売というスタイルで、営業・宣伝費用をなくし、純粋に「そのソフトが欲しい」というユーザーさんがソフトを買ってくれた売上だけで開発費用を捻出した、なかなか稀有なタイトルだ。

「DCでソフトを作ってほしい」という声は結構僕の元にも届くし、僕だって他社の方だって「なんとかなるならなんとかしたい」って思うわけで、「じゃあ、派手な宣伝とかはあきらめて、売上で開発費だけでも出れば……」って考えたときに、今のお店やD-DIRECTでのソフトの売れ方じゃ厳しいな〜って考えさせられるわけで。

それが「このソフトが欲しい人は、純粋にこの人数しかいませんよ」っていうことなのか、そうじゃないのか? 叱ってくれるユーザーは何人いて、買ってくれるユーザーは何人いるのか? そういったことを考えながら、いつも何かできることを模索しているって話。ドリマガファンドとか、ね。……厳しいけど。


2001/11/17(土)
捨てる神あれば拾う神あり
昔、渋谷のミニシアターに行ったら、やたら並ばされて嫌な気持ちになったのでここんとこしばらくはミニシアターに行かずに見たい映画はDVDで買って自宅のプロジェクターで見るようにしていた(だいたい映画を見に来たお客様を何時間も立ったまま並ばせているシステムの映画館ってどうかと思いません?)。

しかし、まぁ最近の不景気の中、映画館も全体には空いてると聞くし、久々にミニシアターで「アメリ」か「メメント」でも見ようかって渋谷に出かけたところ……。ガガーン! 「アメリ」も「メメント」も上映1時間前に行ったのに「今お並びのお客様は、スクリーン前のかなり見にくい位置での立ち見になってしまいます。場合によっては入れないこともありますが、あらかじめご了承くださーい」って状態なのだ。ひえ〜。

でも、みんな並んでるのよ……。ちゃんと座って見るためには2時間半とか前からやってきて、じっと立って並んでなきゃいけないのか〜ッ!? 納得いかん……。ということで、せっかくチケット買ったんだけど、見るのはやめて帰ってきてしまった。もう、見たいミニシアター系映画は全部DVDで買ってやる〜っ! 加えて自宅のプロジェクターとか音響とか強化して、ミニシアターなんか見返してやる〜!!(そのために、まずは稼げって感じ!?…笑)

というわけで、自宅で"やけ赤ワイン"しながら、友達から借りた「シュレック」を見ることに。おもしろ〜い! 楽し〜ッ! よくできてる〜ッッ! いやー、楽しくてコンパクトにまとまってて無駄のない、ヒットするのも当然だなって感じの映画でした(個人的には「トイ・ストーリー2」には負けるかなって思ったけど)。

今日の虚しい午後は「シュレック」によって救われたよ……。


2001/11/18(日)
スイカでライブ!
今日は日曜日でお休み。んで、朝から部屋をプチ・リニューアルしてPCの使用環境を良くした上で、平日になかなか進められない仕事の企画書をいくつか書いたりなんかしてみる。会社だと目の前に次々といろんな雑務が現れてなかなか進まない企画書が、休みに自宅でやってるとすぐにできてしまうアラ不思議……(笑)。

夕方からは久々に原宿に。仲間数人で友達がやっているバンドのライブを見に行ったのだ。いつも見ている友達とステージ上の友達はちょっと違う感じなんだけど、いきいきと歌う姿を見ているとなんだか嬉しい気持ちになったりして。そこにもひとつの幸せがある、確実に。

さて、今日からJR東日本では「Suica」という「イオカード」の新型みたいなのがデビュー。新しいモノ好きな僕は早速「Suica」を購入し、使ってみる。改札を通るとき、改札機の読み取り部にタッチするだけで精算されるICカードで、残り度数がなくなってくると発券機または乗り越し精算機で現金と交換でチャージできるシステムになってるんだよね。今まで中吊りとかでさんざん読んできたんだけど、今日初めて知ったのは、「Suica」にはデポジット費用500円が必要だということ。最初2000円分買っても使えるのは1500円分で、500円はカードを精算する際に払い戻してもらうシステムになっていたのだった。なるほど。口座管理料みたいなもんか〜。ちなみに「Suica」ってのは「Super Urban Intelligent Card」の略なんだそうな。う〜ん、難しい……(笑)。とりあえず、しばらく使ってみて、従来の「イオカード」に較べてどうなのか見極めてみたい。


2001/11/19(月)
こたえをさがす
毎週月曜はD-DIRECT企画会議ってのはよく書いてるから知ってますよね(笑)。

今日もそんなわけで会議してたんですけど、今週の木曜には、いよいよPC版「ファンタシースターオンライン」とNGC版「バーチャストライカー3 ver.2002」の予約を開始できそうです。お楽しみに! 予約特典も検討中ですよ〜。

