東黒沢&ナルミズ沢より朝日岳探訪報告


(03年9月23〜24日)


<03'9.23 歩行記録>

土合橋駐車場(5:20)〜白毛門沢出合(6:05)〜第一2俣(6:50)〜第二2俣(7:00)〜
第三2俣(7:30)〜第四2俣(7:40)〜稜線鞍部(8:30)〜広河原(9:05-10)〜
大石沢出合(9:45-55)〜魚止め滝(11:00)〜2俣(11:30-40)〜草原下(12:25-35)〜
稜線(12:50-13:10)〜ジャンクションピーク(14:35)〜朝日岳(14:50-55)〜
ジャンクションピーク(15:10-15)〜清水峠(16:25)

<03'9.24 歩行記録>

清水峠(5:40)〜鉄砲平鉄塔(6:20)〜白樺避難小屋(7:25-35)〜武能沢渡渉点(8:15)〜
芝倉沢渡渉点(8:40)〜幽ノ沢渡渉点(9:00)〜一ノ倉沢渡渉点(9:05)〜
マチガ沢渡渉(橋工事中)点(9:20)〜西黒沢橋(9:35-45)〜土合橋駐車場(9:50)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 ずっと狙っていた沢がらみの谷川岳縦走についにチャレンジした。 天候が心配ではあったが、初日は絶好の沢日和となり最高の沢登りを楽しむことが出来た。 2日目は生憎の天候となったこともあり、予定していた谷川岳登頂はできなかったが、それでも十分満足の山行となった。

(東黒沢)

ハナゲの滝
ハナゲの滝
ooooooooo 白毛門沢の出合
白毛門沢の出合

 台風一過ということで水量が心配であったが、東黒沢を覗いてみると普段よりやや多い程度で一安心。 遡行モードに身を固めて本日の長丁場をこなすべく早々に駐車場を後にする。
 ハナゲの滝は水量多く、前回の白毛門沢遡行時に比べて1.5倍くらいの水量であった。 前回は上部屈曲点から左岸に渡って登ったが、今回はとても対岸に渡ることはできず、そのまま右岸の良く踏まれた巻き道を利用した。 この巻き道はさらに下から続いているようで、ハナゲの滝全体を巻ける道かもしれない。
 白毛門沢出合までだが水量が多かったために、前回はアッサリ通過した所で苦労する場面が何箇所かあった。 まあ、水にポッチャンさえ気にしなければ特に苦労することもないのだが....(^^;

東黒沢最初の滝
東黒沢最初の滝
oooooo 小さなゴルジュ
小さなゴルジュ
oooooo 10m2段ナメ状滝
10m2段ナメ状滝

 白毛門沢出合を通過すると、東黒沢本流にはすぐに4m程のナメ状滝が現れる。 ここは問題なく超え、続いて4m滝を超えるとナメ床になる。 なかなか美しい流れだ。 しかしさらに登っていくと次第に両岸が狭まってきて、やがて通過が困難そうな小さなゴルジュが現れた。
 ここは左岸を小さく巻いて3m滝手前に下降し、流れを渡って3m滝は左側を登る。 3m滝下には左岸支沢が滝となって合流しており、なかなか良い雰囲気である。
 続いて現れる2段5m程の滝は水量が多いためか途中の段差でハネ上がってしぶきを飛ばしていた。 ここは水流右側を簡単に登れる。 さらに進むと、滝下に倒木が寝そべるきれいなナメ状の10m2段滝となる。 ここは傾斜が緩いのでどこからでも登れそうだ。

第一2俣の出合
第一2俣の出合
oooooo 珍しいスライド滝
珍しいスライド滝
oooooo 第二2俣の出合
第二2俣の出合

 ここを超えると水量比3対2の第一2俣で、両者がナメとなって合流している。 両門のナメ滝といったところであろうか。 それにしても東黒沢は樹木が多いなあと思う。 上信越の沢と言うよりは奥秩父の沢にいるようである。

