昆虫採集

小さい頃父とよく昆虫採集に行きました。
その日も近所の神社に虫かごを持って意気揚々とでかけたのですが、数時間頑張っても収穫少なく、やっと一匹カナブンのようなものを捕まえたきり・・・。
それでも虫かごに入れて家に持ち帰りました。
かごを見るなり母の一言「きゃ〜〜ごきぶり!!」。
やっぱりね・・薄々そうじゃないかと思った。
父の手前言い出せなかったけどやっぱりね。
でも自室に持ち帰り、もちろんえさをやり
しばらく飼いました・・親には内緒で・・。

その後、ゴキブリを飼った経験がもう一度・・
それは社会人になって苦情処理をしていた時のこと、トイレットロールに小さなゴキブリが入っていたという苦情で、見てみるとなるほど米粒みたいな小さなゴキブリが・・・。
トイレットロールはもちろん処分しなければならないのですが、なんだかその米粒みたいなゴキブリに情が湧いてしまって机の引き出しに空き箱を入れて飼っていました。可愛かったです。
(いずれもしばらく飼ってその後は逃がしましたです(汗)。)

けれど今!ゴキブリがだめになってしまいました。
ばったり遭遇してしまおうものなら「さ・・さようなら〜〜」という感じです。

人って変わるのだな・・怖くなかったあの頃に戻りたい

戻る