八ヶ岳立場川本谷遡行オフ山行報告


(08年8月3日)


<08'8.3 歩行記録>

舟山十字路(5:10)〜旭小屋(5:50-55)〜第1・第2堰堤(6:20)〜第3堰堤(6:45)〜最初のゴルジュ入口(7:30)〜
洞窟潜りの難所(7:45)〜ガマ滝沢出合(8:55)〜暗峡入口(9:25-40)〜暗峡上(10:20-30)〜2俣(11:15)〜水汲み地点(11:40-50)〜
稜線(12:50-13:05)〜阿弥陀岳(13:30-14:10)〜尾根上分岐点(15:35)〜2俣(16:25)〜林道終点(16:35)〜舟山十字路(17:10)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 今日は八ヶ岳の沢デビューとなりました。 出かけたのは八ヶ岳で最も長い立場川本谷です。 とりあえず谷を囲む周囲の尾根はひと通り歩いていましたので、下降ルート等には全く問題がなく安心して入渓しましたが、立場川は予想以上に手強く難儀でした。 それでも特徴ある渓相や源流部の草原等、素晴らしい沢旅を満喫することができました。

------------------------------------------------------------

 おなじみのサコンさん、Yさん、そしてタケさんと恒例となった早朝の舟山十字路で合流し、旭小屋経由で立場川本谷へと向かいます。 旭小屋から先もしばらくは林道が続いていましたのでそれを使って登りました。 林道が終わった地点から適当に谷に入りますが、最初はごく普通の河原歩きが続きます。 やがて前方に2つ続いた堰堤が見えてきましたが、ここは左岸にロープが設置された巻き道があったので、それを辿って上に出ました。
 さらに25分くらい歩くと再び堰堤がありましたが、ここも左岸の巻き道を使って越えると、立場川は少し谷らしくなってきます。 小さいな滝をいくつか越えて登っていくと、やがて左岸に朽ちかけたハシゴがかかったゴルジュの入口に到着です。

最初のゴルジュ入口
最初のゴルジュ入口
oooooo 前半戦の渓相
前半戦の渓相
oooooo 洞窟潜りの難所
洞窟潜りの難所

 ゴルジュは左岸の朽ちかけた梯子をだましだまし登って巻きます。 ガイドでは30分の高巻きとありましたが、実際には最初の淵を巻いただけですぐに谷に下降しました。 その後しばらくは特に難しい所もなく、八ヶ岳特有の渓相を楽しみながら歩いていきます。 やがて前方に大岩が谷をせき止めるように転がっている場所に到着。 別に滝があるわけでもないから簡単に突破できると思いきや、よく調べてみると巻き道も直登ルートも全て閉ざされていました。
 こりゃ困ったとばかりに右岸に口を開けていた洞窟を覗いてみると情報に小窓ほどの小さな抜け穴があることが判明。 ルートはここしか無さそうなので、体が抜けるか不安を感じながらも空身で潜り抜けにチャレンジ。 岩に何度か引っかかりながらも何とか抜け出ることに成功しました。 上からロープでザックを吊り上げ、皆さんにも空身で登って頂き潜り抜けが完了しました。 予想外の難所でした。

4m滝
4m滝
oooooo 3m滝
3m滝
oooooo ガマ滝沢出合
ガマ滝沢出合

 洞窟潜り抜けの難所を抜けると綺麗な4m滝、3m滝がありますが、どちらも簡単に越えていきます。 支流であるノロシバ沢の出合は確認することができず、どんどん登っていくと特徴あるガマ滝沢の出合に到着。 ここは名前の如く、ガマに似た大岩に谷がせき止められて滝となっていました。
 さらに進むとすぐにガイドにも載っている綺麗なナメ滝が現れ、流心を楽しみながら登っていきます。 そしてその後は右岸に大きな岩小屋があり、その先では右岸に特徴ある岩壁が現れました。 恐らく青ナギの真下と思われます。 こんな風景を楽しみながら登っていくと再び谷が狭まって滝場が現れました。 暗峡の手前にあるこの滝場は腰まで水に浸かりながら突っ張りで淵を這い上がって越えました。 ここを抜けるといよいよ立場川最大の見所となる暗峡のゴルジュに到着です。

