奥多摩クドレ沢の逍遥滝巡り報告


(04年11月23日)


<04'11.23 歩行記録>

神戸岩(6:35)〜クドレ沢出合(6:40)〜2俣(7:00)〜左俣門番滝下(7:20)〜
徳兵衛滝(7:50-8:20)〜左俣門番滝下(9:00)〜2俣(9:15)〜右俣門番滝(9:45-10:35)〜
2俣(11:00)〜クドレ沢出合(11:15)〜神戸岩(11:20)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 今日は快晴で絶好の行楽日和。 とりあえず午前中だけ自由時間となったので、98年に偵察に行ったきりだった奥多摩北秋川神戸川クドレ沢の徳兵衛滝を見に行ってきました。
 左俣の徳兵衛滝では門番滝とその上の前衛滝に苦戦しましたが、何とか登りきって遂に滝下に立つことができました。 徳兵衛滝は想像通りの素晴らしい滝でした。
 しかし、帰路に立ち寄ろうとした右俣の五郎滝は、門番滝の下段滝は越えましたが、その上の上段滝右クラックがどうしても登れずに断念となりました。 いつの日かリベンジしたいと思います。

神戸岩の紅葉
神戸岩の紅葉
oooooo 門番滝->徳兵衛滝
門番滝->徳兵衛滝
oooooo 門番滝上->徳兵衛滝
門番滝上->徳兵衛滝

 まずは車で神戸岩をめざして神戸川沿いの道を登っていきます。 この道は現在、土砂崩れの復旧工事のため、車では神戸岩まで入れません。 そのため手前のキャンピングロッジの駐車スペースに停めて、仮設の歩道を歩いて神戸岩まで行きました。 クドレ沢の出合は神戸岩のトンネルを抜けてから、さらに5分ほど歩いたところです。

 クドレ沢は右岸の明瞭な山道を登っていきます。 道はやがて左岸に渡り、再び右岸に渡ると小さな作業小屋に到着です。 小屋のすぐ先で再び左岸に渡り、その後また右岸に渡ると伐採作業の現場に出ました。 ここから先は踏み跡が次第に不明瞭となりますが、2俣くらいまでは比較的歩きやすいと思います。

 2俣からは、まずは左俣の徳兵衛滝を目指します。 この沢には、しばらくの間は両岸に踏み跡がありますが、登りは右岸の踏み跡を利用しました。 踏み跡が消える頃に沢に降り、そのまま沢を歩いて登れば間もなく7mほどの門番滝に到着です。

 門番滝からは奥に徳兵衛滝も見えるので、なかなか絵になる光景が得られます。 98年に2度、ここまで来ているのですが、その時は装備も無くこの滝を越えるなんて考える余地はありませんでしたが、今回の目的地はあくまで徳兵衛滝ですので、早速滝越えルートの検討に入ります。
 良く見ると左右どちらも登れそうでしたが、残置シュリンゲがぶら下がっていて、若干シャワーながらもホールドがしっかりしていそうな左壁を直登しました。 途中、中間点くらいで一歩が出しにくいところがありましたが、ホールドをしっかり確認したら難なく登ることができました。

徳兵衛滝(1)
徳兵衛滝(1)
oooooo 徳兵衛滝(2)
徳兵衛滝(2)
oooooo 徳兵衛滝(3)
徳兵衛滝(3)

 門番滝を越えると沢の様子が一変して連瀑帯となりました。 最奥には徳兵衛滝の姿がハッキリ見えてなかなか素晴らしいところですが、両岸は岩壁で潅木も無く高巻きは全く考えられない様なシビアな沢登りとなります。

 さて、連瀑帯の最初の難関は石の詰まった1mほどの滝を従えた深い淵です。 ここは両岸ツルツルで小さく巻くことも難しそうでした。 淵に浸かって濡れたくないので、どうしようかと悩んでいると淵のすぐ上に引っかかっている倒木を発見。 試しにこの倒木を引きずり降ろしてみたら、ちょうど淵を渡る橋が完成しました。

 石詰り滝を越えると、今度は深い淵を従えた3mほどのナメ滝が現れます。 ここは背をかがめて右岸をへつり気味に通過して越えると、目の前には徳兵衛滝の前衛滝とも言える5mほどの形の良い滝が現れて行く手を阻みます。 この滝は右壁のやや細かなホールドを拾って登りました。 5m滝上には連続して4mほどの斜瀑がかかっていますが、ここは左岸水流沿いを間単に登れました。

 続いて右3m、左2mの2条の滝が現れます。 ここは手がかりが少ないですが落差も無いので左壁をやや強引に登りました。 この滝上では右岸より水量の多い中岩沢が8m3段の滝となって合流しており、本流には4条に見える4mほどの滝がかかっています。 この4m滝は直登できず、左岸斜面を木の根を頼りにしながら小さく巻いて越えると、いよいよ念願であった徳兵衛滝に到着です。

 徳兵衛滝は噂通りの素晴らしい滝でした。 水量こそ少なめですが、その姿形は奥多摩の名瀑と言うにふさわしいものがあると思いました。 また、ここに辿り着くまでに越えてきた滝々も含めて、この徳兵衛滝を取り巻く周囲の景観も本当に見事でした。

右俣門番滝下段
右俣門番滝下段
oooooo 右俣門番滝上段
右俣門番滝上段
oooooo 上段横のクラック
上段横のクラック

 徳兵衛滝観賞後は、今度は連瀑帯の下降です。 前衛5m滝は滝上左岸の岩に幅広リス用のハーケンを1本打って懸垂下降。 門番滝は既に残置されていた滝上右岸のハーケンとシュリンゲが使えそうだったので、これを利用して下降しました。

 門番滝下で一息入れた後、2俣まで戻って、次は右俣へと向かいます。 右俣は最初のうちは右岸に踏み跡がありますが、やがてそれも不明瞭となりました。 しかたなく沢に降り、大岩の詰まった水量の少ない急傾斜の沢をどんどんと登っていくと、しだいに水量が復活しだして両岸は断崖状となってきました。 やがて沢が右に曲がるとその奥には右俣の門番滝と言える滝が現れました。

 右俣の門番滝は2段10mほどの滝です。 下段の5m滝はシャワーを浴びながら左壁から右壁に移動するようにして登りましたが、上段の5m滝はかなりかぶっていて水流沿いは全く登れません。 ルートは右側のクラックしかなさそうですが、ここはそれなりの装備と技術がないと無理そうです。 残念ながら今回はここで撤退することにしました。
 

 結局、五郎滝を見ることはできませんでしたが、その分、徳兵衛滝の素晴らしい姿を見ることができたので今日はかなり満足な1日となったハズでしたが、帰り道で神戸岩の遊歩道を利用したところ、遊歩道最後の橋の下の滝でツルっと滑ってそのまま滝壺に頭まで水没してしまいました。
 橋の上にいた大勢の観光客はさぞかし喜んでくれた(?)と思いますが、その後の家までの道中はさすがに寒くて死にそうでした。(^^;

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)