 2俣を過ぎ、くねくねと曲がりながら滑り落ちるナメを超えると、何やら不思議な滝が前方に現れる。
 この滝は6mナメ状滝と8m2段滝がスライド状になってかかる非常に珍しい滝である。 上にかかる8m2段滝を落下した水流が二手に分かれ、それがほぼ平行に移動してから6mナメ状滝となって落下している。
 特に不思議なのは二手に分かれた上方の流れで、下方前方から見るとこの流れが全く見えず岩から突然湧き出しているように見えるのだ。 滝の上に登ってみたら、この流れは細い岩溝を伝って横向きに流れていることが分かったが、これこそ自然が造りだした芸術品と言えるだろう。

大ナメ(1)
大ナメ(1)
oooooo 大ナメ(2)
大ナメ(2)
oooooo 20m2段ナメ状滝
20m2段ナメ状滝

 8m2段滝を水流から少し離れた左側を登って超えると、そこからは果てしなく続くナメ床となる。 奥秩父東沢の千畳のナメを幅を狭めて長さを延長したような大ナメである。 途中、水量比3対1で左岸から支沢が出合う第二2俣があるが、ここも両者ナメで合流しており、その上もまだまだひたすらナメ床が続く。 もう最高の世界である。
 こんなナメ床の終了点には20m2段のナメ状滝が登場する。 これは東黒沢の中では最もまとまった美しい滝だと思える。 滝の姿をしばらく堪能した後、下段は水流右側、上段は水流左側を登って超えた。

 その上もまだ部分的にナメが続くが、やがて水量比3対2で左岸から支沢が出合う第三2俣に到着。 右側の支沢の水量が意外と多いので誤りやすそうだが、ここは左に進む。

第四最後の2俣
第四最後の2俣
oooooo 大岩のある滝
大岩のある滝
oooooo 鞍部の様子
鞍部の様子

 4m2段滝を超えてしばらく進めば水量比1対1の第四2俣である。 ルートはここで初めて右の沢に入ることになる。 右の沢に入ると小滝がまだいくつか現れるが、どれも問題なく超えていくと流れは次第に細くなり、高度をどんどん稼いでいくようになる。 そうは言っても白毛門沢のような急傾斜ではないので、気分良くどんどん登っていける。

 途中、左岸から本流より沢床が低い支沢が入る。 ここは支沢の方が水量が少ないので迷うことはないと思われるが要注意である。 本流を忠実に辿っていくとやがて特徴的な大岩の滝4mがある。 源流部の滝にしてはなかなか立派な滝である。
 滝上では流れはさらに細くなり、最後の最後でどちらに行けばよいか迷う2俣となる。 これはどちらでも良いようだが、左に進み水が涸れてからは斜面を右に廻り込むように登ったらあっさりと鞍部に到着した。
 鞍部は道も無く胸くらいまでの笹薮に覆われているが、遡行者のものと思われる踏み跡はかなりハッキリ付いていた。

 笹薮をうろついていると木に巻かれた赤テープを発見。 そのすぐ脇からウツボキ沢支流に下降するかなり明瞭な踏み跡があり、これを辿ったら2〜3分で流れのある沢に降り立つことができた。
 この沢はウツボキ沢の支流であり、途中には2m程の滝がいくつかかるが特に困難なく下降出来る。 今回はカズラらしき紫色の花がたくさん咲いていて楽しませてくれた。
 ルンルン気分で下っていくと突然明るい川の流れに飛び出す。 これがウツボギ沢で広河原まではここから5分とかからなかった。

(ナルミズ沢)