16日の日記「お叱りをいただきました」に対して、またいろいろと反応をいただき、ありがとうございます。メール、全部読んでます。やばいことには何事も触れずに無難にやってくのも正しいやり方かも知れませんが、みなさんの温度に対しては、ある程度同じような温度で(会社員として許される範囲で)こたえていくのも「カスタマーゲートウェイ部」の代表である自分の仕事だと思っています。

また、いただいたメールに関していろいろと答をさがしていきたいと思います。「いつもありがとう」


2001/11/20(火)
綱渡り
今日は来客3件&会議2件で結構埋まってしまった1日。

週末に書いた企画書は、今日の会議で有効に使われて、良かった良かった(笑)。

今、パブリシティの方でいろいろと面白い企画を練っています。実現されたら楽しいんだけどな〜(実現に至る途中は大変なんだけど)。お楽しみに……。


2001/11/21(水)
DCリストウォッチが出来たッ!
いよいよ明日からD-DIRECTで「ドリームキャスト リストウォッチ」の予約受付がスタート!

しんちゅう製で重厚感あふれるその姿。キラリと輝くミニDCの左側のボタンを押せば、パカッとDCの蓋が開いて文字盤が現れるという超カッコイイ仕様。結果的に、D-DIRECTオリジナル商品企画の中でも最も豪華な作りになりました(笑)。お値段は12800円という価格設定で考えていたのですが、やっぱDC本体価格にちなんでってことで、9900円に決定!

これは、値段も仕様も完成度も含め、かなりの自信作です。ぜひぜひご予約ください!!(写真はD-DIRECTのホームページで。ホントは実物を見せたいよ〜!)

蓋がパカッと開くぞ!
この仕上がりは最高の自信作!?(笑) ※実物は多少デザインが異なることがあります。


2001/11/22(木)
ついに……
2001年11月22日。
「Rez」と「クレイジータクシー」が発売となり、正式にPS2にセガ参入です。
なんか感慨深いものがあります。なんともいえない気持ちっていうか。

だって、ここ数年、PSって"仮想敵国"みたいなものだったから……。

でも、これで現状もっともマスマーケットを保有しているPS2という市場でセガのソフトが試されるわけだから、どんな結果がでるのか楽しみでもあり。

もちろん、同時に「Rez」はDCでも発売。D-DIRECTでは圧倒的にDC版の方が受注多かったですよ。当然だけど……(笑)。


2001/11/23(金)
まさに豪華絢爛!
今日は映画「ムーランルージュ」を観てきたよ。レオナルド・ディカプリオ&クレア・デーンズ主演で「ロミオ&ジュリエット」を現代風ミュージカルに再構築してきらびやかに見せたバズ・ラーマン監督の最新作。

今回の「ムーランルージュ」は、「ロミオ&ジュリエット」の10倍くらい(?)のめくるめく豪華絢爛さで、あまりにキラキラした画面に目が痛くなってしまうほどの映像美でした。で、騒々しくて猥雑で、でもなんかスゴイ。観たことのない映画。

内容も普通のラブロマンスかと思いきや、笑わせるところも多く、歌うわ踊るわ、ロマンチックになるわで、なんかとりとめがないんだけど面白かった。僕はオープニングから大爆笑だったのだけど……(笑)。

それはそうと、この映画の冒頭で「スターウォーズ エピソード2」の予告編を初めて見たのですよ。この前から映像が解禁になったってことでテレビやインターネットで見た話をいろいろ聞いていたのですが僕自身は見る機会がなく、今日ふいに音響が最高の映画館の大スクリーンで映像が流れたものだから、なんか「ラッキー!」って思っちゃいました。


2001/11/24(土)
冷静と情熱の間!?
今日は朝から仕事の企画書をサクッと仕上げて、午後からは「冷静と情熱の間」を観に行ってきました。

ま、「普通に考えると自分はこの映画は観にいかないよな〜、デートムービーだし」って思いつつ、「これだけヒットしているとやはり観ないわけにはいかんよなぁ、映画ファンのはしくれとして」とも思うわけで、結局、流行ってる間に観にいく決意をしたのだった(笑)。

そんなわけで、正直バカにしてたというか軽くみていた映画だったのですが、観た感想としては、「いろんな意味で感心」というものでした。

まず、デートムービー(決めつけてごめんね)として、誰にでもわかりやすく、盛り上げるべきところはとにかく盛り上げるって徹底してること。「ここでクローズアップだろ」「ここで音楽が大きくなるとこだ」「ここでカメラがぐるぐるまわるよね」みたいな王道の演出がきちーんとなされているのだ。

