葛野川麻生沢より北峰探訪報告


(14年8月15日)


<14'8.15 歩行記録>

杉平入口バス停(5:30)〜鋸尾根分岐(5:40)〜林道終点(5:45)〜入渓点(5:50)〜2段5m滝(6:10)〜取水堰(6:20)〜
右岸支沢?出合(6:30)〜右岸支沢出合5m滝(7:15)〜3m滝(7:25)〜2俣(7:45-50)〜奥2俣(8:10)〜4m黒滝(8:30)〜
登山道(9:10)〜尾名手峠(9:20-25)〜北峰(9:50-10:10)〜鋸尾根分岐(11:20)〜杉平入口バス停(11:30)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 ここしばらく遠ざかっていた中央沿線の権現山界隈を久しぶりに歩いてみたくなり、真っ先に思いついた北峰を麻生沢を絡めて登ってきました。 麻生沢は特に大きな滝も無く今年の大雪の影響と思われる倒木も多かったですが、途中の取水堰を過ぎてからはゴミひとつなく静かで自然のままの沢歩きを楽しむことができました。

 スタート地点は杉平入口バス停としました。 ネットの記録等を見ると、もう少し下の富岡バス停から沢沿いの山道を利用するルートもあるみたいでしたが、今回は初めての沢でなるべく下部から遡行してみたかったこともあり、杉平入口ルートとした次第です。
 バス停からは鋸尾根への標識に従ってしばらく歩きます。 登山道の入口で地元民家の方が丁寧に登山口を教えてくださいましたが、大変申し訳なく思いつつそのまま真っ直ぐ林道を終点まで進みます。 でも民家から5分と歩くことなく林道は終了となっていました。

 林道終点からは良く踏まれた山道が続いていましたのでそれを利用し、もっとも手前の下降点から沢に降りて遡行を開始します。 早朝の薄暗さの中、滝場も無く時折小さなナメ状の流れが現れる程度の沢を登っていくと、やがて前方にちょっとした滝場が見えてきました。 下段が2m、上段が3mの2段滝です。 これが麻生沢の中で最も大きな滝らしい滝でした。 下段は水流右手を直登、上段は左から斜め直上で抜けられそうでしたが、無理をせず左岸を巻くと、すぐ上には立派な山道が通っていました。 これがおそらく富岡バス停方面からの山道かと思います。

杉平入口
杉平入口
oooooo 2段5m滝
2段5m滝
oooooo 2段5m滝上段
2段5m滝上段

 山道を適当に利用しながらさらに登っていくと、なんと立派な取水堰が現れました。 ここまで何となく沢の中にゴミが目立っていたのですが、この人工物を見て納得した気がします。 実際、この取水堰より上ではゴミは全く見られませんでした。

 さて取水堰から10分ほど登ると右岸より支沢が水量比2:3で流入してきました。 しかしこの支沢は地形図を見ても該当するものがありません。 もしかしてインゼルかなとも思い、注意して歩いてみたのですが、それといった気配もありませんでした。 ちょっぴりミステリアスな右岸支沢?でした。

 その先、渓相も良くなり、岩場にはイワタバコの花がたくさん咲いていて足を止める回数も増えてきます。 しかし沢の中には今年の大雪の影響と思われる倒木が増えてきました。 途中、2条2mくらいの滝がありましたが、ここは完全に倒木で埋まっていました。 この倒木帯は左岸を倒木の切れ目まで上がって巻き気味に通過します。 ちょうど沢に降りようとしたところにはロープが下がっていましたが、特に使う必要もなく沢に戻れました。

取水堰
取水堰
oooooo 右岸支沢?出合
右岸支沢?出合
oooooo 右岸支沢出合5m滝
右岸支沢出合5m滝

 時折現れる倒木を適当にかわしながら先に進んでいくと、またしても不思議な右岸支沢が水量比1対3で5mほどの立派な滝となって流入してきました。 ここも地形図では該当しそうな顕著な沢は見当たらず、何とも不思議な沢でしたが、もし上部まで水流があるようなら、かなりマニアックな沢登りルートとなる可能性が大きいかもです。

 さらに進むと本流には沢幅いっぱいに水を湛えた滝壺を持つ3m斜瀑がきれいな姿で現れます。 この滝も麻生沢の中では2段5m滝とともに見応えのある滝でしょう。 ここは滝壺の浅そうなところを狙って滝に取り付くと、あとは簡単に直登できました。 3m滝を越えると沢は時折イワタバコのはり付いた岩を交えながらも穏やかな流れとなってきます。 やがて前方に大きな特徴あるブナの木が見えてくると水量比2対3の麻生沢の2俣に到着です。

 2俣のブナの木はネットの記録でもかならず登場してくるのでかなり期待していましたが、なかなかどうして期待に十分応えてくれる立派なものでした。 さてこの2俣、尾名手峠に突き上げる左俣もかなり興味深いところではありましたが、今回は初めての沢ということで本流と思える右俣に入ります。 右俣に入ると沢はインゼル状に流れる平流となり、通常の沢ならばゴミのひとつやふたつは落ちていても当然のような雰囲気となりましたが、ここではそれは全く目にすることはなく、いつの間にか水量比2対1の奥の2俣に到着していました。

3m滝
3m滝
oooooo 2俣のブナ
2俣のブナ
oooooo 4m黒滝
4m黒滝

 奥の2俣では、初めて水量の少ない右俣に入ります。 ただ沢名となっている麻生山に突き上げるのは右俣なので、水量は少ないながらも本流はやはり右俣ではないかと思います。 そんな右俣に入っても沢は相変わらず平凡ですが、次第に傾斜が増してくると突然目の前に5mほどの黒い岩の滝が現れました。 水量が少ないので滝らしくはありませんが、麻生沢の中では大きな滝のひとつです。 ここは左岸を巻き気味にスリップに注意しながら越えました。

 黒滝を越えるとやがて水流は無くなり、傾斜もさらに増してきたので一旦右岸の杉林に逃げ、再び沢型に戻ると間もなく前方が岸壁で閉ざされてしまいました。 ここで沢型から離れ、右へ斜上気味にルートを取るといつしか登山道に出ることができました。

尾名手峠
尾名手峠
oooooo 北峰山頂
北峰山頂
oooooo 北峰→富士山
北峰→富士山

 巻き道風の登山道を北峰方面へと向かうと、しばらくして一段上の巻き道に合流し、さらに進むと懐かしい尾名手峠に到着しました。 およそ10年前に訪問した時、朽ちかけてはいたもののかろうじて文字が判読できた道標は、今はもう自然に還りつつある状態でした。 でも峠の雰囲気は以前と全く変わることはありませんでした。

 さて尾名手峠からピークを3つほど越え周囲が急に明るい草原上になると間もなく北峰の山頂に到着です。 ここも尾名手峠同様に久しぶりの訪問でしたが、素晴らしい眺めを含め、基本的には以前と変わることはありませんでした。 ただ特徴的な山頂の松の木の「北峰」のプレートの下に、なぜか大きな鏡がぶら下がっていました。 これはいったい何の意味があるのか、麻生沢の2つの支沢同様、今回の山行の3大?のひとつとなりました。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)