一ノ瀬川本谷より笠取山探訪報告


(12年8月11日)


<12'8.11 歩行記録>

作場平(5:15)〜遡行開始点(5:30)〜巡視道(6:05)〜スモウトリ沢出合(6:40)〜黒槐沢出合2俣(6:55)〜
ウタノ沢出合(7:25)〜下部登山道(7:30)〜上部登山道・水干(7:45)〜笠取山中央峰(8:05)〜笠取山西峰(8:10)〜
小さな分水嶺(8:25)〜笠取小屋(8:35)〜ヤブ沢峠(8:45)〜鳥小屋(9:15)〜途中分岐(9:30)〜作場平(10:00)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 身近な存在でありながら、何故か今まで訪れる機会が無かった一ノ瀬川本谷(....と言うより多摩川源流)を登ってきました。 ここは水量は豊富で傾斜は緩くナメは綺麗で悪場も無しのマッタリ沢! 暑い夏に涼みにいくには最適の沢でした。

 作場平からの登山道をしばらく辿ると一ノ瀬川本流を渡りますが、遡行はここからスタート。 しばらくは平凡だけど綺麗な流れが続きます。 右岸より水量比5対1の琴平沢、左岸より水量比10対1の支沢を分け、さらに進むと綺麗なナメが現れました。 気持ち良く登っていくと落差1.5mほどの滝があり、その少し上で巡視道が横切っていました。

 巡視道を越えるとすぐに左岸より水量比5対1でカジカ沢が分かれ、さらに登るとちょっとした巨石帯となり、その上は開けたインゼル状の流れとなりますが、やがて前方にやっと滝らしい滝が見えてきます。 落差は3mほどの2条滝ですが、大きな滝の無いこの沢の中ではちょっと見応えのある滝かもしれません。 そしてこの滝を越えると美しいナメ帯。 200mくらいに渡って綺麗なナメが続く素晴らしいところです。

巡視道手前のナメ
巡視道手前のナメ
oooooo 水干沢の3m2条滝
水干沢の3m2条滝
oooooo 水干沢のナメ
水干沢のナメ

 ナメ帯が終わると右岸よりスモウトリ沢が水量比4対1で合流し、さらに登ると黒槐沢の出合となる2俣に到着です。 2俣にはちょうどテント一張分くらいの良い感じの平地がありました。 さて本流となる左の水干沢は2条の流れのナメで始まりますが、登っていくとナメはずっと続いており、ナメの終点はなかなか立派な3m2条滝となっています。 これを越えるとすぐにまた3m2条滝が現れ、この滝上で左岸からシラベ沢が水量比4対1で合流していました。

 その上もまたナメが続き、小さなナメの上に100mくらい続くナメがあり、左岸から支沢を入れるとさらにナメが続きます。 ナメはウタノ沢出合まで断続的に続いていました。 ウタノ沢は水量比1対1で右岸より流入しますが、本流より傾斜が急で沢床も高いため間違えることは無さそうでした。 ウタノ沢出合を過ぎると両岸から笹が覆いかぶさってきますが、水流を忠実に辿れば藪コギは特に必要なしで下部登山道に這い上がりました。

 登山道を横切ってさらに沢を登っていきます。 すぐにナメが始まり、その上で水量比1対1の2俣。 ここはナメ状の4m滝となっている左俣を登ります。 滝は左岸から巻き気味に越えました。 滝を越えると沢はさらに藪っぽくなりますので、流れを忠実に辿っていきます。 しかし水流は急激に減少し、ちょっとした広場のようなところで水は無くなりますが、ここは水干のすぐ下で遊歩道も降りてきているので遡行はここで終了となります。

笠取山西峰
笠取山西峰
oooooo マルバタケブキの草原
マルバタケブキの草原
oooooo 笠取小屋
笠取小屋

 遡行終了後は笠取山まで足を延ばします。 世間はお盆休みで人気のある笠取山は混雑しているかなと思いましたが、今日の山頂は予想外で貸切でした。 天気は今ひとつではありましたが、眺めはなかなか良かったです。
 西峰の山頂から笠取小屋方面へと下降し、マルバタケブキだけが異様にたくさん咲いて鹿食害の深刻さを物語る草原を突っ切って進みます。 小さな分水嶺を越え、さらに下って辿り着いた笠取小屋にも人は誰も居ませんでしたが、綺麗なバイオトイレが設置されていました。

 笠取小屋からヤブ沢峠へと進むと、途中で数名のハイカーとすれ違いましたが、これが今日出会った最初で最後のハイカーでした。 この後はヤブ沢峠から鳥小屋まで足を延ばし、未踏で気になっていた巡視道をわざわざ下って作場平に戻りました。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)