入り口の3m滝
入り口の2m滝
oooooo 巻いて超える1m滝
巻いて超える1m滝
oooooo 明るい3m幅広滝
明るい3m幅広滝

 広河原は4年ぶりだが、ここを流れるナルミズ沢、ウツボギ沢は、共に沢と言うよりは川と言った方が正解のような大きな流れとなっている。
 時間短縮のため、広河原から大石沢出合までは登山道を利用する。 しかし、この間は登山道と言ってもぬかるんでグチャグチャの悪路が延々と続いているので、渓流シューズでなければ歩くのが困難と思える。 また途中、道が半壊したような場所もあり、通過には注意が必要である。

 大石沢の渡渉点から登山道を離れ、まずは大石沢を下降してナルミズ沢に入る。 ナルミズ沢の入り口はでっかいプールの2m滝である。 ここからのナルミズ沢はとにかく明るくて開放的な沢が源頭まで続いている。
 そんな沢を快適に登っていくと、まず最初の難所となる1m程の滝が現れる。 ここは滝壺が深くて越えられず、やむなく右岸を巻くことになるのだが、ルートには笹が横倒しになっていてツルツル滑り意外といやらしい感じだ。 水に浸かりさえすれば、右側から簡単に登れると思われる。
 続いて現れる明るく特徴的な3m幅広滝は右側から立ち木を頼りに力で登る。 多くの遡行者がこの登り方をするためか、立ち木は半分折れていてちょっと怪しかった。

第一の瀞場
第一の瀞場
oooooo 第二の瀞場
第二の瀞場
oooooo 10m魚止の滝
10m魚止の滝

 さらに進むと左岸から支沢がきれいな滝となって出合うすぐ先で第一の瀞場が現れる。 ここは距離はわずかなので、胸くらいまで浸かることを気にしなければアッサリ通過できると思われるが、今回は濡れるのを避けて左岸を巻いた。 しかし以前に比べてスタンスが少なくなってしまったようで、下降でちょっと苦労してしまった。 迷わずザイルで下降したほうがずっと楽だったと思える。

 その次の第二の瀞場は左岸の明瞭な踏み跡から巻く。 しかしこの巻き道はぬかるんでどろどろ状態であった。 この瀞も距離は短いので浸かれば簡単に通過できると思われる。
 ここを超えてゴーロをしばらく進めば魚止め滝だ。 今回はここに来てちょうど青空が広がり、最高の姿を堪能することができた。 開放的なこの滝はとにかく青空が最高に似合う滝である。 前回は水流右側を直登したが、今回はルートに水流がありシャワークライムとなりそうだったので、雪渓溶け跡が散在する左岸のルンゼ状から巻いて超えた。

開放的なナメ床
開放的なナメ床
oooooo 雪渓奥の8m滝
雪塊奥の8m滝
oooooo 右俣最初のナメ
右俣最初のナメ

 魚止め滝上はスラブの岩峰をバックに最高の眺めが広がる開放的な絶景ナメ床だ。 今回は青空がバックでさらに素晴らしさを増していたようだった。
 この先は明るい8m滝だが、手前右岸にはやはり雪の塊りがあった。 今年の記録によれば9月初旬までここにはスノーブリッジがあったらしい。 しかし前回、99年に訪問した時もここだけには雪が残っていた。 不思議な場所である。
 この8m滝を左から越えればまもなく2俣に到着である。

天国へ続く道(1)
天国へ続く道(1)
oooooo 天国へ続く道(2)
天国へ続く道(2)
oooooo 天国へ続く道(3)
天国へ続く道(3)

 2俣を右に入り、しばらくすると明るいナメ滝に到着。 これが右俣の最初のナメであるが、とにかく底抜けに明るいナメである。
 ここを快適に超えるとしばらくはゴーロ状となるが、やがて前方に右俣第二のナメが見えてくる。 このナメは上部へと延々と続く大ナメとなっており、遡行者からは天国へ続く道と呼ばれる遡行感度満点のナメ滝である。
 ほんとうに登ってしまうのが惜しまれるような素晴らしいナメ滝なのだが、難しいところが全く無くて明るく開放的なこのナメ滝は気が付けばあっという間に登ってしまっていそうである。

