滝ノ沢玉簾の滝 氷瀑観賞会オフ報告


(05年2月11日)


<05'2.11 歩行記録>

日向大谷駐車場(9:00)〜間の滝(9:40)〜玉簾の滝(11:00-12:15)〜日向大谷駐車場(13;45)

-----------------------------------------------

 本日は鳶八さんの呼びかけにより開催された両神山薄川滝ノ沢の玉簾氷瀑鑑賞会に参加させて頂きました。 参加者は鳶八さん、abeさん、ふたつぎさんと私の4名。 天気は申し分なく、氷瀑も素晴らしく、ランチは美味しくて、おまけの珍客まで同行してくれて楽しいオフ会となりました。

丸神の滝
丸神の滝
ooo 薄川腰越の滝
薄川腰越の滝
ooo 滝ノ沢下の滝
滝ノ沢下の滝
ooo 滝ノ沢間の滝
滝ノ沢間の滝

 今回の集合場所は日向大谷駐車場で、出発は9時の予定でした。 abeさんは薄川方面がお初とのことらしかったので、道の駅「薬師の湯」に8時15分に待ち合わせて日向大谷まで一緒に行くことにしました。 でも8時15分なら、その前の時間を使わない手はありません。
 という訳でいつもの通り、集合前の運動として丸神の滝を見に行ってきました。 朝一という事もあり、キャンプ場からのルートはかなり凍っていたので、念のため簡易アイゼンを使用しました。 丸神の滝そのものは全く氷結していませんでしたが、さらさらと流れ落ちる姿はなかなか綺麗だったのでした。

 さて丸神の滝観賞後は「薬師の湯」でabeさんと合流し日向大谷へと向かいます。 駐車場には既に鳶八さんとふたつぎさんが到着済みでした。 支度をして予定通りの9時ジャストに駐車場を出発しました。

 滝ノ沢に入る前に、まずは腰越の滝に挨拶に行きました。 この滝は一時期滝壺が土砂で埋まっていたこともありましたが、現在ではすっかり元の姿に戻っていた様です。 自然の力を感じました。
 腰越の滝観賞後は滝ノ沢に入り、雪をかぶった山道を辿ってまずは間の滝を目指して進みます。 下の滝を通過し、アイゼン装着ではちょっと歩きにくいゴーロ帯をしばらく登ると唯一の難所である間の滝に到着です。

 間の滝の最初の滝は左から簡単に越えられますが、問題はその先です。 通常は右岸のザレをトラバースするのですが、今回は斜面に雪が張り付いていてかなりしんどそうでした。 ゴルジュ内の突破も凍り具合が中途半端で難しそうでしたが、鳶八さんの先導でabeさん、ふたつぎさんはゴルジュ内を通過後に左岸を小さく巻いて登るルートを利用しました。 私は帰りのことを考えて右岸のザレにチャレンジしましたが、積雪によりザイルをセットするための作業場所が確保できず、かなり苦労してしまいました。 皆さんには寒い中待たせてしまって申し訳なかったです。m(_o_)m

間の滝左岸難所の通過
間の滝左岸難所の通過
oooooo なぜかワンちゃんが....
なぜかワンちゃんが....
oooooo 雪中を行く
雪中を行く

 なんとか間の滝の難所を通過すると、後は体力勝負の長丁場です。 ただ今回は事前に滝を訪れている鳶八さん他の方々のトレースがありましたので、かなり楽ではありました。 そんなトレースを辿って快調に登っていくと、やがて前方に巨大な氷柱が見えてきました。 5年ぶりの玉簾の滝に到着です。

 玉簾の滝の氷瀑は、以前と較べるとひと周り小さい様で、上部は落水が見える程でかなり氷が薄かったですが、相変わらず見事な迫力ある姿を見せてくれていました。 到着して早速、撮影会を開始します。

 実は歩き始めてから両神山荘のワンちゃんがずっといっしょに付いて来て、とうとうこの玉簾の滝まで来てしまいました。 このワンちゃんは人懐っこくて日向大谷から登る時はよく付いてくるのですが、こんなに上まで、しかもこんな所までいっしょに来たのは初めてだったのでとてもビックリしました。

 今日は風も無く穏やかな日差しがあり、滝前でのんびりランチ休憩が出来ました。 氷瀑前での鍋焼きと甘酒は最高だったです。 abeさん、いつもありがとうございます。m(_o_)m

玉簾の滝(1)
玉簾の滝(1)
oooooo 玉簾の滝(2)
玉簾の滝(2)
oooooo 玉簾の滝(3)
玉簾の滝(3)

 滝の前で1時間以上休憩しましたが、さすがにちょっと寒くなってきたあたりで撤収準備に取りかかりました。 最後に撮影した記念の集合写真には、しっかりワンちゃんも一緒に写ってもらいました。(笑)

 さて、下りは登りよりは楽だった気がしますが、雪のかぶった岩は相変わらず良く滑るので注意しながら慎重に下っていきます。 やがて難所の間の滝に到着しました。
 今回はザイルをセットしてあるので、右岸のザレトラバースルートを利用して下ります。 斜面トラバース後の下りもちょっと危ういので鳶八さんにロープを1本追加してもらいました。 さすがに下りはスムースでしたが、ザイルを回収した安全地帯からさらに沢床に降りる最後の3m程の崖が雪が着いて意外と悪かったです。

 間の滝を過ぎれば、もう苦労は無しです。 そう言えばワンちゃんの姿もいつの間にか見えなくなっていました。 お昼にご馳走を分けてもらってきっと上機嫌でおうちに帰ったんだろうとみんなで話しながらのんびり下っていきました。(^^v

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)