小森川水系丸岩沢、井戸沢探検記


(99年10月24日)


 本日は両神山系小森川丸岩沢と井戸沢の探検にチャレンジした。 秋晴れの天候に恵まれ、沢歩きにはなかなかのコンディションであった。

(丸岩沢)

F3
大岩下F3(6m)
ooo F4
F4(7m)
ooo F5
F5(3段10m)
ooo 水源
水源下の滝

丸岩沢はまず入口でビックリ! 以前に偵察に来た時と比べるとまるで様子が変わっている。 これは8月の大雨の影響であるがものすごい鉄砲水の跡だった。 とりあえずF1(3m)、F2(5m)と越えて大岩の下まで登る。
 ここら辺も前回偵察に来た時と比べると風景が全く異なってしまっていた。 偵察の時には確か岩の下は2m程の滝になっていて、かなり深い滝壺があったハズだった。 そしてその滝壺の左側を登り、大岩の右側を周り込むようにして反対側に出られたのだが....

 今回はまず、大岩の下の小さな滝が落差6m程の立派な美瀑に変身していた。 きっと昔埋もれた滝が鉄砲水の影響で再度復活したんだろうと思われる。 鉄砲水は滝を埋めるものとばかり思っていたが、どうやら逆のこともあるらしい。 この滝を左側から登ると大岩の下に到着した。
 この大岩と左岸側壁との間はもともとかなり狭かったのだが、今回はここに鉄砲水で流されてきたらしい大木が山のように詰まって自然の砂防ダムと化していた。 しかたなく右側から巻き気味にこの天然ダムを越えていくと、その上は鉄砲水の残骸がひたすら続く長いゴーロとなっていた。
 最初のゴーロ歩きは結構長かったが、途中に小滝がいくつかありそんなに苦にはならなかった。 ただし鉄砲水の跡は生々しく、谷底から5〜6m上の両岸に沢が埋まった跡がずっと続いていた。 そんな風景を見ながら登っていくと、やがて前方に落差7m程の立派な滝(F4)が現れた。 ここは右壁を気分良く直登して越える。 するとその上にはすぐに3段10m程のF5が現れる。 途中でちょっとヒョングり気味となったなかなか見事な滝だった。 この滝は右手のかすかな踏み跡を使って巻いて越える。 滝の上はまたまたゴーロが続いていた。
 しばらく行くとゴツゴツのナメ滝が現れ、その上には小さいながらも形の良い2m程の滝(F6)が現れる。 この滝の上はトイ状のナメ滝となっていてなかなかきれいだったが、その上はまたまたゴーロが続いていた。

 やがて右岸よりガレ沢が入り、そのすぐ上で左岸よりガレ沢が入るが、今回の鉄砲水の元はこの2つのガレ沢が原因のようだった。 ここから先の本流は自然のままの流れに戻り、ここまで来てもなかなか減らない水量を伴って上部へと続いていた。 とにかくそのまま登っていくとやがて3m程のスダレ状の滝が現れた。 そして不思議なことにこの滝の後ろは岩壁となっていて、水流はその岸壁下から大量に沸き出していた。 ここが丸岩沢の水源となっているのだが、なかなか神秘的な場所であった。
 地形図で確認すると確かに本流の谷地形は標高1000mあたりで急に無くなっているので、今回はちょうどこの地点付近まで登ったことになるようであった。

(井戸沢)

ナメ
中流部のナメ
oooooo 核心部
ゴルジュ奥の滝

 丸岩沢から戻って来るとまだ10時30分だったので、近くの井戸沢を覗いてみることにした。
 まず、道路から見える最初の滝を右壁から登る。 滝上に出るとそこから先は岩の上をきれいに流れるナメと小滝が連続してなかなか素晴らしい沢となっていた。 正直言って期待以上の沢だったと思う。
 途中の薄川滝ノ沢の間の滝を縮めたような滝、そしてその上のきれいなナメ滝と気分良く越えていくとこの沢の核心部とも言えるゴルジュ内の2段の連瀑帯に到着した。 最初の3m滝を深い釜の右上を微妙なバランスでトラバースして越えると、その上には6m程の美瀑が現れた。 ここは思い切って水流の真ん中をシャワークライムで登る。 滝の中程でルートを考えているうちにずぶぬれになってしまったが、なかなか楽しめる滝登りであった。 ゴルジュを抜けると5m程の左手に大岩を従えた滝が現れるが、ここは大岩の裏手から巻いて越える。

 この沢には地形図でも確認できるが、三俣の地形が2ヶ所存在する。 今回は上部の三俣、標高750m地点まで登ってきた。 核心部のゴルジュの上には特に滝らしき滝は無かったが、天然林とスラブ状のきれいな沢に誘われてついつい上まで登ってしまった。

------------------------------------------------------------

 今回は丸岩沢とおまけに井戸沢の2本を制覇! 前回の挽板沢はハッキリ言ってハズレであったが、今回はなかなか満足のいく沢歩きが出来たと思う。

------------------------------------------------------------

(滝の先頭ページに戻る)