海沢探勝路より大岳山探訪報告


(01年9月16日)


<01'9.16 歩行記録>

海沢園地(5:25)〜三ツ釜の滝(5:30-40)〜ネジレの滝(5:45-50)〜
大滝(5:55-6:05)〜2俣地点(6:30-35)〜稜線(7:00)〜
縦走路(7:15)〜大岳山(7:20-35)〜綾広の滝(8:15)〜
長尾平(8:45)〜大楢峠(9:45)〜海沢園地(10:10)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 秋雨模様の合間を狙って奥多摩海沢探勝路より大岳山への登頂ルートにチャレンジ。 海沢林道の状態は台風の影響もさほど無かったらしく良好であった。 海沢園地にはほぼ予定通りに到着。 天気はまあまあだ。 たださすがに水量はまだかなり多い。 最初に現れる三ツ釜の滝は水量多く豪快な滝と化していた。

三ツ釜の滝
三ツ釜の滝
oooooo ネジレの滝
ネジレの滝
oooooo 大滝
大滝

 三ツ釜の滝から探勝路をさらに進むとネジレの滝との分岐点に到着。 探勝路はここから沢を離れてしまうのでネジレの滝方面に進む。 辿り着いたネジレの滝は早朝ということもあって薄暗かったが、水量が多くて見応えがあった。
 ネジレの滝からは右岸の旧道を利用して進む。 ネジレの滝を大きく巻き登ると大滝はすぐである。 大滝も途中の段から水を宙に放り出して豪快な姿であった。 しばし堪能する。

 ここからは滝下を左岸に渡り、急登して探勝路に戻る。 探勝路もしばらくは急登となるが、次第に道がなだらかになると沢音も再び近づいてきてワサビ田のある沢となる。 道はここで沢を渡り右岸に移るのだが、この付近はちょっと分かりづらいところである。 この後は沢沿いの道をもうしばらく登ると2俣状の分岐点。 道は左手の沢に沿って登っていく。 文献によればこの沢は若宮沢と呼ばれているようだ。 このあたりも藪が多いがルートはだいたい明瞭である。 道は次第に急傾斜となり最後にズルズルの泥斜面をクリアすると小さな尾根にひょこりと飛び出す。 尾根の反対側には海沢の源流部となる沢がかなり近くをチョロチョロと流れているのが見えた。
 辿り着いた尾根を再び15分ほど登れば主脈縦走路で、そこから5分も登れば大岳山の山頂に到着である。

大岳山山頂
大岳山山頂
oooooo 綾広の滝
綾広の滝
oooooo 岩石園の風景
岩石園の風景

 山頂到着時は天気も良好でうっすらと富士山も見ることが出来た。 人気のある山であるが早朝ということもあってか山頂を独占出来たのもラッキーであった。 しばし休憩を取る。
 山頂から大岳山荘までは結構急な下りだが、その後は比較的フラットな整備の行き届いた道を快適に進んでいく。 時間的にもまだまだ余裕があったので、途中の芥場峠からは右手に進み岩石園(ロックガーデン)に寄ってみることにした。
 岩石園に入り、最初に現れるのが綾広の滝だ。 落差10m程だが今日は水量も多くて見応えがあった。 この滝下からは沢を何度も渡り返す道が続き、なかなか素晴らしい所である。 もちろん、道は良く整備されているので快適だ。 最後はちょっとした登りとなるが、苦労もなくメインルートに合流する。
 メインルートを辿り、長尾平あたりまで来るとやっと登山者と対面。 きっと朝一番のケーブルカーで登ってきた人達だろう。 さて御岳山の山頂部はあいかわらず土産物屋や旅館などで賑やかである。 鳩ノ巣・海沢方面への分岐点はその旅館の間の小さな路地みたいな所を入っていくので非常に分かりにくい。 小さな標識を見落としたらアウトである。 本日一番の難所がここであった。

 大楢峠へのルートはほぼフラットで整備も良く、非常に快適である。 途中に水場が数カ所あるのも嬉しいポイントだ。 大楢峠からは海沢園地まで林道をひたすら下るだけである。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)