六合村 世立八滝探訪報告


(01年9月24日)


 本日は1泊日程で野反湖より白砂山、佐武流山の往復山行の予定だったが、先日の台風の影響か国道405号線が崖崩れのために和光原より先で全面通行止め。 荷が重いため山麓から車道を歩く気にもならず、やむなく断念。 入念な準備をして望んだだけに非常に残念であったが、ちょうど近くにあった世立八滝を訪問して満足して帰ってきたのであった。

 国道405号線から世立集落への道に入る。 集落を過ぎて少し登ると「六合村ふるさと活性化センタ」がある。 ここには「世立遊歩道」の案内板があって八つの滝と遊歩道がかなり詳しく描いてあった。 中でも「さつうぜんの滝」と「箱の滝」は写真付きでも紹介されていた。
 ここから完全舗装された林道を進み、依田尾川の橋を渡ってすぐ右側にある駐車場に停車。 ここから遊歩道を歩くのだが、「諏訪神社0.3km、金比羅山0.1km、さつうぜんの滝」と書かれた道標が立っていた。 遊歩道を進むと殺人の滝上まではすぐだ。 今では滝の周りの木を切ったためか遊歩道からでも殺人の滝の1段目がハッキリと見えるようになった。 ただ殺人の滝独特の水を宙に放出している様子はさすがに遊歩道からでは判らないようだった。

殺人の滝1
殺人の滝1
oooooo 殺人の滝2
殺人の滝2

 殺人の滝の滝壺へは以前と同じく遊歩道からルンゼ状の壁を伝い降りるか、または下に向かって左手の小尾根状の所にトラロープが設置されたままとなっているのでこれを利用して降りるかの2ルートが考えられる。 いずれにしても一般向きではない。
 さて下に降りると滝は相変わらずの素晴らしさであった。 ここの噴水は何度見ても全国クラスだと思う。 ただ切り倒されたと思われる木が滝壺に向かって放り投げられた状態になっていたのがなんとも痛々しかった。

段々の滝1
段々の滝1
oooooo 段々の滝2
段々の滝2

 次は初めて訪問する段々(だった)の滝へと向かう。 この滝は世立八滝で最大の規模を誇るということだったので非常に楽しみにしていた滝だ。 殺人の滝上から遊歩道をさらに下っていく。 途中には金比羅山の展望台もあり世立集落と野反湖方面の展望がGoodだ。 さて道は展望台下あたりから急降下。 やせ尾根上のガレ状の道だが鎖が付いて良く整備されている。 最後の2段の鉄梯子を下ると右手に仙の滝方面への道を分ける。 ここはひとまず左手に下るとわずかで久内の滝、すなわち取水堰への立派な道に合流する。
 取水堰に向かう階段上の扉の少し手前より右手に下る踏み後があるのでそれを辿る。 途中、注意を要するトラバース地点が2カ所程あるが、特に困難なルートではない。 ただそれでも一般向けではないのは言うまでもない。
 踏み跡を下っていくと次第に段々の滝が正面に見えるようになってくる。 2段で上下10mくらい。 合わせて落差20mといったところか。 それでも予想していたよりずっとスケールが大きな滝だ。 この滝には手前の高台にテントが数張り設置できそうな平地があり、ここからの眺めがなんともいえず素晴らしい。

久内の滝
久内の滝
oooooo 仙の滝
仙の滝

 段々の滝からは再び久内の滝に戻る。 帰路、段々の滝上には箱の滝もよく見えた。 さて、久内の滝だがここは取水堰のすぐ上にある3mくらいの滝だ。 ここから岩を伝って箱の滝の上部に行くことも可能だ。
 久内の滝の後は、先ほど下ってきた遊歩道を逆に登っていく。 途中、鉄梯子の下を左手に進んで隣の沢の仙の滝に寄ってみる。 相変わらずすがすがしい滝だ。 再び鉄梯子まで戻り、途中の展望台で一息ついて車に戻った。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)