楢俣川狩小屋沢より至仏山、笠ヶ岳探訪報告


(00年9月28日)


<00'9.28 歩行記録>

楢俣林道ゲート(4:10)〜狩小屋沢の橋(5:50-6:35)〜狩小屋沢2俣(7:55-8:05)〜
15m大滝上(9:50)〜稜線(11:20)〜至仏山(11:30-12:05)〜笠ヶ岳(14:10-20)〜
片藤沼(14:35)〜避難小屋(15:30-40)〜林道(16:15)〜楢俣林道ゲート(17:05)

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 今回は夏休みの代休を取って滝と山に出掛けてきた。 場所は楢俣川支流、百名谷の狩小屋沢、百名山の至仏山、そして関東百名山の笠ヶ岳等々。 前回の日光白根山に続いて自分としてはかなりハードなコース選択であり、おまけに天候も悪かったため予定より時間を費やしたが内容的にはとても満足のいく山行であった。

 楢俣林道のゲートを4時10分に出発。 まだ真っ暗でおまけに雨が降っている。 天候の回復を願いつつ傘と懐中電灯を手に長い林道をひたすら歩く。 ダム湖に沿って歩きヘイズル沢の出合付近でやっと周囲が明るくなってくる。 この付近はなかなか渓相の良いところであった。
 歩くこと2時間弱で狩小屋沢の橋にたどり着いたが雨はいっこうに止む気配が無い。 とりあえず橋の下で身支度をしながら様子を伺うが、40分程待ってようやく空が明るくなり雨も小降りになってきたので雨具を着込んで遡行開始する。

2m滝
最初の2m滝
oooooo 合流瀑
支沢7m滝と6m滝
oooooo 10m3段滝
10m3段滝

 最初に2m程の滝が現れ、その後小さな滝をいくつか越えていくと水量比4対1で右岸より支沢が7mの滝となって注いでいる。 ここは本流も6mの滝となっていてきれいな合流瀑を形成している。 さらに進むと10m3段滝など明るくきれいな滝が連続して現れ快適な遡行となる。

10m2段1
10m2段滝
oooooo 10m2段2
10m2段滝上部
oooooo 8mナメ状滝
8m3段ナメ状滝

 さらに続いては10m2段滝が現れる。 山渓の遡行ガイドでは上段の写真が掲載されていた所であるが、狩小屋沢の中でも絵になる滝のひとつであるのは間違いない。 そして次の8m3段ナメ状滝はなかなかの美瀑。 ザブザブ登る遡行感度もGoodだ。 この滝を越えるとまもなく水量比2対1で左岸から支沢が注ぐ2俣となる。 支沢の方はちょっと薄暗い感じで奥に5m程の滝が見えた。 本流は明るいナメ滝となって2俣に注いでいた。

12m3段滝
12m3段滝
oooooo 5mトイ状滝
5mトイ状滝
oooooo 8m滝
8m幅広滝

 本流を登ることしばしで12m3段滝となる。 上段は下からは見えないがなかなか豪快な滝である。 ここは水流左側、飛沫を浴びながらのシャワークライムとなるが雨具を着込んでいたため被害(?)は最小限で済んだようだ。 この上はいくつか滝をはさんで5mトイ状滝となる。 ここはガイド通りに水流をまたいで突っ張りながら登る。 その上には8mの幅広滝。 この滝もなかなか見応えのある滝だ。

8mCS滝
8mCS滝
oooooo 10m滝
10m滝
oooooo 15m2段大滝
15m2段大滝

 8m幅広滝を登り、その上8mのCS滝を越えると沢は傾斜のきついゴーロ状となる。 途中に大きな岩があり休憩に最適だ。 この付近から前方を見るとスラブ状の岸壁の途中に大滝と思われる滝が望めて登行意欲を駆り立ててくれるが、身体は思ったほど進まない感じだった。 ただ周囲は明るい草原状でこの季節でもなお高山植物があちこちに咲いていて気を休めてはくれる。
 長くきついゴーロを登りきると10m滝が現れる。 左側を巻き気味に登るとその上は15m2段の大滝だ。 岸壁を断ち切るように落ちる滝で周囲の風景とも良くマッチしている。 ここは右壁を登るがちょっと滑りやすいので要注意だ。 上部はハイ松の中を巻いて登る。 このあたり踏み跡はしっかり付いていて、ところどころにはペンキ印も付けられている。
 滝場はこれでほとんど終わりであとはひたすら草原の中の高度を稼ぐ登りとなる。 きつい登りが続くが水流はかなり上部まであり、おまけに高山植物が咲き乱れているので疲れを癒してくれるようだ。 水流沿いを忠実に詰め、最後はペンキ印に導かれて登ると至仏山手前の稜線上に出た。 至仏山頂までは10分程のところである。

oooooo 至仏山山頂
至仏山山頂にて
oooooo

 やっとたどり着いた至仏山山頂だったが、雨と突風とガスの中で山頂からの眺めを楽しむことは全く出来なかった。 それでもさすがに名山らしく平日のこの天候の中でも山頂には先客が数人いた。 みんなガッカリしていたようだ。
 とりあえずここで遡行モードを解き、すばやく食事を済ませて下山にかかる。 ここからはまだかなりの長丁場であり、おまけに天候も悪いため心配しながらの下山となったが、鳩待峠への分岐点付近では雨、風ともにおさまってきた。 最悪はここで鳩待峠に逃げようとも思っていたが、時間・天候・体力ともに何とかなりそうだったので予定通りに湯ノ小屋方面に進む。

 鳩待峠分岐を過ぎると道が急に悪くなる。 ところどころに水たまり、ぬかるみがあり非常に歩きにくい道が続く。 小笠の東面を巻いて進むと道はやや登り気味となり前方には笠ヶ岳が見えてくる。 笠ヶ岳の東面を巻き気味に進み、途中から笠ヶ岳山頂に一気に登る踏み跡があったのでこれを利用して山頂まで登る。 笠ヶ岳山頂もガスに覆われ展望は全く無かったが高山らしく雰囲気の良い山頂であった。

 山頂からガレ状の登山道を下り再びメインルートに合流。 少し下ると片藤沼に到着する。 想像していたよりずっと大きな沼がそこにありびっくりした。 このあたりはリンドウの花が多くてとてもきれいなところだ。 しばらく左右に湿原や沼が続いて楽しめるが、道はぬかるみが多く非常に歩きづらいのが難点ではある。
 3箇所ほど水場を過ぎ、ぐんぐん下ると眺めの良い尾根上に突然小さな避難小屋が現れる。 小屋自体はドアが破損して内部もきたなく保存状態は良くないが、ここからの眺めはなかなかGoodである。

 避難小屋から先は樹林帯の中の急降下となる。 至仏山から長いこと歩いてきたので膝を痛めないように注意しながら下っていくとやがて林道の終端地点に出た。 やっと一息つける地点である。 ここは林道を少し歩いてから再び山道に入った方が楽だと思われるが、今回は登山道を進むことにした。 実はここから先、地図上では緩い下り道にしか見えなかったが、予想以上にアップダウンの多い登山道で疲れた身体にはなかなかこたえる道だった。 最後の急坂を下りやっとゲートにたどり着いた時は既に5時を過ぎていた。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)