川苔谷逆川より川苔山登頂報告


(06年9月23日)


<06'9.23 歩行記録>

川乗橋(6:40)〜聖滝上(7:05-15)〜逆川出合(7:20)〜ゴルジュ上(8:25)〜大岩(8:45)〜大ダワ沢出合(8:50)〜
大滝下(9:25-30)〜2俣(9:50)〜舟井戸(10:35)〜川苔山(10:55-11:15)〜大根山の神(12:25)〜鳩ノ巣駅(12:55)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 何と25年ぶりに川苔谷の逆川を遡行してみました。 本日は珍しく電車とバスを利用します。 鳩ノ巣駅下の駐車場に車を停め、鳩ノ巣駅から電車で奥多摩駅へと移動。 さらにバスで川乗橋まで乗車します。 バスの乗客は私1人だけでした。
 川乗林道は一般車通行止めとのことですが、入口ゲートを閉まっていても鍵は掛けられていないので、乗り入れようと思えばゲートを開けて入って行ける様でした。 一般車かどうかは分かりませんが、実際に川乗橋から逆川出合下降地点まで2台の車に追い抜かれました。

11m2段滝
11m2段滝
ooooo 核心部入口の滝
核心部入口の滝
ooooo 核心部中の滝
核心部中の滝
ooooo 核心部最後の滝
核心部最後の滝

 久々の川苔林道をブラブラと歩き、慰霊碑のある川苔鍾乳洞の上部、林道のカーブミラーのわずか先より川苔谷へと下降します。 下降地点は聖滝上部の落口ですが、ここで渓流シューズに履き替え遡行開始です。 川苔谷本流の小滝の落口を慎重に対岸に渡り、上流に向かって適当に遡行すると5分ほどで逆川の出合に到着しました。

 出合からしばらくは小滝が連続しますが、意外と手がかりが無い箇所が多く、いきなり膝上まで水に浸かってしまいました。 でも水はまだそれほど冷たくはなく気持ち良かったです。 出合から11m2段滝までは左岸上部の踏み跡を使えばもっと楽に通過できたかなと思いました。
 11m2段滝は相変わらず立派な滝でしたが、今日は曇天で周囲が暗く、上手い具合に写真が撮れなかったのが残念でした。 ここは左岸のガレ状の岩場を適当に登ってから高巻きの踏跡を利用します。 高度感がありますので要注意です。
 11m2段滝上部は小滝やナメがいくつかありますが特に問題もなく進んでいくと、やがて前方に右岸から流入する支沢が滝となって落下しているのが見えてきました。 本流には3mほどの滝が掛かり、その先はゴルジュ状になっていますが、ここが逆川の核心部と言われる所です。

 核心部最初の3m滝は右岸を小さく巻いて越えます。 次に現れる幅広の滝は右側の流木まで辿り着ければ登れそうでしたが、そこまでの滝壺が深くて無理。 ここも右岸を高巻いて越えると核心部最後の4m滝前に出ました。 ゴルジュ内ですが、この滝前はちょっと開けた感じでした。 この滝は右岸をさらに大きく高巻いて越えます。 この核心部には全てを大きく高巻く踏み跡があるようで、上部でハッキリした踏み跡に合流しました。

大岩
大岩
ooooo きれいなナメ滝
きれいなナメ滝
ooooo 大ダワ沢出合の滝
大ダワ沢出合の滝
ooooo 7mトイ状滝
7mトイ状滝

 核心部を抜けると渓相も穏やかになり、いくつかの小滝やナメを快適に越えていくと、途中に谷を渡る桟道がありました。 25年前は無かったものですが、どこから続いているのかは謎の道です。 さらに進むとやがて前方に谷の真ん中に居座るような大きな岩が見えてきました。 ここで左岸より水量比2対1で支沢が流入してきます。 その先も大ダワ沢出合まで小滝やきれいなナメ滝等が現れ楽しい沢歩きが続きました。

 左岸から5m程の滝となって流入する大ダワ沢出合で一息入れて先へと進むと、本流には小滝やナメが再び現れるようになります。 この先いくつも滝が現れますが、大きく高巻くのはウスバ林道下の大滝と右俣最後の20m2段滝だけで、それ以外は直登か水流のすぐ近くを巻き気味に登っていけるので、しばらくは楽しい沢登りを満喫することができます。 7mのトイ状滝とその上の5m滝をそんな感じで小さく巻き気味に越えると前方に大滝の姿が見えるようになりました。

 水量が多く立派さを増した大滝をしばらく観賞後、右岸の巻き道を登ってウスバ林道に出ます。 ここで突然ですが、かなり近い所で3発分の銃声が聞こえてきました。 きっと鹿狩りでもしているのだと思いますが、驚いたのはその後ウスバ林道上部から凄い勢いで猟犬が駆け下りてきたことです。 突然怪しげな人間に出くわし相手もかなりビビッたかもしれませんが、こいつは遠巻きにしばらく様子を伺うようについてきました。 ハンターに追いかけられるのは嫌だから、おかげでその後しばらくは猛ダッシュの沢登りとなってしまいました。

端正な5m滝
端正な5m滝
ooooo ウスバ林道下の大滝
ウスバ林道下の大滝
ooooo きれいな5m滝
きれいな5m滝
ooooo 右俣2段20m滝
右俣2段20m滝

 前方にきれいな5m滝が見えてくると、猟犬の気配も無くなったのでゆっくり滝を観賞します。 昔の写真を見ると、この滝は周囲が開けて明るい感じでしたが、さすがに25年の歳月は長かった様で現在は木々に覆われた滝となっていました。 でも滝そのものの素晴らしさは現在も変わってはいませんでした。 この滝を越えれば2俣も間もなくとなります。

 2俣は左俣の方が水量が多く沢床も低いので間違えそうになりましたが、左俣奥には大きな滝が見えたのですぐに戻って右俣へと入りました。 2俣からは見えませんが、右俣にもすぐに2段20mの大滝が現れます。 今日は水量も多くてとても立派な滝に変身していた様でした。
 この滝はまず右岸より下段を小さめに巻きます。 そうすると上段の滝壺に降り立つことができました。 滝壺から上段を見上げるように観賞後、巻き道を少し戻ってさらに大きく右岸を高巻きます。 かなりの急斜面ですが、手がかりはあるので慎重に登っていきます。 滝の落口くらいの高さまで登ってから大岩の下をトラバース気味に進むとあっさりと滝上に出ることができました。

 大滝上部はもう滝といったものはありません。 流れも次第に細くなり減流域の様相が強くなってきます。 谷底に貯まった落ち葉を踏みしめながら登っていくとやがて右手の尾根が急接近してきました。 尾根に這い上がればそこには立派な登山道があり、わずかに戻ったところには舟井戸の標識がありました。

oooooo 川苔山->雲取山方面
川苔山->雲取山方面
oooooo

 とりあえず渓流シューズのまま川苔山へと向かいます。 怪しげだった天気も回復し、山頂に到着した時には薄日も差してくるようになりました。 さすがに富士山は見ることができませんでしたが、雲取山方面は良い眺めを楽しむことができました。
 さて山頂からは立派な登山道を鳩ノ巣駅まで下るだけです。 途中、大根山の神で一息入れて、さらに下るとお彼岸の季節ということもあって、鳩ノ巣の里が近づくにつれて線香の香りが漂ってきました。 何だか幼少の頃、奥多摩の田舎で遊んでいた時代をふと思い出しました。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)