Funny Snowman

FunnySnowman > Geek<ギーク>なコトをやってみよっと

Libretto20にラズパイは入りますか?

大晦日にガラクタ整理をしていたらLibretto20が出てきた。現在のPCスペックならものすっごくモバイルに大活躍しそうだなー、と妄想したのがきっかけ。

ゴール設定

20年以上前に東芝が発売した小型モバイルPC(Libretto20, 1996年発売)に、Raspberry Pi3 を内蔵インストール(誤解されるので訂正)。ついでに5インチカラーディスプレイとモバイルバッテリーも入れてみる。

Libretto20改造-夢

実験(Libretto20にラズパイは入ったのか?)

まずはYouTube動画でどうぞ。

結論(はみ出た...)

ラズパイ本体が裏カバーをごっそりカットしても3mmほど隙間が出来てしまい本体カバーに収納できず(;_;)。カラーディスプレイは8mmほど飛び出て、ディスプレイを閉じることできず(T_T)。モバイル先の会議で議事録を入力できる程度に使えたらいいなーと妄想していたが、USBキーボードとマウスを持ち込む方が手間だったし。Libretto20のPCB基盤をそのまま、Raspbian OS をインストールしたり、本体のキーボードを使えるようにしたり、というのを期待した方には申し訳ない。

Libretto20改造-結果

ラズパイにモバイルバッテリー基盤を接続して高さが増えてしまったのが敗因だった(↓)。仮にラズパイが収まっても、ディスプレイを閉じられないのではモバイルは無理か。

Libretto20改造-結果

一番特長的な超小型キーボードとマウスポインタが、もはやデザインとしてしか存在価値がない。キーボードもマウスも外付けUSBタイプを使うことになっている。

Libretto20改造-周辺

まとめ(ラズパイケースになった)

もったいないが、Libretto20は、ラズパイのケースとして再利用することになった。USBキーボード&マウスを持ち運ばなくてもタッチパネルなら...できるかっ!?

▲上に戻る