尾の内沢スズノ沢より天理岳登頂報告


(01年6月24日)


<01'6.24 歩行記録>

尾の内沢吊り橋手前駐車場(5:20)〜井戸沢出合(5:35)〜大滝(5:50-6:00)〜
井戸沢出合(6:10)〜スズノ沢出合(6:30-35)〜2俣(6:55)〜稜線(7:50)〜
天理岳(8:05)〜高圧線鉄塔(9:25)〜尾の内沢吊り橋手前駐車場(9:40)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 梅雨中の憂さ晴らしに尾の内沢スズノ沢からの天理岳登頂にチャレンジしてきた。 最悪でも曇天を期待して行ったのだが、天候はしっかり雨であった。 まあ、その分は水量を増した滝が出迎えてくれたようだ。

------------------------------------------------------------

 尾の内沢吊り橋手前駐車場を5時20分に出発。 天気はあいにくの小雨模様だったが、尾の内沢の水量は豊富であった。 途中の井戸沢もかなりの水量があったので、まずは井戸沢大滝に寄り道してみることにした。 辿り着いた大滝は予想通り、今まで見た中で一番の姿であった。 滝はやっぱりある程度は水量がないとダメなんだなあと実感した。

 大滝観賞後は井戸沢出合まで戻って次はいよいよスズノ沢だ。 ところがスズノ沢出合に辿り着いた頃には雨がいよいよ本降りとなってきた。 どうしようかと迷ったが、時間はたっぷりあるのでとりあえず行ってみることにする。
 スズノ沢は大岩の多い沢だ。 そして沢幅が意外と広い。 2俣までは特に滝らしい滝は無いが、途中に岩にせき止められたような3段の滝があった。 これが山渓版ガイドのF1だろう。 出合から20分程で2俣に到着した。
 左俣は伏流となっており水流は無し。 右俣は水流が続くが今回は左俣に入る。 左俣は傾斜の急なゴーロ沢。 左、左へと登って最後に猛烈な笹藪を抜けたら天理岳北西の肩にあたる稜線に飛び出した。

井戸沢大滝
井戸沢大滝
ooooo スズノ沢
スズノ沢F1

 雨は相変わらず降り続いていて、足早に天理岳山頂まで往復してすぐに下山にかかった。 今回の下山路は中ノ沢中間尾根ではなく本来のルートである鉄塔尾根だ。 この尾根道はやはり中間尾根よりもルート判断は楽で歩きやすい。 ただ、急な泥壁は雨に濡れてツルツルだった。 途中のヤセ尾根通過も緊張する。 歩きやすいとは言ってもやはり一般ルートとはほど遠いのは明らかだ。 今回も途中で2度ほどルートを外れたが、何とか修正して高圧線鉄塔まで辿り着いた時はさすがにほっとした。

------------------------------------------------------------

(山の先頭ページに戻る)  (滝の先頭ページに戻る)