左直登の8m滝
左直登の8m滝
oooooo 源頭部の大草原
源頭部の大草原
oooooo 沢を振り返る
沢を振り返る

 大ナメ滝を登りきるとちょっと手強そうな8m滝が現れる。 ここは見た目に反して水流左側に豊富なホールドスタンスがあり簡単に直登可能である。
 この滝上も最後の草原までは小滝が数多く現れる。 殆ど問題なく登れるが、一箇所だけ釜が深く右岸の草付きを巻いて超えた所があった。 また滝右側をへつり気味に登るちょっといやらしい所もあった。
 最後のナメ状小滝を右側からフリクションで登れば目の前には大草原が広がる。 まさに桃源郷といった感じである。

(稜線から清水峠)

草原の中の沢人ロード
草原に続く沢人ロード
ooo 稜線->巻機山方面
稜線->巻機山方面
ooo 稜線->朝日岳方面
稜線->朝日岳方面

 草原下で原風景の眺めを堪能した後、稜線までさらに水流沿いに登っていく。 やがて水が消えると小さな池塘があり、そこから草原の中に遡行者のものと思われる白っぽい道が続いていた。 以前は無かったと思うので、ここ最近のナルミズ沢の人気の程がうかがえる光景と思えた。
 気持ちの良い稜線上で、のんびりと靴を履き替え景色を楽しむ。 すぐ前方には大烏帽子山が迫っていて、西側には大源太山と七ツ小屋山の姿を拝むことができた。
 休憩後、薮の中の踏み跡を拾いながらジャンクションピークを目指す。 そしてナルミズ沢の遡行中に絶えず見えていた越後烏帽子の頂まで登れば、そこには大展望が広がっている。
 巻機山方面、朝日岳方面、大源太山&七ツ小屋山方面、そして登ってきたナルミズ沢等の眺めが最高であった。

朝日岳山頂にて
朝日岳山頂にて
oooooo 池ノ窪池塘群
池ノ窪池塘群
oooooo 白樺沢の滝
白樺沢の滝

 稜線上のルートは越後烏帽子で西側に屈曲し、やや下ってナルミズ沢左俣源流部を左下に眺めながら進むとジャンクションピークへの急登が始まる。 ここは最後の頑張りどころである。
 辿り着いたジャンクションピークに荷物を置いて朝日岳まで往復後、本日の宿泊場所である清水峠目指して下っていく。 さすがにこのあたりまで来ると足が思うように動かなくなってきたが、池ノ窪池塘群あたりからはなだらかな道となり何とか明るいうちに清水峠に到着することが出来た。
 テントを持参したのでもちろんテン泊の予定だったが、峠はもの凄い強風が吹き荒れており、仕方なく白崩避難小屋に泊まることにした。 先客が6名あったが、寝床の数は8名分ある小屋だったので問題なく泊まることができた。
 今日は長旅だったこともあってか、夕方6時くらいにシュラフにもぐり込んだ後、朝まで熟睡してしまった。

 翌朝も風は強く、視界は殆ど得られないような状態であった。 予定では谷川岳経由で下山するつもりだったのだが、天候不良に加えて昨日の疲れもかなり残っていたようだったため、旧清水峠ルートから真っ直ぐ土合まで下ることにした。
 このルートは途中の鉄砲平までは快適だが、その後は薮が深くなり道も悪くなる。 崩壊箇所も多数あるので要注意だが、アップダウンは殆ど無いのでその点では歩き易い道である。
 途中のケサ丸沢と白樺沢にはきれいな滝があって、そんな所で小休止しながら白樺避難小屋を目指す。 白樺避難小屋は緑色の小さな小屋で、ここからは一番時間のかからない新道を利用して下降する。
 この新道は良く整備されていて歩き易いが、途中で完全に湯檜曽川の河原歩きとなる部分もあるため、湯檜曽川の水量の多い時は渡渉となるだろう。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)