薄川キワダ平の沢より辺見岳探訪報告


(00年10月14日)


<00'10.14 歩行記録>

日向大谷(5:40)〜会所(6:00-20)〜キワダ平の沢出合(6:25)〜
F1(6:35-45)〜F2(7:20-50)〜2俣(7:55)〜奥の2俣(8:40)〜
稜線(9:00)〜辺見岳(9:25-55)〜一位ガタワ(11:05-15)〜
清滝小屋(11:25-30)〜会所(12:15-20)〜日向大谷(12:40)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 秋晴れの土曜日、以前より気になっていた両神山系薄川キワダ平の沢より辺見岳の登頂に挑戦。 気合を入れて3時に家を出た。 月明かりが空に幻想的な風景を造っているのを楽しみながら秩父路をひた走る。 日向大谷には5時に着いたがまだ暗いのでしばらく眠ることにする。
 天気が良いのでどうしても辺見岳に登りたくなったため、予定していた腰越の滝からの遡行を断念して会所まで登山道を利用する。 会所から薄川・七滝沢の出合はほんのすぐであった。 どうやら登山地図、地形図ともに嘘っぱちのようだ。 薄川に入ってキワダ平の沢出合まではさらの5分程であった。

F1
5mF1
oooooo 3m滝
3m滝
oooooo F2
30mF2全景

 キワダ平の沢に入り、いくつか小滝を越えていくと左岸に炭焼き小屋跡があり、その先最初の滝5mF1が現れる。 水流沿いをシャワークライムで挑戦するが、岩の隙間をどうしても登れず結局左岸を大きく巻いて越える。 その先には3m程の滝。 F2としてもいいような滝だ。 この滝を越えると不思議なことに沢は伏流となってしまう。
 伏流となった急勾配の沢を登っていくと大きな岩の間を落ちるような5m程の涸滝が現れる。 簡単に登れそうだったが最後の最後がどうしても登れない。 ここも結局右岸を巻いて越えた。 この先、しばらく登ると再び水流が現れた。
 3m程のナメ状滝をザブザブと登ると待ちに待った30mF2が姿を現した。 想像以上の美瀑でしばし見とれる滝であった。

F2近影
30mF2近影
oooooo 2俣
2俣の岩石木
oooooo 石小屋
自然に帰りつつ..

 30mF2の姿を思う存分堪能した後、滝越えにかかる。 水流右側をザブザブと登っていくが最上段は手がかりが無く、立てかけられた流木と苦し紛れに1本打ったハーケンを頼りに何とか滝上に出る。 滝上に適当な支点が無くシュリンゲの回収に失敗したのが残念であった。 滝上には2段で10m程のナメ滝が続いているが、滝場はこれで殆ど終わりですぐに2俣に到着する。 右俣入口には大岩に根を張った立派な木が門番をしていた。
 2俣は左俣に入る。 大岩の下を流れるF3と思われるナメ状滝を越えると水流も無くなりひたすら高度を稼ぐ登りとなる。 いくつかの分岐があるが沢床の低い方を忠実に辿っていくと奥の2俣に到着。 左俣は辺見岳に直接突き上げる沢のようだが、ここは右俣に入る。 途中、ほとんど自然に帰りつつあるような炭焼き小屋跡を見てさらに進むと両神山系には珍しい平坦な台地に出た。 かなり広い台地で、台地全体を眺められる所には大きな炭焼き小屋の跡もあった。 もしかすると「キワダ平」とはこの台地のことを指しているのではないかなどと思った。 この炭焼き小屋の裏手を適当に50m程登ると稜線に出た。 藪こぎも殆ど無い快適な詰めであった。

oooooo 両神山
辺見岳より両神山を望む
oooooo

 稜線からはひとまずそのまま辺見岳を目指す。 辺見岳山頂は相変わらずの好展望だ。 ここから見る両神山はやはり素晴らしい。 遡行装備を解きながら展望を満喫後、一位ガタワを目指して帰路につく。
 一位ガタワといえば、土曜日ともなれば必ず何人かはハイカーが休憩している所であったが、なんとここから両神神社までの尾根上の登山道も例の山中問題で閉鎖されていた。 当然ながらハイカーのいない静かな峠になっていたのである。
 清滝小屋で小休止した後、薄川沿いの登山道を一気に下って日向大谷に戻った。 登山名簿を見ると二つ下に瀑さんの名前が書いてあった。 両神山荘で駐車代を払って車に戻ると瀑さんの書置きがあった。 どうやら予定通りにキワダ平の沢F2を目指しているようだ。 滅多に人が入らない滝に一日に2回も訪問者があるなんて、滝のほうもさぞかし驚いているだろうなあなんて思ってしまった。

 瀑さんへの返信を残して急ぎ家路についた。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)