奥多摩入川谷の逍遥滝巡り報告


(04年8月22日)


<04'8.22 歩行記録>

入川谷林道終点(5:00)〜布滝沢出合(5:35-50)〜外道ノ滝(6:10-15)〜兆子ノ滝(6:25-30)〜
速(早)滝(6:45-7:00)〜布滝沢出合(7:50-55)〜入川谷林道終点(8:20)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 今日は新車の契約予定が入っていたため、10時までに戻れそうなルートということで奥多摩入川谷の滝を訪れてみました。

 まずは車で入川谷林道の終点まで入ります。 林道は最後に少しだけダートになりますが、比較的走り易い道でした。 この林道の終点は広い河原状になっていてキャンプなどを楽しむ人も多い様です。
 さて、林道終点からはしばらく右岸に良く踏まれた山道が続いていたので、しばらくはこの道を辿って登っていきました。 ただ林道終点からすぐの所には面白そうなゴルジュがありますので、ここを通過するなら山道はパスする必要があります。

 こんな山道を辿っていくつか堰堤を越えると、そのうち水が無くなって伏流の河原となりました。 このあたりから山道の踏跡も怪しくなってきたので、遡行モードに切り替えました。
 しばらく歩くと再び水流も復活し、ワサビ田跡をいくつか見ながら遡行を続けていくと、やがて左岸から入る支沢のすぐ奥に白い筋を確認することができました。 これが布滝沢の布滝で、一枚岩のスラブを真っ直ぐに落下するとても美しい滝でした。

布滝沢布滝12m
布滝沢布滝12m
oooooo 外道ノ滝8m
外道ノ滝8m
oooooo 兆子ノ滝10m
兆子ノ滝10m

 布滝見物を終えて布滝沢出合を過ぎると本流はゴルジュ状になってきます。 途中、越えるのにちょっと苦労した2m程の小さな滝がありました。 ここは左側をよじ登れますが、下降時は左岸を小さく巻き下りるのが良さそうです。
 ゴルジュ状を抜けてさらに遡行を続けていくと、前方に2段の滝が現れました。 これが外道ノ滝ですが、2段に見える上段の滝は石積みの堰堤となっています。 でも下段の天然滝はなかなか豪快で見応えのある滝でした。

 外道の滝は左岸から上の堰堤と一緒に高巻きします。 巻き道は踏み跡も不明瞭でちょっと滑りやすいため注意が必要です。 特に最後の堰堤の上に出る部分が手がかり無く要注意です。 なお、この外道の滝には右岸にもロープが下がっていましたので、こちら側からも登れるかもしれません。
 さて、堰堤で谷がせき止められているためか外道ノ滝上部はやや平凡な流れになりますが、やがて右岸より水量の多い姥岩沢が出合い、さらに先に進めば間もなく兆子の滝が現れます。

 兆子の滝はやや暗い感じの谷間に落ちるなんとも言えない雰囲気のある滝でした。 落差は10mあまりですが、真っ直ぐに落下する直瀑で、とても形の良い滝です。
 兆子の滝は右岸の不明瞭な踏み跡を利用して越えました。 この高巻きルートは滑り易い部分が多く、ちょっと高度感もあるので要注意です。

速滝前衛滝前より
速滝前衛滝前より
oooooo 速滝前衛滝10m
速滝前衛滝10m
oooooo 速滝20m
速滝20m

 兆子ノ滝を過ぎると次第に両岸が狭まってきて、やがて前方にとても大きな滝が見えてきました。 これが前衛滝を従えた速滝ですが、とにかく奥多摩では最大級の滝ではないかと思います。
 前衛滝は落差10mあまりの直瀑で、普通ならこの滝だけで十分満足できるところでしょう。 また前衛滝下からだと上の速滝の全容が見えないので、この前衛滝を速滝と勘違いしてしまうこともありそうです。

 この前衛滝は右岸を高巻いて越えます。 右岸から流入するガレ状の柳ガマ沢を少し登ってから大岩の下をトラバース気味に巻くとちょうど速滝の滝壺に出ました。 この巻き道もかなり踏み跡は不明瞭ですので、注意が必要です。 特に途中にあるブッシュの無い岩場の通過と、その先の泥斜面トラバースは要注意です。

 高巻きを終えて辿り着いた速滝は文句なしに素晴らしい滝でした。 ただ周囲は岩壁に囲まれている上に後ろはすぐに前衛滝が落下しているため、この滝の全容を撮影できるような場所に移動することはできませんでした。
 後退はできないので、逆に滝壺横から落下口を見上げるような滝の姿を撮影してみましたが、途中の岩壁で砕け散って降りかかる滝のシャワーを思い切り浴びることができて、気分爽快でした。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)