小雲取谷より雲取山探訪報告


(03年6月21日)


<03'6.21 歩行記録>

八丁橋(4:10)〜富田新道降口(4:55)〜大ダワ林道降口(5:10)〜
下降点のルンゼ(5:45-55)〜小雲取谷出合(6:05)〜左岸枝沢(6:55-7:05)〜
赤岩(8:10)〜稜線(8:50)〜小雲取山(9:00)〜雲取山(9:20-45)〜小雲取山(9:55)〜
唐松林道分岐(11:25)〜吊橋(11:35)〜林道(11:45)〜八丁橋(12:20)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 今日は梅雨の中休みで快晴となった。 海外出張等でしばらく山に行っていなかったので、あまり歩かないで楽しめそうな場所を探しているうち、小雲取谷から雲取山へのルートを思いついた。 谷はかなり荒れてしまっていたようだが、奥多摩の名渓らしさは随所に残っており、久々の奥多摩を楽しむには十分であった。

 早朝の日原林道をひた走り、いつものように八丁橋に車をデポする。 林道ゲートは開いていたので、その気になれば登山道降下点まで乗り入れ可能ではあったが、車がかわいそうなのと林道からの眺めをのんびりチェックしたい気持ちがあって乗り入れは諦めた。
 折りたたみチャリを押しながら1時間ほど林道を登ると富田新道の降下点。 すでに車が1台停車していたが、まだ中でお休み中のようだった。 先を急ぐと15分ほどで大ダワ林道の降下点に到着。 ここからは山道である。

出合の滝
出合の滝
oooooo ゴルジュの中で
ゴルジュの中で
oooooo まとまった2段滝
まとまった2段滝

 長沢谷を渡ってから急登して二軒小屋尾根の末端部を乗り越すと、大雲取谷の流れがすぐ下に見えてくる。 すぐにも降りたい衝動に駆られるが、ここは我慢して山道を辿り、きれいな水が流れる小沢まで進む。
 ここで遡行モードに身支度を整えてから小沢を下降する。 小沢は小滝がいくつかあるが問題となるポイントは無くすぐに大雲取谷本流に降り立つことができる。 本流はさすがに水量が多く、すぐに小滝がかかるが手前の淵が深そうなので右側から小さく巻く。 その上は平凡ですこし遡行すると小雲取谷の出合に到着した。 小滝で出合う水量豊かな谷である。

 出合の小滝を適当に登るとその先しばらくは小滝が連続する。 どれも問題なく適当に登っていくとまとまった形の2段滝が現れた。 ここも水際を適当に登る。 小雲取谷はとくに大きな滝は無いが、逆に全ての滝が直登可能である。 今回も記憶では巻いて登った滝は無かったように思う。

左岸枝沢下8m滝
左岸枝沢下8m滝
oooooo 左岸枝沢上8m滝
左岸枝沢上8m滝
oooooo きれいな2条5m滝
きれいな2条5m滝

 さらに進むと8m程の滝が現れる。 小雲取谷の中では大きな滝である。 ここは水際をやや離れて右側を登る。 ホールド・スタンスともに豊富で見た目より簡単に登れた。 この滝上で左岸より枝沢が出合う。 水量比は5対1くらいか。
 枝沢出合で一休みして先に進むとすぐに横を向いたような8m程の滝が現れる。 ここも気分良く直登可能でうれしくなる滝だ。 この上にはさらにきれいな2条滝が現れる。 小雲取谷の中では1番の美形と思われる滝だ。

 滝上は平凡となりやがて右岸より枝沢が苔滝となって合流する。 水量比は6対1くらいである。 きれいなヒメレンゲを見つけたのもこのあたりである。

可憐なヒメレンゲ
可憐なヒメレンゲ
oooooo 見事な苔滝
見事な苔滝
oooooo 赤岩(この谷の水源)
赤岩(この谷の水源)

 この先、小滝をいくつか越えると谷は開けてインゼル状となり、谷の真ん中に大きなブナの木が突っ立っていたが、そのすぐ上で右岸より水流は無いがかなり大きな枝沢が合流している。
 本流をさらに進むと左岸より奥に多段滝を見せる枝沢が水量比4:1で合流する。 その先平凡な流れがしばらく続いた後、見事な苔滝が現れた。 このあたりが苔と水流の一番美しい所ではないだろうか?
 苔滝の上はすぐに左岸から枝沢が水量比4:1で合流。 さらにそのすぐ上で右岸からも枝沢が水量比5:1で合流する。 ここまでくるとフィナーレも間近でやがて谷を埋めるように大きな赤い岩が見えてくる。 この岩の基部付近で豊富な水が湧き出しているのだが、この赤岩の上はもう殆ど水流が無くなるので、ここがこの谷の水源と言ってよいだろうと思われる。

 赤岩の上はすぐに2俣となっているが、ここは左の沢に入り急な涸沢をぐいぐいと登っていく。 しばらくすると少し水流が復活するが、このあたりは動物たちの生活場になっているようで飲むのは控えた方が良さそうだ。 やがて水流が消えるが、しばらく沢型に沿って登り、しだいに左上に逃げるように登っていくと、薮こぎも殆ど無く富田新道の登山道に出た。 小雲取の片にあたる分岐点から100m程下であった。

小雲取山
小雲取山
ooo 雲取山を望む
雲取山を望む
ooo 雲取山頂にて
雲取山頂にて

 大休止は雲取山頂で取ろうと決めていたので、遡行モードのまま雲取山を目指す。 このあたりの石尾根は明るく開けて最高に気分の良い場所である。 季節的に花は咲いていなかったが、辿り着いた雲取山頂からは素晴らしい眺めを満喫できて十分満足であった。

 山頂でしばらくの休憩後、野陣尾根下降のため出発する。 この尾根を下るのは2度目だが、今回は渓流シューズ水無を完全に乾かす暇が無かったことが災いしてか、足に豆ができて調子がいまいちであった。 それでも慣れてくると足取りも回復し、やがて唐松林道との分岐点に着いた。 唐松林道方面は道が悪く危険と注意書きがされていた。 分岐点からはさらに10分ほど下ると日原本流の吊橋に到着。 吊橋から林道までの登りは最後の踏ん張りどころである。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)