さらに、邦画だとどうしても風景も言葉も全部日本であるため、洋画のような華やかさに欠ける傾向があるところを、舞台の半分をイタリアにし、イタリアの風景を十分に見せ、言葉も日本語・英語・イタリア語を混在させることで(字幕も一杯でます!)見事に回避して見せたこと。それが映画を上質に感じさせる。

ということで、「この王道のストーリーをここまで仕上げるんだから、たいしたもんだな〜」と感心したわけ。カップルがデートでこの映画を観る。その映画料金に対してこの内容なら、けっこうみんな満足するんじゃないかなぁ。……だから、ヒットしてるわけだよな、うん。

そういうわけで、意外や意外、「冷静と情熱の間」は結構オススメできる映画だったのでした(笑)。でも、ふたり以上で観るのが前提かな。


2001/11/25(日)
ドリームオレンジの誘惑
セガがマルチプラットフォームでやっていく今、家庭用ゲーム機はすべて買わねばならんのか……と思いつつ。

ゲームキューブをすぐに買わなかったのはDCキューブとMDキューブが11月に出るのがわかってたから。まぁ、「ピクミン」も気になるけど、「紫のハードは絶対違う!」(謎)てな感じで。あ、DCとMDキューブってのは、容易に想像できるように「オレンジハード」「真っ黒ハード」ってことです(笑)。

ちょうど今度、任天堂の宮本さんとちょっと仕事でご一緒することもあって、その前に「ピクミン」はやっとかんと失礼やな〜って思ったのと、絶妙のタイミングで色違いのゲームキューブが発売されたのとで、買いに行ってまいりましたよ。

で、店に行く前は「メガドラキューブ(真っ黒)しかないな、なんたって俺はメガドライバー!」と思ってたのに、店で見ると「ドリキャスキューブ(オレンジ)のオレンジ色がまたきれいな色で、まるで"ドリームオレンジ"じゃ〜ん!」(注:ドリームオレンジとは、DCで使われたオレンジ色の名前です。)と、「このカラーリングはセガマニアを惑わすための戦略なのか〜。やるな任天堂……」と、しばし立ち尽くし、最近"DCカラー"にちなんで自分の家の内装をすべてオレンジ基調に変えつつある自分の姿勢から考えると「やはり、オレンジなのだ。部屋にはオレンジなんだよ、きっと……」と30分考えた末に決意し、レジに並んだ。

レジで並んでいる間も「部屋がオレンジ基調で統一されてるんだからオレンジなんだ。絶対そうなんだ……」と心の中で繰り返し、ついに自分の番。レジのお姉さんの笑顔に「ゲームキューブ本体……」。半笑いの表情で凍りつく自分。「?」「……」「??」「……メガ…いや、黒いのください……」「はい」「あと、オレンジのコントローラー……」ガクッ。

今、僕の部屋ではメガドライブ(CD-X)と黒いゲームキューブが並んでいます。


2001/11/26(月)
懐かしいですね、岡村さん(笑)
今日は夕方にPS2本体の値下げが発表されましたね。11/29から29800円になるそうです。

こういう発表に対して非常に冷静かつ客観的な気持ちで対峙できる自分は、ハードメーカーじゃないセガにいるのだなぁ……と感じました(DCがあるのでいまだハードメーカーでもあるのだけど、もう競争していないという意味で)。

というのも、今まで熾烈なハード普及争いをしていた時には、「11月末にもしPS2が値下げしてきたら対抗策はこうしよう」とか「万一の場合に備えて広報コメントを用意しよう」とか「本体の原価はいくらだからこれ以上値下げすると来春の決算は大変なことになる」とか、もう上を下への大騒ぎだったわけで(苦笑)。

なんか寂しいような気楽なような……。

でも、やっぱハードメーカーって本当に大きな資金力が必要なんだな〜と、客観的に見ていて改めて強く思う次第。みんな大変だ。DCだってPS2だってゲームキューブだってXboxだって、あの中身は本当は数万円じゃ買えないものだし、しかもハード間の価格競争……。(おかげでユーザーに届く価格は下がるんだけどね!)


2001/11/27(火)
ドリームキャスト3歳のバースデー
3年前の今日、セガは社運をかけた新ハード「ドリームキャスト」を発売した。

僕は前日から秋葉原入りして取材の打ち合わせや仕込みをし、果てはお店の倉庫の整理を手伝って、明け方に少しだけメッセサンオーのソファで仮眠をとった。とても冷えた夜で、秋葉原で徹夜してくれている人々の姿を見て「風邪ひかへんかなぁ」と心配しながらも、けっこう感激していた。

午前7時。息が凍る寒さの中、入交社長が秋葉原に到着。あふれる報道陣やお客様の間をガードしながらメッセサンオー裏口へ誘導。

午前7時30分。ものすごい数の報道陣に囲まれて、先頭に並んだ18歳の学生さんと入交社長が握手。ドリームキャストの最初の1台が手渡された。彼が両手でかかげたドリームキャストのオレンジの箱。その姿は、当日の新聞夕刊の1面を飾った。

