一ノ瀬川中川東谷より唐松尾山探訪報告


(14年8月3日)


<14'8.3 歩行記録>

中川橋(5:30)〜巡視道横断地点(5:50)〜夏焼沢出合(6:05)〜ケルン(6:20)〜御殿沢出合(6:45)〜
奥2俣(7:15)〜登山道(7:40)〜山ノ神土(7:45)〜西御殿岩分岐(8:10)〜唐松尾山(8:30-43)〜夏焼尾根下降点(8:45)〜
登山道(9:20)〜夏焼沢出合(10:15-20)〜巡視道横断地点(10:30)〜中川橋(10:50)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 ここ数日の猛暑の中、涼しさを求めて久しぶりの一ノ瀬川支流中川の東谷を登ってきました。 ですが暑い中、なぜか藪尾根も歩いてみたくなり、ずっと気になっていた唐松尾山からの夏焼尾根を下降してみました。

 唐松尾山から登山道を西へ距離にして約150m、時間にして2〜3分の小さなコル状の地点(萩原山分区55|54の林班界標あり)から夏焼尾根の下降開始です。 ただし最初は尾根型も無く、うっすらした踏み跡もすぐに笹薮に掻き消され、以降は背丈の低そうな笹原を狙って原生林の中をひたすら南方へと下降します。 やがて尾根型が現れ、その上は次第にハッキリとした踏み跡となり、忠実に辿っていくとほぼドンピシャで標識のある中間登山道に出ました。

 中間登山道からの夏焼尾根は踏み跡もさらに明瞭になり、途中では一般道と言っても良いくらいの立派な道になっていました。 しかし下降するにつれ次第に周囲の笹薮の背丈が増してきます。 それでも踏み跡はしっかりしているので見失わないように辿っていくと、沢音がかなり大きくなったあたりでいきなり踏み跡を見失いました。 左手にいくらか明瞭な踏み跡が見えたのでそちらに入りましたが、おそらくこれが失敗だった様で、結局狙いの2俣よりかなり上流の東谷に出てしまいました。

 まあ、最後の最後で狙いは外してしまいましたけど、なかなか楽しい藪尾根だったと思います。(^^v

東谷ナメ(1)
東谷ナメ(1)
oooooo 東谷ナメ(2)
東谷ナメ(2)
oooooo 東谷ナメ(3)
東谷ナメ(3)

山ノ神土
山ノ神土
oooooo 唐松尾山
唐松尾山
oooooo 唐松尾山→笠取方面
唐松尾山→笠取方面

夏焼尾根上部
夏焼尾根上部
oooooo 中間登山道の標識
中間登山道の標識
oooooo 夏焼尾根下部
夏焼尾根下部

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)