きれいなナメ滝
きれいなナメ滝
oooooo 大きな岩小屋
大きな岩小屋
oooooo 暗峡手前の滝場
暗峡手前の滝場

 暗峡は名前の如く両岸が極端に狭まったゴルジュです。 特に左岸の岩壁が谷に覆いかぶさるようにせり出しているので、その下は洞窟の中のように暗闇となっています。 最後は手がかりもない4mほどの滝に行く手を遮られて先には進めません。 大自然が造り出した芸術品を十分に楽しんだ後、暗峡の手前まで戻って右岸のルンゼから高巻きを開始しました。
 ルンゼは最初から急登ですが、適当な手がかりを探しながら登っていきます。 しかしルンゼ登りは最初の少しだけで、後は右手の樹林帯に入ってかなりの高さまで登ります。 ちょっと登りすぎかなと思うくらいの地点でトラバース気味の踏み跡を発見。 これをしばらく辿ると暗峡上部の河原が見える所まで来ました。 潅木を頼りに下れるところまで下降しますが、最後の10mほどは懸垂下降となりました。

暗峡出口の滝
暗峡出口の滝
oooooo 昼なお真っ暗な暗峡
昼なお真っ暗な暗峡
oooooo 暗峡を高巻くルンゼ
暗峡を高巻くルンゼ

 暗峡を抜ければもう難しい所はありません。 沢も明るく開けて快適なナメが多くなったと共に、両岸には綺麗な花も咲き出して楽しみが倍増します。 しばらくすると5mほどの綺麗な滝が現れましたが、ここも左岸から簡単に越えられました。 滝上はさらに沢が開け、2俣を過ぎると沢の周りは草原状となり、綺麗な流れの両岸はお花畑、そして前方には目指す阿弥陀岳や赤岳の山々の素晴らしいパノラマが拡がっていました。 ここまで来ると苦労して登ってきた甲斐があったなあと思うのでした。

花(1)
花(1)
oooooo 5m滝
5m滝
oooooo 花(2)
花(2)

草原状の源頭部(1)
草原状の源頭部(1)
oooooo 草原状の源頭部(2)
草原状の源頭部(2)
oooooo 草原状の源頭部(3)
草原状の源頭部(3)

 2俣からは顕著な分岐が2つありましたが、いずれも右の流れへと進みます。 水量も減ってきたところで水汲みをし、さらに登ると次第に傾斜が増して歩きづらくなってきました。 とにかく最後まで沢形に従って僅かな踏み跡を拾って登っていきます。 足元には綺麗な花がたくさん咲いていましたが、さすがに撮影する余裕は無くなっていました。 しばらく登ると稜線を歩く登山者の姿や話声が聞こえてきました。 もうすぐだなと思いきや、なんといきなりハイマツの海に突入。 距離も高低差もわずかな区間ではありましたが、ここの突破は想像以上の体力を消耗させられました。 稜線の登山道に出た時はもうみんなヘロヘロだったです。

あと少し....!
あと少し....!
oooooo 阿弥陀岳山頂にて
阿弥陀岳山頂にて
oooooo 中央稜を振り返る
中央稜を振り返る

 稜線でしばらく休憩してから、最後の頑張りで阿弥陀岳まで登ります。 ここの登りが滅茶苦茶にキツかったのは言うまでもありません。 山頂では遅めのランチで大休止。 登ってきた沢を眺めながら満足感に浸る面々だったのでした。
 阿弥陀岳からは一週間前に歩いた中央稜を下ります。 勝手が分かっているだけにここまでくればもう安心。 花を撮影しながらのんびりと舟山十字路まで下っていきました。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)