そのとき、僕がずっと目指していた『セガのゲーム機の話題を一生かかってでも一般新聞の1面に載せたい』という夢は実現したのだ。まさに、「自分の人生に悔いなし」。

そんなドリームキャストが3年後に、まさかこういったことになろうとは……。

カプコンとSNKのキャラクターが同じゲームで対戦していようとは。DCとPS2のゲームがネットを介してつながろうとは。セガとナムコがアーケード市場で協調していようとは。まさか香山さんが自分の上司になっていようとは……(笑)。

もともと変化がすごいゲーム業界だけど、この3年間の変化の大きさは、軽く振り返っただけでも衝撃だ。

というわけで、ドリームキャスト3周年。今日は、ドリームキャストの国内最終出荷のリリースを出しました。2001年12月7日、お客様の要望によってなんとか作ったDC本体2万台をこの日出荷し、これで国内出荷はホントにおしまいです。

D-DIRECTの方は、この春のD-DIRECT本体在庫を来年春まで均等に分けて販売しているので、こっちは今後も変わらず少しずつ販売していく予定です。今の毎週金曜日13時より先着順販売っていう方法にはいろんな意見をいただいているので、いろいろな手法を検討中ではありますが。


2001/11/28(水)
クリスマスプレゼントかぁ……
今日もいろんな仕事しました。また新しい人とも出会ったし。

さて、明日11/29からD-DIRECTではいよいよ「バーチャファイター4」の予約受付を開始。いろいろ考えたのだけど、やっぱ特典はキャラクター別に技を網羅したカードを付けることにしました。「すでにアーケードで達人みたいな人に技カードは不要」って説もあったのですが、僕みたいにアーケードで遊ぼうとすると秒殺されてしまい、家庭でじっくり練習しよう&家庭で友達と遊ぼうって考えてる人の方が多くて、そんな僕らには(スタンダードだけど)技表が一番役立つのではないか……と(笑)。

D-DIRECTでは、明日から誰でも応募できる「クリスマスプレゼントキャンペーン」も実施。「セガがいろんなハードにソフトを出すのは勝手だけど、全部買えないよ〜」って声をちょくちょく聞くので、数は少ないですがD-DIRECTの方でPS2、ゲームキューブ、ゲームボーイアドバンスを3台ずつ買わせていただいて抽選でプレゼントすることにしました。他にセガのソフトやQuoカードや品薄のDC本体も用意しているので、ぜひぜひみなさん、ご応募ください!

それにしても。
クリスマスって季節になってきましたねぇ……。

VF4の予約特典!
予約特典のキャラクターカード。真面目な作りです!
※実物は多少デザインが異なることがあります。


2001/11/29(木)
忘年会シーズンですね
さて。

いよいよやってきました忘年会シーズン。……とはいっても、最近は、毎晩人と会って食べたり飲んだり話したり交渉したり企画したりって生活に馴染んじゃってるんで、別に普段と変わんないか(笑)。

そんな風に思ってたんですが、やっぱこの12月も相当スゴイことになりそうです。でも、たまにしか会えない人と会うのは楽しいことだし、うん。

お酒を良く飲む方に毎日のウコンと、肝臓を守るヘパリーゼと、二日酔いを防ぐハイチオールCの3種の神器でこの「忘年会シーズン」を乗り切ろう!(全部飲んでも大丈夫なのかな?)

あ。飲んでも遅刻はダメだよ(笑)。


2001/11/30(金)
My映画ベスト10
i-mode版「セガスタ」ってのをやってます。なぜなら、PCやDCでネットをやることはないけど、i-modeで手軽なインターネットを楽しんでいるという方は結構たくさんおられるからです。

さて、i-mode版「セガスタ」(http://sega.jp/i/segasuta/)では、このセガスタ日誌の内容の他に、個人でやっている「takezaki.net」内のコンテンツからも"携帯電話で見れそうなサイズのもの"をちょくちょく移植してきたのですが、この夏以降は「セガ公式サイト」「D-DIRECT」「takezaki.net」を次々リニューアルするのに手をとられたため、しばらく全然(日記以外は)更新してませんでした。

で、みなさんから「『映画の話』はどうなったの?」とかいろいろと突っ込まれてずっと苦しんできたのですが(笑)、先日「12/1公開!」と宣言して自分を追い込み、ここ1週間かけて『My映画ベスト10』ってのを作り終えました。ふう。

これで一応公約(?)を果たせてホッとしているのですが、コンテンツってどんどん足していかねばならないものだから、また次なる企画を考えなければ!

ホームページ運営って、ホントに忙しいものですね〜(笑)。





SEGAホーム検索サイトマップお問合わせ

shiromuku(fs)DIARY version 1.03