白絹の滝 奥鬼怒深沢オフ報告


(05年9月24日)


<05'9.24 歩行記録>

深沢出合(7:00)〜2俣(8:20)〜白絹の滝(第2大滝)(10:00-11:30)〜第1大滝(12:15-50)〜2俣(13:45)〜深沢出合(15:15)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 本日は雪田爺さん主催の「白絹の滝と深沢オフ」に参加してきました。 目的はこの沢の奥地にある白絹の滝(第2大滝)とその下にある第1大滝の観賞です。 参加者は雪田爺さん、渡辺さん、あっきーさん、すぱ様、なんちゃん、abeさん、私の7名。 実は台風が接近中で天気予報もいまいちという状況での決行となり、期待通り(?)に途中から雨となってしまいましたが、そんな条件の中で辿り着いた2つの大滝は、幻想的な雰囲気も加わって素晴らしい姿を見せてくれました。

-----------------------------------------------

 最近、待合せ場所の定番となった埼玉県の花園道の駅でabeさんと3時に待合せ、そこから早朝の下道をひたすら走って日光方面へと向かいます。 国道122号を利用しましたが、早朝ということもあって予想以上に順調に距離を稼げましたので、栗山村には予定よりかなり早く到着してしまいました。 帰りに寄ったお蕎麦屋さん「瀬戸合峡」で休憩しているとなんちゃん号が到着。 ここから集合場所までは車で1分もかからないくらいでした。
 集合場所には既にあっきーさん号と渡辺号が到着済みで、その後すぱ様号と雪田爺号も相次いで到着。 ここで準備を済ませ、車2台の相乗りで深沢出合に近い路駐スペースへと移動してから本日の行動開始となりました。

深沢出合
深沢出合
oooooo 遡行の様子(1)
遡行の様子(1)
oooooo 遡行の様子(2)
遡行の様子(2)

 車道を少し下ってから工事用道路脇の草むらの中の道を鬼怒川の河原へと降りていきます。 河原に出ると対岸は深沢の出合となっていて、鬼怒川を渡渉してから深沢出合のわずか上流斜面を登っていきました。 ここは不安定な急斜面でスリップと落石に注意しながら慎重に登っていきます。 ここは今回のルート中で一番の難所だったかもしれません。

 急登がしばらく続いた後はルートは次第にフラットとなり、林の中を踏み跡を拾いながら進みます。 そしてちょっとした笹薮を抜けてから泥斜面を急降下すると深沢の流れに戻りました。 ここからはしばらく沢の遡行となります。

 ちょっとしたゴルジュを抜けて、2条のナメ状滝は右側水流沿いを登り、その先の深い淵の滝を左岸から巻いて快適に遡行していきました。 そして途中からしばらく左岸の林内踏み跡を拾って進み、再び河原に出るとそこは下タケ沢と上タケ沢の出合となる2俣でした。 水量比は1対1といったところですが、下タケ沢出合はちょっと見えずらいので要注意です。

下タケ沢F1
下タケ沢F1
oooooo 4m幅広滝
4m幅広滝
oooooo 白絹手前の滝
白絹手前の滝

 2俣から下タケ沢に入るとすぐに形の良い10m前後の滝が現れます。 ほぼ完全な直瀑で裏側にも回り込める滝です。 この滝は右岸をトラロープ沿いに途中のテラスまで登ってから斜岩を数メートル登って越えます。 ちなみに下降時はちょっと怖そうなのでロープを使用しました。

 さらにしばらく遡行すると幅広で4mくらいの滝が現れますが、ルートはこの滝下から第1の大滝を左岸から巻くルートに入ります。 ここは適当な踏み跡を拾いながらの大高巻きとなりますが、再び沢に下降した地点はちょうど第1大滝の落ち口でした。 下を覗いてみると滝下は見えず空間だけが拡がっていてちょっと恐ろしげな感じでした。

 さて再び沢を遡行していくと間もなくナメ状のきれいな斜瀑が現れます。 ここは見た目より簡単に右岸を登ることができました。 そしてこの滝を越えると前方には高所から落下する白絹の水柱が見えてきました。

白絹の滝(1)
白絹の滝(1)
oooooo 白絹の滝(2)
白絹の滝(2)
oooooo 白絹の滝(3)
白絹の滝(3)

 雪田爺さんが白絹の滝と名付けたその滝は、遡行ガイドでは単に第二大滝としか表記されていませんが、名前が無いのが信じられないような素晴らしい滝でした。 場所が場所だけに普通の人(?)がこの滝を見ることはまず無いからだとは思いますが、「白絹の滝」の命名はピッタリだと思います。

 この滝は6mくらいの前衛滝があり、その上部では左岸から水量が多そうな簾状の滝が落下しているのが見えました。 そのため本流の瀑水はかなり水量が少なくはなりますが、40m以上の岩壁を全く邪魔されること無く真っ直ぐに落下する滝は神秘的な感じさえしました。

 また、前衛滝の更に下には左岸から水量の多い簾状の滝が落下しています。 この滝も下から見えるだけで3段30m以上はありそうで、白絹の滝が無ければ立派なメイン滝になっているハズの滝でした。

白絹下左岸の滝
白絹下左岸の滝
oooooo 第1大滝(1)
第1大滝(1)
oooooo 第1大滝(2)
第1大滝(2)

 白絹の滝観賞後は、第1の大滝に向かいます。 最初は落下口からの最短ルートを検討しましたが、かなり危険そうだったので、下から登り返す安全ルートで行くことになりました。 先ほど高巻いたルート途中から適当な所で沢に降り、わずかに登り返すと意外と簡単に第1大滝下に到着することができました。

 この滝も思っていた以上に大きくて立派な滝でした。 途中までは滑状ですが、その先は岩にぶつかりながら垂直に落下する滝で、白絹の滝とはまた違った姿の大滝です。 この周辺の滝の特徴でもある両岸の大岩壁も素晴らしかったです。 それにしてもこんな滝が連続して現れるとはまさに奥鬼怒恐るべしといった感じでした。

 さてこの滝の観賞後は天候も悪く時間も無くなったので、上タケ沢はパスして帰路につきました。 帰りは登ってきた道を戻るだけなので気も楽です。 雨も次第に小降りになって順調に下降できましたが、最後の急斜面だけは慎重に降りました。
 そして最後は途中のお蕎麦屋さんに寄って閉店中のところを無理やり(?)再営業して頂き舞茸で盛大に打上げ後、解散となりました。

 オフ会参加の皆様、どうもお疲れ様でした。 特にオフ会の企画や下見、そして最後には恒例(?)の栄養ドリンクまで用意して頂いた雪田爺さんには心より感謝申し上げます。m(_o_)m

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)