東黒沢&ウツボギ沢より白毛門探訪報告


(05年9月10日)


<05'9.10 歩行記録>

土合橋駐車場(5:10)〜ハナゲの滝(5:35)〜白毛門沢出合(5:50)〜第一2俣(6:30)〜第二2俣(6:45)〜
第三2俣(7:10)〜第四2俣(7:20)〜稜線鞍部(8:10)〜ウツボギ沢(8:45)〜魚止め滝(9:00-10)〜
2俣(9:25)〜奥2俣(11:25)〜奥々2俣(11:35)〜稜線登山道(12:05-35)〜
白毛門(13:05-15)〜松ノ木沢の頭(13:50-55)〜土合橋駐車場(15:30)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 東黒沢は上越の沢の中ではかなりお気に入りの沢でしたが、車での日帰りが難しいことが欠点でした。 しかし最近になってウツボギ沢を登り返せば日帰りも可能ではないかと気づき、早速実行に移してみました。 さすがに1日で沢を登って下ってまた登るのはしんどかったですが、内容のある充実した沢旅を満喫することができました。

(東黒沢)

 水曜日に台風が通過した後で水量が心配でしたが、東黒沢を覗いてみると思ったより水量はなくむしろ適量という感じでしたので一安心。 遡行モードに身支度をして本日の長丁場をこなすべく早々に駐車場を後にしました。

 しばらくの遡行で辿り着いたハナゲの滝は、今までの中で一番水量が多く見事な姿でした。 途中までは水流左側を登りますが、上部屈曲点ではとても左岸には渡れず右岸の良く踏まれた巻き道を利用して越えました。
 この上、白毛門沢出合までは濡れずに通過するのが難しい所が一箇所ありましたが、キャニオニングで使用する沢らしく立派なロープがあって楽々通過できました。

ハナゲの滝
ハナゲの滝
oooooo 白毛門沢出合
白毛門沢出合
oooooo 幅広ナメ状滝
幅広ナメ状滝

 白毛門沢出合を通過すると、東黒沢本流にはすぐに4m程のナメ状滝が現れます。 ここは問題なく超え、続いて4m滝を超えるとナメ床になりました。 なかなか美しい流れですが、さらに登っていくと次第に両岸が狭まってきて、やがて通過が困難そうな小さなゴルジュが現れます。
 ここは左岸を小さく巻いて3m滝手前に下降し、流れを渡って3m滝は左側を登ります。 3m滝下には左岸支沢が滝となって合流しており、なかなか良い雰囲気のところです。

 続いて現れる2段5m程の滝は水量が多いためか途中の段差でハネ上がってしぶきを飛ばしていました。 ここは水流右側を簡単に登れます。 さらに進むと、滝下に倒木が寝そべるきれいなナメ状の10m幅広滝となります。 ここは傾斜が緩いのでどこからでも登れそうでした。

スライド滝
スライド滝
oooooo 綺麗なナメ
綺麗なナメ
oooooo 第二2俣の出合
第二2俣の出合

 ここを超えると水量比3対2の第一2俣となり、両者がナメとなって合流しています。 両門のナメ滝といったところでしょうか。 それにしても東黒沢は樹木が多いなあと思います。 上信越の沢と言うよりは奥秩父の沢にいるような感覚がありました。

 2俣を過ぎ、くねくねと曲がりながら滑り落ちるナメを超えると、何やら不思議な滝が前方に現れます。
 この滝は6mナメ状滝と8m2段滝がスライド状になってかかるとても珍しい滝で、上にかかる8m2段滝を落下した水流が二手に分かれ、片方の流れが岩の上をほぼ平行に移動してから6mナメ状滝となって落下しています。
 特に不思議なのは二手に分かれた上方の流れで、下方前方から見るとこの流れが全く見えず岩から突然湧き出しているように見えます。

 8m2段滝を水流から少し離れた左側を登って超えると、そこからは果てしなく続くナメ床となります。 奥秩父東沢の千畳のナメを幅を狭めて長さを延長したような大ナメです。 途中、水量比3対1で左岸から支沢が出合う第二2俣がありますが、ここも両者がナメで合流しており、その上もまだまだひたすらナメ床が続きます。 もう最高の世界です。

大ナメ(1)
大ナメ(1)
oooooo 2段ナメ状滝
2段ナメ状滝
oooooo 大ナメ(2)
大ナメ(2)

 さてナメ床の途中には20m2段のナメ状滝が登場します。 これは東黒沢の中では最もまとまった美しい滝だと思えます。 滝の姿をしばらく堪能した後、下段は水流右側、上段は水流左側を登って超えました。
 滝の上にもまだ部分的にナメが続きますが、やがて水量比3対2で左岸から支沢が出合う第三2俣に到着。 右側の支沢の水量が意外と多いので誤りやすそうですが、ここは左に進みます。

 その先、4m2段滝を超えてしばらく進めば水量比1対1の第四2俣に到着で、ルートはここで初めて右の沢に入ることになります。 右の沢に入ると小滝がまだいくつか現れますが、どれも問題なく超えていくと流れは次第に細くなり、高度をどんどん稼いでいくようになります。 そうは言っても白毛門沢のような急傾斜ではないので、気分良くどんどん登っていけます。

