小森川大笹沢より両神山探訪報告


(99年11月22日)


<99'11.22 歩行記録>

ほうのき橋(6:25)〜昇竜の滝(6:55)〜大笹沢2俣(7:25-35)〜
ヒゴノタワ(8:35-45)〜大笹(9:15-20)〜両神山(9:30-55)〜
のぞき岩(10:10-15)〜一位ガタワ(10:30)〜
昇竜の滝(11:00)〜ほうのき橋(11:25)

注意!
・当ルートは私有地(一部除く)です。

サーバ容量制限による画像リンク切れがある場合はご容赦下さい。m(_o_)m
-----------------------------------------------

 本日は両神山登頂ルートでただ一箇所未訪問であった白井差ルートを訪問した。 そうはいってもゴールデンルートだけではつまらないので、登りは大笹沢左俣経由でヒゴノタワに出るルートに挑戦してみた。 大きな滝こそ無かったが静かな沢旅を楽しむことが出来た。

 車はいつもの通り、高滝の先のほうのき橋手前に止める。 このあたりはまだ紅葉がきれいであった。 舗装された林道を白井差まで歩くと、その先は次第に山道となりやがて昇竜の滝に到着。 有名(?)な割には落差・水量ともに少ない気がしたが、滝そのものはなかなか見事であった。 滝の左手を登りしばらく行くと小森川の2俣。 左俣が本流と思われる大笹沢であるが、水量は右俣の方が多いようだ(2対1)。 登山道は右俣沿いに登っていくが、ここは予定通りで左俣の大笹沢に入る。
 しばらく行くと大岩の中にある2段6mのナメ状滝に到着。 ここは左手を巻き気味に越える。 その上は大岩が連なるゴーロとなり、やがて大笹沢の2俣となる。 右俣には水流は無かったが、両岸は切り立った断崖となり、その奥にはのぞき岩の雄姿が望まれた。

昇竜の滝
昇竜の滝
oooooo 10m4段滝
10m4段滝
oooooo ゴルジュ
ゴルジュを見下ろす

 ルートは左俣に取る。 左俣は小さな2段のナメで始まるが、すぐに磨かれたゴルジュ状の岩の間を落ちる4段10mのナメ状滝が現れる。 ここは水流沿いをスリップに注意しながら全て直登する。 滝上は平凡な流れとなった。
 右岸よりガレ沢が入ると左岸に炭焼き小屋跡が2つ。 その先の3俣は真ん中にルートを取ると、やがて沢が右に曲がる地点に到着。 ここはまっすぐに伸びる急な涸沢に入る。 すぐにボロボロハング状の2m程の滝が現れるが、ここは右手を大きく巻いて越す。 その後、窪みに添って忠実に登るとヤブコギも無くヒゴノタワに到着した。
 ヒゴノタワから大笹まではなかなか苦しい急登である。 あたりが笹藪となって開けてくるとまもなく大笹に到着。 前回はここから狩倉方面に向かったのだが、今日はまっすぐ両神山を目指す。 両神山の頂上は今日は静かであった。 とは言っても先着が3名程くつろいでいたが.... 山頂からの眺めは相変わらず素晴らしかった。

小森川右俣
小森川右俣の様子

 30分ほどくつろいでから下りにかかる。 両神神社から白井差方面の道に入るとすぐにのぞき岩の分岐があるが、今日はここに立ち寄ってみた。 のぞき岩は噂通りでものすごい展望だ。 ただし柵も何もなく斜めに傾斜しているのでちょっと恐怖感が沸くところだ。 落差は100m程あるらしいので落ちたらイチコロである。
 戻って急な登山道を下るとまもなく一位ガタワ。 ここで右手の白井差方面に下る。 急な道をひたすら下るとやがて小森川右俣上部の水流が現れ、途中の橋の所では小さいながらもきれいな滝が3つほどあって楽しめる。 ここから2俣はすぐで、昇竜の滝を左手に見ながら一気に白井差、そしてほうのき橋まで下っていった。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)  (山の先頭ページに戻る)