奥日光柳沢右俣より錫ヶ岳登頂報告


(13年10月13日)


<13'10.13 歩行記録>

赤沼車庫(5:30)〜(低公害バス)〜西ノ湖入口(5:52)〜柳沢林道終点(6:30)〜赤岩沢出合(6:45-7:05)〜
柳沢2俣(7:40)〜天女滝下(8:15)〜2俣(8:40)〜奥2俣(9:15)〜稜線(10:00)〜錫ヶ岳(10:30-40)〜
稜線下降点(11:05)〜奥2俣(11:25)〜2俣(11:55)〜天女滝下(12:20)〜柳沢2俣(12:50)〜
赤岩沢出合(13:25)〜林道終点(13:40)〜西ノ湖入口(14:14)〜(低公害バス)〜赤沼車庫(14:40)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 奥日光の錫ヶ岳、この山は存在感がありずっと登ってみたかった山でしたが、山深くアプローチも大変なので未踏のままでした。 ところが最近、山仲間よりこの山の沢ルートの話を聞き、これなら日帰りでも何とかなりそうかなとチャレンジしてみることにしました。 柳沢については過去2回、天女滝までは行ったことがあり、いつかこの滝の上も散策してみたいなあと思っていたのでちょうど良い機会となりました。

赤岩ノ滝
赤岩ノ滝
oooooo 柳沢2俣
柳沢2俣
oooooo 第1幅広滝
第1幅広滝

 まずは赤沼車庫から千手ヶ浜行きの早朝一番バス(5:30発)で西ノ湖入口に向かいます。 実は小田代原行きのバスは4時30分から出ていたのですが、驚いたことにこのバスは超満員で出発していました。 駐車場も朝の3時くらいには満車となっていて、やはり秋の3連休の奥日光は恐ろしいなあと実感しました。 しかしこのバスの早朝の乗客の殆どは小田代原でシャッターチャンスを狙うカメラマンだったので、5時半発の千手ヶ浜行はさほど混雑はしなかったのでラッキーでした。 ちなみにこのバスは乗車区間に関係なく一律300円です。

 西ノ湖入口バス停からは懐かしい柳沢林道を歩きます。 この林道も西ノ湖分岐を過ぎれば赤沼での喧噪が嘘だったように静寂の世界となりました。 聞こえてくるのは沢のせせらぎと風の音、そしてたまに遠くでかん高く鳴く鹿の声くらいで、本当に贅沢な世界を楽しみながら歩きます。 いつしか林道終点を過ぎ、そこそこ整備された山道をさらに歩くとまもなく赤岩の滝に到着しました。

 久しぶりの赤岩の滝は相変わらず見事でした。 ただ滝壺への道は一部崩壊していたので要注意です。 そう言えば滝を見物して赤岩沢出合に戻った時、テント泊のハイカーさんに出会いました。 こんなところでテン泊するのも良いもんだなあと思いました。(^^v

第2幅広滝
第2幅広滝
oooooo 支沢の滝
支沢の滝
oooooo 黒岩滝
黒岩滝

 赤岩沢の出合から2俣までは小滝はそこそこ多いものの特に困難な箇所もなく快適に遡行していきます。 これより先、天女滝までは2004年の記録を参考にして下さい。 当時と大きく変わったところは無かったと思います。

 さて天女滝は第1幅広滝、第2幅広滝と同じように水線右側をブッシュを適当に利用しながら登ります。 この滝の落ち口はとても眺めが良く小休憩には最適な場所となっていました。 この天女滝から先は未体験ゾーンとなるわけですが、実際に登ってみると沢にはもう滝と呼べるものも無くなり、水量も次第に減ってきました。 ところが標高1930m付近でなんと予想外の2俣が現れました。

 この2俣、左俣の方が沢床が低いけど、右俣の方がはるかに水量が多くとても悩ましい2俣でした。 ただ地形図では左俣が本流と思われたので左俣へと進みましたが、この選択は誤りだったと後で理解することになりました。
 実はこの沢はとても不思議な沢で、標高1930m付近で2俣となって別れた沢が標高2010m付近に広がる平地で再び肩を並べて流れていたのです。 沢が完全に一緒になっているわけではなかったですが、間違って入ってしまった左俣の方向が西へと変わってその間違いに気づいた時、笹薮を挟んだすぐ右側に本流の流れがあるのがすぐに判り、再び本流に戻ることができたという次第でした。

天女滝1
天女滝1
oooooo 天女滝2
天女滝2
oooooo 天女滝3
天女滝3

 沢の水流は左俣、右俣ともに標高2010m付近の平地手前で消えてしまいますが、沢の形状は変わらずずっと続いていました。 従って平地から先は地形図を読みながら特に迷うことなく進んでいきます。 沢は地形図通りに次第に西へと向きを変えていき、標高2100m付近で再びわずかながら水流が現れると最後の2俣となりました。

 ここから先が本ルートでは最も重要な部分かもしれません。 方向を頼りに沢型を詰め、標高2230m付近の稜線上の鞍部を目指しましたが、途中から猛烈な藪に突入してしまいました。 これをなんとか抜けて稜線に出ると、そこは鞍部より少し北側でした。 やはりどこかでルーファンに失敗していた様です。 ちなみに帰りは鞍部から東にまっすぐ下降したら、藪漕ぎは最初のわずかのみで沢に降りることができました。

山頂→中禅寺湖方面
山頂→中禅寺湖方面
oooooo 山頂にて
山頂にて
oooooo 秘峰 錫ヶ岳山頂
秘峰 錫ヶ岳山頂

 さて稜線に出たら、あとは錫ヶ岳山頂を目指すのみです。 稜線上の山道は予想していたほど明瞭ではなかったですが、ところどころにマーキングがあって、それらを頼りに進みます。 山頂手前の笹薮の急登は沢靴では滑って大変でしたが、それを乗り切ると稜線上の森の中に突然不思議な池が現れ、そこからさらにわずかな登りで錫ヶ岳山頂に到着しました。 山頂からの男体山と中禅寺湖方面の眺めは、ここまでの苦労を吹き飛ばしてくれるような素晴らしさだったです。(^^v

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)