 途中、左岸から本流より沢床が低い支沢が入ります。 ここは支沢の方が水量が少ないので迷うことはないと思われますが要注意です。 本流を忠実に辿っていくとやがて特徴的な大岩の滝4mがあり、大岩を巻くように越えていきました。
 滝上では流れはさらに細くなり、最後の最後でどちらに行けばよいか迷う2俣となります。 前回は左、そして今回は右に行きましたが、左に進み水が涸れてからは斜面を右に廻り込むように登った方があっさりと鞍部に到着できそうです。
 鞍部は道も無く胸くらいまでの笹薮に覆われていますが、遡行者のものと思われる踏み跡はかなりハッキリ付いていました。

 鞍部から反対側を適当に下ると2〜3分で流れのある沢に降り立つことができました。 この沢は一ノ沢と呼ばれるウツボキ沢の支流であり、途中には2m程の滝がいくつかかっていますが特に困難な箇所はなく下降出来ます。 ルンルン気分で下っていくと突然明るい川の流れに飛び出しますが、これがウツボギ沢で広河原のちょっと上流部となります。

(ウツボギ沢)

 ウツボギ沢は初めてなのでワクワクしながら遡行を開始します。 最初はきれいな河原歩きですが、次第に谷が狭まってくるとちょっとしたゴルジュ帯が現れました。 とある記録によれば腰位まで浸からないと突破できないと書いてありましたが、水量の多かった今回でも膝くらいまでの渡渉で楽々通過できました。 このゴルジュを抜けるといよいよこの沢最大の魚止め滝に到着です。

最初の小ゴルジュ
最初の小ゴルジュ
oooooo 魚止め滝(1)
魚止め滝(1)
oooooo 魚止め滝(2)
魚止め滝(2)

 魚止め滝は予想していたよりずっと大きくて立派な滝でした。 2段で逆くの字となって落下する姿はナルミズ沢の魚止め滝よりずっと見応えがありそうに思えました。
 ここはまず手前の深い淵を左岸の草付きを辿って滝壺まで進み、滝の1段目は左岸の岩溝を途中のテラス状まで登ります。 テラスから上段の眺めを楽しんだ後、そのまま左岸の笹薮に入って上段を巻きました。

 滝上は再び穏やかな流れとなり、やがて2俣に到着です。 右俣は左俣より少し水量が少ない感じでした。
 2俣を過ぎると小さいながらも滝が連続して現れるようになります。 ウツボギ沢は魚止め滝以外は大きな滝もないですが、反面単調なゴーロも殆ど無いのが特徴ではないかと思います。

 滝は直登か小さく巻くかで簡単に越えられますが、2俣から1時間くらいのところにある深い淵を持った2つの小滝は難所です。 最初の淵は右岸に一箇所スタンスがあり、流木でバランスを取りながらそのスタンスを利用して越えましたが、2つ目の淵は両岸が急傾斜の笹密藪で高巻くには相当の時間と体力が必要となりそうです。 そこで最初の淵で使った流木を引きずり上げ、それを何とかうまく使って淵をまたいで越えました。 なお、どちらの淵もどっぷり浸かれば簡単に通過できるとは思います。

2俣
2俣
oooooo 4m滝
4m滝
oooooo 3m滝
3m滝

 その後も続けざまに現れる小滝やナメを快適に越えていくと、形の良い4m滝や幅広3m滝あたりからは稜線の山が見えるようになりました。 これらの滝を越えると間もなく奥の2俣に到着です。

 右俣は左俣より水量が多い感じでしたが、ここは左俣に進みます。 そう言えば確か2俣から奥の2俣の間に通過に手間取った淵が2箇所ほどありました。 どっぷり濡れてしまえばたいしたことはないのですが、濡れないでいきたい場合は要注意です。

 さて奥の2俣で左俣に入り、10分ほど登ると再び2俣となります。 この奥々2俣は水量比1対1ですが、ここも左俣に入ります。
 沢の傾斜は次第にキツくなっていき、しばらく登ると左手より本流より水量の多い支沢が入ります。 最初は稜線登山道までの最短ルートを考慮してこの支沢を登ろうと思いましたが、ちょっと薮っぽいのでそのまま沢床の低い本流を進みました。

 本流はすぐに水が涸れてしまいましたが、沢の形状はずっと続いていて忠実に辿ったら殆ど薮コギも無く登山道脇の明るい広場に辿り着きました。 正面に白毛門、そして左奥には武尊山、右手には谷川岳連山、そして後方にはドッシリとした笠ヶ岳等々の眺めが素晴らしいところでした。

(稜線から白毛門)

笠ヶ岳方面
笠ヶ岳方面
oooooo 白毛門方面
白毛門方面
oooooo ジジ岩ババ岩
ジジ岩ババ岩

 稜線に出たところでしばらく休憩していると遠くで雷の音が聞こえ、空模様も何やら怪しくなってきましたので笠ヶ岳は諦めて下ることにしました。 この登山道は7月に歩いたばかりですが、今日はその時と違って周囲の眺めがなかなか素晴らしかったです。

 白毛門に到着した時はかなり体力消耗していましたが、最後のパワーを振り絞ってラストの急降下を開始します。 既に足腰の踏ん張りが効かない状態となっていましたので、途中で何度か転げ落ちながらも何とか長い急坂を下りきりました。
 途中で降られることは無かったですが、駐車場に着くなり大雨となりました。 ギリギリセーフのラッキー賞だったです。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)