彩志会滝見遠征 尾の内沢竜頭の滝探勝報告


(04年10月30日)


 本日は彩志会滝見遠征にて両神山尾の内沢を訪問しました。 参加者は瀑さん、鳶八さん、abeさん、あぶさん、あっきーさんと私の6名。 天気は曇天のち雨となり今ひとつでしたが、目的の竜頭の滝まで辿り着けたし、雨も駐車場に戻ってくるまでは特に雨具も必要ないくらいでしたので、なかなか充実した遠征となりました。

駐車場からの眺め
駐車場からの眺め
oooo 尾の内沢の紅葉
尾の内沢の紅葉
oooo キギの滝前にて
キギの滝前にて

 尾の内沢吊橋手前の駐車場に7時に集合。 この尾の内沢入口付近は以前から比べるとかなり変わってきていますが、今回は何と駐車場手前にログハウスまで建てられていました。
 そんな変貌に驚きながらも、全員集合した後に尾の内沢竜頭の滝を目指して出発です。 一合滝上の吊橋まではかなりきれいに整備されていましたが、その上はマーキングのテープ類こそ多くなったものの、それを除いては昔ながらの雰囲気が残っていました。

 途中で瀑さんは別行動となりましたが、残りの5名はひたすら竜頭の滝を目指して山道を登っていきます。 しばらくルートを辿ってから右岸の斜面を急登するとキギノ沢の出合地点に到着しました。
 ここで一息入れた後、まずはすぐ先の本流にあるキギの滝に向かいます。 この滝でまず撮影を済ませ、それから難所の右岸鎖場通過ですが、全員あっさりと通過しました。
 ここを過ぎると、後はテープに従いながら踏み跡を辿って登っていけば油滝に到着です。

油滝
油滝
oooooo 竜頭の滝遠景
竜頭の滝遠景
oooooo 竜頭の滝
竜頭の滝

 油滝は通常時から比べれば水量も多く、相変わらず見事な眺めでした。 しかし撮影をしているうちにポツポツと雨が落ちてきました。 竜頭の滝まで行こうかどうしようかとちょっと悩んでもみましたが、皆さんはその気満々だったみたい(?)でいらぬ心配となりました。

 油滝は左岸右側のルンゼから巻いて越えていきます。 以前はこの高巻き途中がツルツルの傾斜スラブで苦労しましたが、現在は倒木がちょうど上手い具合に横倒しになっていて簡単に通過できました。
 高巻き後のもう一つの難所である岩の裂け目は、男性軍は上を飛び越え、abeさんはロープと倒木の仮足場利用で下から登り、無事に全員通過しました。 ここまでくれば目指す竜頭の滝が眼前にその姿を見せてくれます。

 竜頭の滝は水量ほどほどで紅葉具合もちょうど良く見事な姿でした。

油滝左岸上部にて
油滝左岸上部にて
oooooo 油滝周囲の様子
油滝周囲の様子
oooooo 井戸沢大滝
井戸沢大滝

 帰り道は雨で濡れた落ち葉が滑りやすく慎重に下っていきますが、登りに比べればやはり楽でした。 瀑さんを探しながら下っていきますが、井戸沢手前に置手紙を発見したので、あぶさん、あっきーさんと3人でおまけの井戸沢探索をしてきました。 おまけで見てきた井戸沢の大滝ですが、水量も多めでなかなか良い感じの滝を見ることができて良かったです。

 その後は何とか大雨にも降られずに駐車場に戻り、あずまやで昼食タイムとなりました。 abeさんに頂いた暖かいスープが最高に美味かったです。 しかし団欒していると何やら大勢人がやってきて追い出されてしまいました。
 どうやら明日のお祭り準備らしいのでしかたなく場所をあけ渡しましたが、道の真ん中に車を放置したまま作業はしないで欲しいと思いました。

 帰りは両神こんにゃくセンターにて打ち上げです。 滝や山の話で盛り上がる中、今回はあっきーさんがこんにゃく2個を達成。 雨は本降りとなってきましたが、なごやかな雰囲気の中、遠征隊はここで解散となりました。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)