金山沢(右俣)から両神山探訪報告


(98年9月25日)


両神山周辺の沢で一番人気と言われる金山沢(右俣)にチャレンジした。
数日前の雨により水量はちょうど良く、快適な沢登りを楽しむことが出来た。

<98'9.25 歩行記録>

駐車場(5:55)〜稜線(7:55)〜落合橋下降点分岐(8:05-10)〜
両神山(8:15-25)〜落合橋(9:20)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 3時半に家を出て車で目的地に向かう。 落合橋と上落合橋の間にある駐車場に車を止めて身支度をする。 ここには10台程駐車可能であろう。 装備はヘルメットにとりあえず20mザイルを1本持った。 靴は最初から渓流シューズだ。

 落合橋からは沢に降りられそうもなかったので、駐車場の後ろから八丁沢に降りて橋の下をくぐって沢を下ると金山沢右俣の出合に到着。 2m程のナメ滝となっており右側を登る。 続く5mのナメ滝も右を登る。 すぐに2俣となり右側から支沢が多段20m程の滝となって合流してくる。 水量比は3(本流)対2くらいか? その上は綺麗な10mナメ滝30mナメ滝と続いた後、第2の2俣となり、左から10m程のナメ状瀑となって支沢が合流する。  水量比はここも3(本流)対2くらいだ。 2俣から見ると本流は5m程の滝となっている。 ここは次の3m滝と共に右側を登る。 続いて3m、5m、3mの滝が現れるが、それぞれ右、左、右と登っていく。 そしてその後は本沢で最も注意を要する7m程の滝が現れる。 ここは直登は無理で右側から巻くのだが、とても滑りやすいので慎重に巻く。 最後は落口付近をトラバース気味に巻いて終了である。 ここを超えればいよいよ大ナメが登場する。

大ナメ滝
大ナメ滝下部
oooooo 大ナメ滝
大ナメ滝上部

 左手より水量比4(本流)対1の支沢が合流すると、その上は大ナメ滝となる。 大ナメ滝の最下段は傾斜は緩いがスタンスが無く苦労する。 大ナメ滝といっても1つの大きなナメ滝ではなく、いくつかのナメが連続する連瀑帯である。 途中のナメ(その1その2等)はとても綺麗で、中でも最上部に位置するナメ滝は本当に素晴らしい。 ナメの連瀑は右から10m程の滝となって合流する水量比5(本流)対1の支沢合流点付近まで続いている。
 その上、10m程の赤いゴツゴツ状のナメ滝を超えると水流はぐっと少なくなってくる。 途中、左手から入るガレ状沢のすぐ上に本流より水量が多いと思われる沢が左手より注いでいた。 間違えてこちらを登ったら10m程上で湧き水となって沢は無くなっていた。 本流はあくまで真っ直ぐの明るい沢の方である。
 水が殆ど無くなったガレ状の沢をさらに登っていくと、どちらに行くべきか迷う2俣となる。 ここは左にルートを取る。 さらに登るとまた2俣。 ここは中央の小尾根に踏み跡があったのでそれを登る。 ここからは斜面は草付き状となっており、気持ち右手にルートを取りながら登っていくとあっさりと稜線上の立派な登山道に出た。
 両神山方面へ小さなピークを2つ、巻き気味に超えると落合橋への下降点に着く。 両神山山頂へはそこから5分程で到着した。
 山頂からの眺めは相変わらず素晴らしい。 西岳方面大ナゲシ方面の展望を満喫した。
 下りは先程の下降点まで戻り、仕事道を利用して1時間弱で落合橋に戻ることが出来た。

-------------------

 今回は大雨の後で水量が多かったこともあるだろうが、金山沢のナメは素晴らしかった。 それとこの沢の遡行ポイントは何と言っても「フリクション」である。 通常の登山靴ではまず攻略は出来そうもない。 わらじか渓流シューズ等が最低限必要となるだろう。

 

<<<遡行図>>>
 

------------------------------------------------------------

(山の先頭ページに戻る)