奥秩父東沢より甲武信岳登頂報告


(08年6月15日)


<08'6.15 歩行記録>

西沢入口駐車場(4:00)〜出合の吊橋(4:25)〜ホラの貝入口(5:00)〜山ノ神(5:20)〜乙女の滝(5:45)〜東のナメ沢(6:00)〜
西のナメ沢(6:25)〜釜の沢出合(6:50)〜曲がり滝下(7:20)〜両門の滝(7:35-45)〜ヤゲンの滝(7:55)〜6m滝(8:00)〜
ミズシ沢出合(9:25)〜木賊沢出合(10:10)〜ポンプ小屋(10:40)〜甲武信小屋(10:50)〜甲武信岳(11:05-30)〜
木賊山(11:55-12:00)〜戸渡尾根分岐(12:05)〜ふたつコブ(13:15)〜林道(14:25)〜駐車場(14:45)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 仕事が忙しくて体調管理が今ひとつの状態でしたが、お目当ての花を見る最後のチャンスだったので恒例の東沢にでかけてきました。 個人的には今回で10度目の東沢で、甲武信岳まで行くのも今回で7度目でしたが、天気も今ひとつでさすがに今回は疲れました。 所要時間も前回に比べて2時間弱多く費やしましたけど、お目当ての花の綺麗な姿だけはしっかり見て来られたので良かったとは思います。 東沢は昨年の台風の影響でかなり荒れてしまった気がしましたが、それでもやはり何度訪れても素晴らしい沢だと思います。(^^v

 なお、遡行の詳細は9年前の記録ですがこちらを参照下さい。 当時と違っていた部分は以下の通りです。

  ・ホラの貝の入口付近は土砂でかなり埋まってしまった。
  ・山道が河原に降りる手前(鷹見岩窪出合手前)には山ノ神の祠がある。
  ・山ノ神の手前の山道にトラバースの危なっかしい場所が2箇所ある。
  ・東のナメは台風で斜面の樹木がそぎ落とされて見通しが良くなった。
  ・千畳ナメ上の4段滝は水流沿い左側を木の根につかまりながら通過。
   ただし上から2段目はフリクションが効かないと登れない。
    (今回はザイル使用で巻いたが、支点の木が折れていたので今後は要注意!)
  ・ヤゲンの滝の巻き道はだいぶ細くなったが、上部にしっかりした踏跡ができている。
   ただし落口の処理は慎重に!
  ・ヤゲン上6m滝には右岸に良く踏まれた巻き道あり。
  ・ミズシ沢出合手前40m4段ナメ滝最上段は左側を簡単に直登。
  ・木賊沢出合手前のナメは手がかりは豊富で右側直登。 左岸に大崩壊地あり。
  ・木賊沢を横切る手前部分はスリップしたらアウトなので要注意!

両門の滝
両門の滝
oooooo キバナコマノツメ
キバナコマノツメ
oooooo クモイコザクラ
クモイコザクラ

甲武信小屋
甲武信小屋
oooooo バイカオウレン
バイカオウレン
oooooo シャクナゲ
シャクナゲ

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)