七代ノ滝より大岳山探訪報告


(03年7月13日)


<03'7.13 歩行記録>

養沢鍾乳洞入口(5:20)〜養沢林道終点(5:50)〜七代の滝(5段目)(5:55-6:00)〜
天狗岩(6:10)〜綾広の滝(6:25-35)〜芥場峠(6:50)〜大岳山荘(7:15)〜
大岳山(7:30-40)〜大岳山荘(7:50)〜大滝方面分岐点(8:05)〜大滝(8:40)〜
大岳鍾乳洞(8:55)〜大岳沢入口(9:15)〜養沢鍾乳洞入口(9:30)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 天気予報は雨だったが、朝起きると雨は止んでいたので、すぐに戻れそうなお手頃コースを探して養沢からの大岳山ルートを探索してみた。

 まずは車で養沢鍾乳洞入口地点まで入る。 ここに車をデポして林道を歩くが、この林道は舗装された急勾配の林道で、今日は雨に濡れてツルツル滑り歩き憎かった。 30分ほどかかって林道終点まで辿り着くと、そこからは山道となり、すぐに長尾平方面への道を分けて左下方に進めば七代の滝はすぐであった。
 登山道に沿って登ると最初に辿り着くのは七代の滝の5段目である。 ここから下を恐る恐る覗くと1〜4段目の滝が深いゴルジュを落下しているのが見えたが、今日はとにかく岩も木の根っこも濡れてツルツルなので非常に危険な状態であった。 そのためあまり岸壁に近づけなかったのは残念である。

 5段目滝下からは急な鉄の階段をひたすら登る。 途中で七代の滝の上段部を拝めそうな所があったが、今日はおっかないので止めてしまった。 そんなこんなで鉄階段を登りきると天狗岩で、ここでまた登山道が2つに分岐する。
 やや下り気味の綾広の滝方面の道に進むと、すぐに沢沿いの気持ちよい道となり、沢を何度か渡り返して登っていくとやがて綾広の滝に到着した。 今日は水量も多かったようでなかなか見事な滝を見ることができた。

七代の滝(5段目)
七代の滝(5段目)
oooooo 綾広の滝
綾広の滝
oooooo 大岳山山頂
大岳山山頂

 綾広の滝を左から廻りこむようにして超えると、東屋があって御岳山方面からの山道が合流する。 大岳方面に進み、一息登ると芥場峠となり、高岩山方面への山道が分岐している。 この峠から鍋割山方面への分岐点は5分もかからずに到着した。
 分岐点からは大岳山を目指すが、道はところどころ急な部分がある。 また、今日は水溜りも多くて大変であったが、全体的には歩きやすい道である。 大岳山荘、大岳神社を過ぎると道は再び急登となるが、15分ほど頑張ればそこは大岳山山頂である。

山道脇の花
ヤマアジサイの花
oooooo 大岳沢大滝
大岳沢大滝
oooooo 大岳沢小滝
大岳沢小滝

 今日は生憎の天候で展望は皆無。 おまけにしばらくすると雨まで降ってきたので、山頂を楽しむ間もなく下山にかかった。 大岳山荘まで一気に下ると、そこからはほぼフラットな馬頭刈尾根の道に進む。 鋸山方面からの大岳山巻き道合流点、そして白倉方面への分岐点を過ぎると2〜3分で大滝方面への分岐点であった。

 大滝方面への下降路は関東ふれあいの道として整備されており、思った以上に良い道で快調に下っていく。 やがて小沢に出て、さらに下っていくと近くを流れる沢の水量は次第に多くなり、絶壁の上(これが大滝の上部になる)にかかるスリルある木橋を慎重に渡って沢に降りるとそこは大岳沢の大滝である。 2段で20mはあろうかと思える立派な滝である。

 大滝からは5分ほどで林道となり、ここから先は車道歩きだ。 途中、大岳鍾乳洞や小滝等を眺めながらデポ地までの長い道路をひたすら歩いて戻った。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)