花鳥風月とは
グループ花鳥風月はどのようにしてできあがったのかを御紹介!

花鳥風月とは広辞苑で調べると・・・
@天地自然の美しい風景 A風流な遊び
とあります。

グループの名前を決めるときの決め手となったのは
日本人だから日本語にしよう、ということでした。みんなで頭を悩ませ考えた結果

(あれ、いろんなおしゃべりもしたっけな?そして、食べていた記憶が・・・
ちなみに会議をするのは梅田のTheTheというケーキ屋さん)

しげちゃんが「花鳥風月」というのはどうか?ということで名づけられました。
美しい風景を感じられるような、いい音を奏でていこうと思います。


同い年のピアノ科9人+プロデューサー菊ちゃんのグループとして2001年度から活動を始めました。
これまでの演奏会のページへ→


メンバーのあきちゃんのブログより
今日は、『花鳥風月』のことを少し紹介します


花鳥風月は学部専攻科を共に過ごした9名のピアノ科の仲間たちで、卒業から半年後に結成しました。専攻科の一年は本当にあっという間でしたが、多くの経験を積ませて頂き、いい仲間に囲まれて幸せな毎日でした

卒業する時に、「これで9人がバラバラなんて寂しいから、年に一度でもみんなで集まって演奏会をしよう」と誰彼なしに言い出したのが始まりで、その半年後の秋に第1回目の演奏会を開きました


私たちは幸いにも、学生時代に歌手もしくはピアノ2台でのアンサンブルを全員が経験していました。だから、誰もがソロだけでなく、連弾,2台ピアノという合わせものが演奏出来たことも、私たちの強みでした。

一緒に音楽をするということは、お互い真剣勝負で向かい合うということ。
決して妥協せずに、良い音楽を伝えることを目指してお互いを認めあうということ。

演奏会の回数を重ねるたびに、それぞれがいろんなメンバーとペアを組み音楽をすることで絆を強めてきました

私たちのグループの良いところは、お互いの事を良く知っているところ。
これに尽きると思います。
毎年テーマに沿ってプログラムを考え、誰がどの曲を弾くのがイメージに合うかも話し合い、本番は一人ひとりが責任を持って自分の引き受けた曲を演奏しています。

次回演奏会は、来年5月に行う予定です。是非ご来場下さい


最後に・・・メンバーのみんなへ
卒業するとなかなか連絡が取りづらかったり、それぞれの事情があったりで、第2回以降9名全員での参加が難しくなっていますが、『花鳥風月』がどのメンバーにとっても、自分のピアノ人生と共に帰ってこられる居場所であって欲しいと、私は思っています みんなのこと、大好きです  
                                あきこより