東黒沢&ナルミズ沢より朝日岳探訪報告


(10年10月17〜18日)


<10'10.17 歩行記録>

土合橋駐車場(5:45)〜白毛門沢出合(6:35)〜第一2俣(7:20)〜第二2俣(7:45)〜第三2俣(8:10)〜
第四2俣(9:40)〜稜線鞍部(10:25-35)〜広河原(11:10)〜大石沢出合(11:55)〜魚止め滝(12:45)〜
2俣(13:15)〜草原下(14:00-05)〜稜線(14:20)〜ジャンクションピーク(15:40)

<10'10.18 歩行記録>

ジャンクションピーク(5:40)〜朝日岳(5:50)〜笠ヶ岳(7:05-25)〜白毛門(8:10-20)〜
松ノ木沢の頭(9:00)〜土合橋駐車場(10:25)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 会社の平日休日を利用して03年9月以来の沢ルートを歩いてきました。 東黒沢は今回で3度目であり、ルートは知り尽くしていたハズでしたが、何と途中で大チョンボをやらかしてしまいました。 歩行記録を見て頂ければ分かると思いますが、第三2俣から第四2俣まで普通は10分もかからないのに、今回は1時間半も費やしています。 これは何故かと言いますと、事もあろうに第三2俣手前のインゼル(分流)を第三2俣と勘違いし、そこでひとつカウントがずれたために本来は第四2俣を右に行くべきところを、第三2俣の支沢を登ってしまったという訳なのでした。

 今までと雰囲気が違うのは間もなく気付いたのですが、まさか沢を1本間違えているとは思いもしなかったので、適当に登れば稜線の鞍部には出るだろうとひたすら登ってしまいました。 実は途中まで人の足跡があったり、かなり上部にテープが付いていたりしたのも誤りの元でした。 完全な間違いだと分かったのは眺めの良い尾根に出た時です。 周囲の山々と比べると目指す鞍部は極端に標高が低いため良く目立つのですが、その鞍部がはるか先に見えていたのです。
 感覚的に標高では鞍部と同じくらいまで登っていましたので、そのまま尾根伝いに行くのが一番近かったのですが、ここは奥多摩ではなくて上越の山です。 踏み跡の無い尾根は歩きようも無いので、しかたなく本流の振り出しに戻ることにしました。 幸運にもショートカットの支沢に入り込めて最短ルートで第四2俣に辿り着くことができましたが、この1時間半に及ぶ格闘で時間もパワーも大幅に浪費してしまったた事は言うまでもありません。

 思い起こせばカウントミスの直前、滑でステッキを落として流されるというハプニングもありました。 ステッキはかなり流されたあとで深みに沈んでいたのですが、これがなかなか発見できず焦りました。 もしかしたらこんな事が冷静な判断を奪ってしまったのかもしれません。 その後、稜線鞍部直前でも小さなルートミスもしており、今回の東黒沢遡行は完全に敗北でした。

(東黒沢)

ハナゲの滝
ハナゲの滝
oooooo 白毛門沢出合
白毛門沢出合
oooooo 10m2段ナメ状滝
10m2段ナメ状滝

珍しいスライド滝
珍しいスライド滝
oooooo 第二2俣の出合
第二2俣の出合
oooooo 20m2段ナメ状滝
20m2段ナメ状滝

 いろいろあってナルミズ沢の広河原に辿り着いた時はかなりヘロヘロでしたが、時間も無いので大石沢出合へと急ぎます。 そして大石沢出合には12時ちょい前に到着。 本日の終着点を朝日岳とすれば、疲労度と時間からはナルミズ源頭経由は有り得ない状況ではありましたが、テントはあるし途中のビバークポイントはそれなりに熟知しているので予定通りにナルミズ沢遡行を開始します。

 ナルミズ沢は相変わらず紅葉が綺麗で疲れをかなり癒してくれた気がしました。 気になっていた3m幅広滝は今回初めて右岸を巻いてみましたが、右岸から入る支沢を少し登ってから落ち口を狙ったら意外と簡単に攻略できました。 そしていつもは左岸上部を微妙にへつって下降で苦労していた瀞場も今回は初めて水中歩行で突破。 最深部でも膝上10センチくらいで意外と簡単に通過する事ができました。 この2ヶ所をあっさり通過できたことは、その後の行程に大きく影響したと思います。

 天気は快晴とは言えませんでしたが、源頭の草原ではいつもの眺めを楽しめたし、稜線からジャンクションピークまでの笹薮ルートも思った以上に体が動いてくれたので、予想より早くテン泊ポイントに到着できたのはラッキーでした。

(ナルミズ沢)

ナルミズ沢紅葉(1)
ナルミズ沢紅葉(1)
oooooo ナルミズ沢紅葉(2)
ナルミズ沢紅葉(2)
oooooo 魚止め滝
魚止め滝

ナルミズ沢紅葉(3)
ナルミズ沢紅葉(3)
oooooo 源頭草原
源頭草原
oooooo 沢人ロード
沢人ロード

 夕食を済ませてウトウトしていると、21時くらいから雨が降り出しました。 その後、日付が変わって3時くらいまでは断続的に雨が降り、こりゃ今日の尾根歩きはダメかなとふて寝していましたが、5時に起きて外に這い出てみたら何と星が見えていました。 外は手がすぐにかじかんでしまうくらいの寒さでしたが、急いでテントを片付け、出発の準備をします。

 朝日岳山頂ではまだガスが残って展望は得られませんでしたが、その後は素晴らしい眺めに恵まれました。 特に随処で見えた谷川岳の眺めが最高でした。 周囲の山々の紅葉もちょうど良い感じで、土合橋までの道のりは長かったけど気分はとても良かったです。

(朝日岳〜土合橋)

朝日の朝日岳
朝日の朝日岳
oooooo 笠ヶ岳と谷川岳(1)
笠ヶ岳と谷川岳(1)
oooooo 笠ヶ岳と谷川岳(2)
笠ヶ岳と谷川岳(2)

笠ヶ岳山頂
笠ヶ岳山頂
oooooo 白毛門山頂
白毛門山頂
oooooo ジジ岩とババ岩の紅葉
ジジ岩とババ岩の紅葉

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)