後山川青岩谷より雲取山探勝報告


(04年8月7日)


<04'8.7 歩行記録>

後山橋(4:50)〜塩沢橋(4:55)〜林道終点青岩谷出合(5:40)〜日陰青岩窪出合(6:10)〜
青岩の大滝(6:35-50)〜青岩鍾乳洞下(7:15-30)〜獅子岩谷出合(8:10-15)〜登山道(9:20-30)〜
三条ダルミ(9:50)〜雲取山(10:20-35)〜三条ダルミ(10:50)〜青岩鍾乳洞分岐(11:45)〜
三条ノ湯(12:00)〜林道終点青岩谷出合(12:20)〜塩沢橋(13:05)〜後山橋(13:15)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 8日はオフミでお出かけ予定の青岩の大滝ですが、私は家族旅行のために残念ながら参加できません。 でもこの大滝は以前からかなり気になっていたので、それでは1日早く見に行ってこようと思い立ち、さっそく雲取山とセットで登ってきました。
 今回も天候は不安定気味でピカドンとの追いかけっこになりましたが、素晴らしい大滝瀑見と雲取山登頂を果たせたので、とても満足のいく1日となりました。

------------------------------------------------------------

 国道411号線から後山林道に分け入ると、いきなりダートの荒れ気味の道となります。 道の真ん中の石ころを何度か脇にどかしながら進みますが、後山橋の少し手前くらいに斜面崩壊の土砂で林道が埋まっている箇所がありました。
 どうしようかと悩みますが、私の車では土砂越えは難しいと判断し、ここから林道を歩くことにしました。 後山橋から林道終点まではおよそ1時間かかりましたけど、天気も良かったので気持ちよく歩いていけました。

下流部のナメ滝
下流部のナメ滝
oooooo 日陰青岩窪出合の滝
日陰青岩窪出合の滝
oooooo 連続する小滝
連続する小滝

 林道終点からほんのわずか登山道を下ると入渓点となる青岩谷橋です。 ここから左岸の踏み跡を辿って青岩谷へと入っていきます。 小滝やナメがいくつか現れますが、特に困難な部分は無く快適に遡行を続けていくとやがて4段20mの滝がかかる日陰青岩窪の出合に到着です。 この滝はなかなかいい感じでした。

 日陰青岩窪出合から先も部分的に小滝やナメが現れますが、いずれも快適に越えていきます。 沢は次第に奥秩父らしい渓相となっていきますが、そんな沢をもうひと頑張り登っていくと前方に大きな滝の姿が確認できました。 出合の青岩谷橋から1時間ほどで青岩の大滝に到着です。

青岩の大滝(1)
青岩の大滝(1)
oooooo 青岩の大滝(2)
青岩の大滝(2)
oooooo 大滝上のナメ状滝
大滝上のナメ状滝

 青岩の大滝は落差はさほどありませんが、その分水量は豊富で非常にダイナミックな滝でした。 後山川流域を代表する名瀑と言ってよい滝だと思います。

 さてこの滝の高巻きですが、まずは左岸の急なザレを登っていきます。 落石でもあったらヤバイかなと思って登っていたら、上部で鹿の鳴き声が聞こえた後にパラパラと小石が降ってきて冷や汗をかきました。
 上部を警戒しながらザレを最上部近くまで登り、そこからブッシュの中の踏み跡を探して辿り、小尾根を超えてガレを注意しながら下ると大滝上に出ることができました。 ハッキリ確認はしていませんが、大滝の上にはさらに2段の滝があり、合わせて4段の滝となっているようでした。

 大滝を越えると綺麗な幅広ナメ状滝等が現れますが、特に困難な部分も無くどんどん進んでいくとやがて右岸にガレ状の部分があり、その下に青い看板が白テープで木にくくりつけられているのを確認しました。 これは青岩鍾乳洞と三条の湯への山道の所在を示しているものです。
 青岩鍾乳洞はこのガレを少し登ったところの山道をさらに少し登った崖の中腹にありました。 相変わらず洞口には鉄の扉に鍵がかかっていて中には入れませんでしたが、入口は天然のクーラーとなっていて気持ちよかったです。

青岩鍾乳洞の洞口
青岩鍾乳洞の洞口
oooooo 2段6m魚留ノ滝
2段6m魚留ノ滝
oooooo 獅子岩谷右沢8m滝
獅子岩谷右沢8m滝

 青岩鍾乳洞の先は2段6mの魚留ノ滝が現れます。 ここは直登したいところだったのですが、取り付きまで釜に浸かって進む必要がありそうだったので、右岸を巻き気味に越えました。
 魚留ノ滝を越えるともう滝らしい滝も無くなります。 やがて右岸から支沢が入り、そのすぐ上の開けた右岸側にワサビ田跡が現れました。 最初はここが獅子岩谷の出合かと思いましたが、実は標高1230m付近の本流が開けて流れている部分であり、獅子岩谷出合はここからさらに10分ほど登った所にありました。

 獅子岩谷は意外と水量が多く、本流との水量比は2対3くらいでした。 獅子岩谷に入るとすぐにワサビ田の残骸が続くようになります。 このワサビ田跡が無くなる地点で左岸より水量比1対1で右沢が8m程の滝となって合流していますが、この滝が小さいながらなかなか見事な滝でした。

 獅子岩谷左沢に入っていくと、沢は急になり滝が連続するようになります。 しかし困難な滝は無く、快適にどんどん登っていけます。 やっと傾斜が緩み、水量も少なくなってくると前方には再びワサビ田跡とつぶれた小さな作業小屋が現れました。
 ここで水を補給してから、後は水の涸れた本流を沢形に従って忠実に登っていくと最後は薮コギもなく、三条ダルミまで20分ほどの地点の登山道に出ることができました。

三条ダルミにて
三条ダルミにて
ooo 雲取山山頂にて(1)
雲取山山頂にて(1)
ooo 雲取山山頂にて(2)
雲取山山頂にて(2)

 三条ダルミまで登ってくると何やら遠くで雷の音が聞こえてきました。 空模様も怪しくなってきたので急いで雲取山を往復すべく急な登りに取り掛かります。 辿り着いた雲取山山頂は人気の山だけあってハイカーが集っていましたが、雷の音が次第に近づいてきているようだったので、早々に引き返しにかかりました。
 復路は三条の湯経由のメジャールートなので気は楽でしたが、途中で足のマメがつぶれてしまい、最後の林道歩きは非常にキツかったのでした。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)